カッコ好くなきゃライダーじゃない(*^^)v

ハーレーダビッドソンに乗るライダーは、誰もがカッコ好くありたいと望んでいる。とりわけ若いライダーに目立って、ファッションや愛車のカスタマイズにパフォーマンスされる。

【ショールームに展示のストリートボブ・カスタム】

1970年代を思い起こさせるファッションやカスタムが、ハーレー乗りの間で流行っている。エイプハンドルにセミカウリングを付けたボマースタイルがそのひとつだろう。

【ウィンターほっとアイテム・電熱インナー】

スタイリッシュにライダーファッションは、何枚もの重ね着では実現できない。そこは最新テクノロジーをウィンターライダーアイテムにも採用、バッテリーから電源ケーブルにつないで温める。この10年間で電熱インナーの愛用は倍増している。

【1970年代を彷彿させるネオクラシックデザイン】

2020年は東京オリンピックが開催。小生は今年、それにちなんで新たなスポーツファッションが流行りそうな気がしている。

【カッコ好くライディング】