新型コロナウイルスの感染拡大を受けてツーリング中止!

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて ハーレーダビッドソン亀戸・東東京チャプターのオフィシャルイベントでありました、3月15日開催予定の「春の黒潮グルメツーリング㏌鵜の岬」を中止としました。

また、4月19日開催予定の「HOGファンライドラリー長瀞/東東京チャプターツーリング」についても、開催中止がHOGジャパンより告知されました。

3月以降、6月末までに開催予定の、HOGジャパン主催の全国各地で予定のイベントは、すべて中止と発表されました。

【3月15日「春の黒潮グルメツーリング㏌鵜の岬」を中止】

今後のツーリングの新たな日程は、コロナウィルス感染の収束状況を見極めて判断し、案内をさせていただきます。

新型コロナウイルス対策は国民挙げて急務でありますが、2輪業界の最大イベント3月開催だった「東京モーターサイクルショー2020」も中止。なんとも悔しい限りです。

【走る歓びを準備しながら待機】

ハーレー亀戸のオリジナル・新デザインTシャツ!

2020シーズンに向けて、ハーレー亀戸のオリジナル・NEWデザインTシャツが新入荷。ライダーアイテムとしてはもちろん、ハーレーファンにも人気の亀戸オリジナルT‐shirtです。
今回の新デザインは、背中のプリントがクールに決まっています。

表側(胸)は多くの絵柄からお好きな柄を選んでいただけます。このブログへは「ブルドッグ」をアップしてみました。

【2020新デザイン ハーレーダビッドソン亀戸T-shirt】

いつもツーリングを一緒に駆けるハーレー仲間にも、ハーレーダビッドソン・モータークローズを着るカッコいい方は、年齢よりも若く見られます。年配ライダーはハーレーシーンはもちろん、普段でも、ハーレーTシャツで着替えることをオススメしたい。ジジ臭いと言われないようにクールに決めたいですね(^^♪

ハーレーファッションのスタートは、インナーから始めたいもの。ツーリング先でランチで上着を脱ぎ、そこに「ハーレーTシャツ」を見つけたみんなからは注目を浴びるでしょう。

【NEW・T-shirt】

TシャツのサイズバリエーションはS,M、L、XL、2XL、3XLまで。外国人観光客がたくさん買ってくださるのはデカイ3XLが目立っている。
¥4400~¥5940(サイズ別価格)

【ハーレー亀戸のオリジナル】

【ハーレーライダーはT-shirtでクールに(^^♪】

伝説の「たい焼き」に3時間待ち!

昭和28年(1953)に創業から、天然物として1尾づつ焼き上げる四つ谷のたい焼き名店「わかば」を初めて訪ねた。
着いた瞬間、その行列の長さに驚いたが、待たずにそのまま帰ろうとも思った。がしかし…たい焼きのこんがりとした焼き上がった香りや、先客の旨そうに食べながら帰る顔を観ると、そのまま3時間を待った。

【わかばの店先】

今日の行列には115人が並ぶ(先頭から数えてみた)。それは「ここから3時間待ち」になると、近隣の電柱に張り紙で「わかば」から並ぶ客へ知される。
この朝、NHK番組「ドキュメンタリー72時間」に、ここ「わかばのたい焼き」がオンエアーされたのも、今日の行列の原因でもあったようだ。

【アンコは隅々まで詰まっていたわかばのたい焼き】

わかばは「天然物」。たい焼きの鋳物型は1尾づつ焼き上げるのが「天然物」で、数尾を一度に焼く、つまり量産するのは「養殖物」と呼ぶようだ。

【天然物と呼ばれる焼き方】

行列は行列をつくる…実際その通りで、その対象が食べ物だと並んでも食べたくなるもの。小生は、いつも対象のお店の写真を撮って後日、空いてる日に再訪するため、スマホには情報保存をしている。

【わかばのアンコは並ばずに買える】

甘さにくどさが無くて程よい、飽きの来ない甘さのあんこも大人気のようで、次から次へと飛ぶように売れていく。我々も1㎏パックを買った。

話はツーリングへ移るが、ハーレーダビッドソン亀戸から仲間同士、大勢で駆ける日帰りツーリング。
集合場所から解散場所までは給油をしないで走る。そのため満タン集合がマナーとなる。

【ツーリングは満タン集合がマナー】

燃費と走行距離から走行プランを立て、途中給油はガソリンタンクの小さなバイクに限って行う。しかし、マス・ツーリング不慣れライダーや、ガソリンメーターの目盛りが減ると直ぐに給油する人、そんな参加が多いと給油行列を造り、参加が70台を超える仲間の待ち時間を長くしてしまう原因になる。

楽しいツーリングは、一人一人が協力して創るもので、当日のお世話をしてくださる役員や引率者へ「感謝の心」をもって参加したい。

合格祈願は亀戸天神で/(^^)

九州・太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」と呼ばれていた。昭和11年に現在の亀戸天神社と正称して今に至っている云う。
菅原道眞公をお祀りし学問の天満宮として「学業講祭」も催され、「入試合格祈願」など、あらゆる試験前の祈願には、広い地域より参拝へやって来る。今では、すっかり下町の天神さまとして親しまれ多く訪ねて来る。

【合格祈願の長蛇の列】

梅まつりに見学と共に、合格祈願の行列は初詣並みに長蛇となった今年。大学センター試験だけでなく、あらゆる分野の「試験」の祈願にやってくる参拝者で絶えない。

【太鼓橋からスカイツリー】

太宰府の社にならい、社殿、回廊があり、境内には心字池、太鼓橋が亀戸天神の意匠である。

【梅も見頃を迎えた】

上空から境内の池を見ると「心の字」に造られているという。心字池の名称はその事である。

【本社殿とスカイツリー】

本社殿とスカイツリーの撮影スポットにはカメラ台が置かれている。カップルやファミリーが代わる代わるオートタイマーで写真撮影していて、ほのぼのとした気分に誘い込まれた。

【大型二輪免許の合格祈願も】

ハーレーダビッドソン亀戸から、天神さままで徒歩10分だ。これからハーレーオーナーとなるには「大型二輪免許」を取ることが必要(*^^*)事前の合格祈願は亀戸天神へ、免許支援金10万円をゲットなどお得なお話を差し上げます。是非とも当店にてご相談ください。

ハーレーダビッドソン・トライグライド(3輪車)で春へ駆け出す!

愛するジュニアを後ろへ乗せて、ツーリングへ行くのが夢(^^♪…このたび、「ハーレーダビッドソン・トライグライド」の納車を迎えたニューオーナー石塚様は、昨年秋にお求めくださった1台目のXG750に次ぎ、ハーレーはこれで2台保有。

喜しくも、納車の日は2020年2月22日と縁起も好くて(^^♪…これらからハーレーライフも2並び(*^^*)…ダブルでの走る歓びも。

【トライクのニューオーナー石塚様】

トライクの走りは、2輪とまったく異なるもの。その違いのひとつにカーブでの特性がある。
トライクは、3輪なのでハンドル切ってカーブを曲がって進む。2輪はカーブの内側へ傾け(バンクさせて)遠心力に反動するように曲がるのだ。自転車に乗れる方ならそのフィリングは分っていただけるだろう。

2輪には味わえない走行フィーリング。その独自な風さえも、トライクだけのものだ!(^^)!。

【少し前に納車させて頂いたトライグライド】

トライクに乗れる運転免許証は、クルマの「普通自動車免許」でOK。
さらに云えば2輪免許では乗れない。

【当店主催・春の黒潮グルメツーリング㏌鵜の岬へエントリー】

2019年モデルのトライグライドより、操縦安定性を高める「トラクションコントロール」を新装備。パワフルな1868㏄のミルウォーキーエンジンのパワーを大地に伝える。

2020年モデル 車輌価格 ¥4,717,900(税込価格)…別途重量税・登録諸費用が課かります。

★…2019年モデル・トライグライド/¥4,598,400(在庫限り)…お値打ちな廉価にて特別販売しております。問い合わせください。

ハーレーダビッドソン・トライグライドのご用命は 是非ともハーレーダビッドソン亀戸まで❕           

いよいよ春のツーリングシーズンへ(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸のツーリンググループ「HOG東東京チャプター」には、毎年12月~1月まで間、当年度会員の更新と、新メンバーの入会が集中する。2月22日現在では、118名のメンバーが在籍。

彼らはメンバー全員、2020年もチャプターへ集い、愛車のハーレーダビッドソンで大いに駆けようと燃えている。

【春のチャプターツーリングから】

年間6回開催する、チャプターツーリングには、3つの活動方針がある「出会い・集い・走る」。
チャプターに参加している以上、年間ツーリング計画のすべてにエントリーすることに意義がある。

ツーリングエントリーを決めたら、ヘルメットやグローブにブーツの「機能確認の準備」が必要だ。
単に用意するだけでなく、ヘルメットはシールドをキレイにして、ジャケットやブーツのファスナーに油を塗り整えるのだ。そして、車庫からハーレーダビッドソンを表に出し準備する。

これがチト面倒くさいが、走り始めてからでは出来ないし、それらのちょいトラブルは走り出して起きることが少なくない。
そんな休日前だが、ひとたび走り始めると…“やっぱハーレー楽しいや~”…となる(*^^)v…これライダーなら分かる心境だろう。

【イェぃ~と叫びたくなる楽しいハーレーでのマス・ツーリング】

冬季間に乗っていなかった車輌は、バッテリー上がりが多い。
購入から5年以上を経たバッテリーは要注意だろう。ツーリング本番の朝、エンジン始動出来ずに参加できなかったメンバーも少なくない。
事前の「確認と準備」にはエンジン始動も心掛けておきたい。

【定期点検整備もハーレーダビッドソン亀戸へ】

新車の購入から永いお付き合いには最初の3年目、それ以降は2年毎の車検を迎える。
当店とのお付き合いを大事にしてくださるお得意様は、愛車の定期点検整備はもちろん、タイヤ交換や車検など、整備全般のご用命いただいている。

愛車を大切に想うお客様はメンテナンスを依頼することも、こだわりをお持ちだ。非正規修理店や2輪用品店へは、命を乗せる愛車を、そんなところの整備ではとても不安で整備依頼出来ないと云う。


【ツーリングもアフターサービスの一環として(*^^*)】

当店のアフターサービスを利用の方々は、主催しているツーリングエントリーも常連さんだ。日頃の整備などのご利用のお付き合いがあるからこそ、大手を振ってツーリングへも参加してくれている。

ツーリングもアフターサービスのひとつ。車輌購入から始まったお付き合い。ハーレーの楽しみを分かち合う店主催のツーリングと共にサービス工場を利用してこそお客様。
ツーリングだけのエントリーで、整備は他所では不安やいつ起きるか分からないトラブルを拭えない。

趣味の集いで分かち合うハーレー仲間として、義理と人情の欠けた寂しさを人生経験豊富な方に想う。

【ツーリング集合時のグランドミーティング】

チャプターツーリングは事前申込なので、グランドミーティングでは予め編成している「チーム」と参加確認からスタートする。
これと同時にガソリン満タン集合の徹底と確認を行っている。

次回のツーリングイベントは、3月15日「春の黒潮グルメツーリングin鵜の岬」…参加募集中です。
*チャプターツーリングへの参加は会員限定。

河津桜を巡って伊豆半島周遊(^^♪・・・②

「南伊豆に河津桜を訪ねて!」・・・2/13の続編となる今回のブログ(^^♪…河津町からさらにもう一箇所、河津桜の名所がある。それは下田市・下賀茂温泉の真ん中を流れる青野川土手である。ここにも河津桜が約3kmにわたって咲き誇っている。

河津町のような土手に露天店が無いぶん、寂しさはあるものの静かにゆっくりと観賞できる。

亀戸のツーリンググループでも、花見ツーリングとして泊まりで行った下賀茂温泉だ。

【下賀茂温泉 青野川の河津桜】

R135を南下。下賀茂温泉を後にして向かったのが弓ヶ浜。夏は海水浴場として賑やかになる。弓ヶ浜のその名通り、弓のたわみのように、なだらかな曲線を描く白い砂浜の海岸線が美しい。

【弓ヶ浜】

伊豆半島へのツーリングは1泊2日がお勧め。そして周遊コースは時計回りが好いだろう。なぜなら熱海からスタートして河津町、下田市まで伊豆七島を望みながらシーサイドラインを駆け、泊り宿は下田市周辺にいくつもある温泉を選べる。

二日目は石廊崎から西伊豆を修善寺へ。このコースはR136のワイディングの続くシーサイドラインだが、時おり富士山を真正面に観ながら走ることができる(^^♪。

【石廊崎からユウスゲ公園へ】

伊豆半島は、何処を駆けても海岸線が美しい。そして、出来るならちょっと奥まった名もない場所に見ることを勧めたい。うち突ける波しぶきや洞の空いた岩礁の険しさがいい。

【西伊豆・大田子海岸】

今回の旅で、お昼は連日共に「十割そば」の名店と老舗で戴いた。伊豆高原では大室山の山麓にある「蕎仙」、修善寺では「朴念仁」へ。共にさっと″コシと切れ”にあるうちに早々と戴くのが美味い食べ方だとか。

【修善寺の十割そば】

【だるま山高原からの眺望】

冬季のツーリングは天気に恵まれことが多い。今回も二日間ともに快晴だった。海の蒼さも青空が映るから尚美しい。何より西伊豆より富士山は、海越しに、或るいは峠の超えたその向こうにと、裾野からてっぺんまで見られたことが好かった。

【道の駅 伊豆ゲートウェイ函南】

東名高速からの富士山に始まり、駿河湾越しに富士山を観ながら巡った伊豆半島でした(^^♪

南伊豆に河津桜を訪ねて(^^♪・・・①

ツーリングシーズン閑散な10月~2月まで、月曜日定休に加え第3火曜日をお休みを戴き連休のハーレーダビッドソン亀戸。
小生も、久しぶりにこの2日間を利用して、南伊豆を時計回りにドライブ(^^♪…
先ず河津町の見ごろを迎えている「河津の早咲き桜」を鑑賞しながら土手の早桜を見て回った。

【河津桜は絶好の見ごろを迎えていた】

コロナウィルスのせいで、観光気分も盛り上がらない東京界隈だが、しかし「河津の早桜」多くの観光客でにぎわっている。土手の早桜で行き交う観光客には外国人も少なくなかった。

【平日とは思えない人出】

【河津へ行くとハリコ(サンマ干物)を必ず買う】

ハリコは1尾50円~80円が相場で、大きさにより値段はことなるが、100円足らずで絶品の美味さは、知る人ぞ知るこの季節だけのグルメだ。

【龍宮窟】
田牛サンドスキー場の隣にあるのが「龍宮窟」だ。
自然が作り上げたここの洞窟は、岩と海のコントラストが芸術的な美しさを観観れる。
階段を下って洞窟に降り洞穴から海と島を観られる。太古の海底火山の名残は、壮大な景観は見応えがある。

【龍宮窟】

太平洋から寄せる波は龍宮窟へ寄せて来る。底から見上げるとぽっかり空いた火口を下から見るようなこの神秘さ。

【龍宮窟の上から見た海岸】

南伊豆を訪ねると、海の青さと澄んだ海岸線に感動してしまう。またどこでツーリングにやって来るであろう下見代わりになった今回のドライブ。明日は石廊崎から西伊豆を巡って行く。

【弓ヶ浜へ】

休暇村 弓ヶ浜にて宿泊。休暇村会員でもある小生は、四季折々に全国に点在する休暇村の宿舎を利用している。

新登場『ファットボーイ30Th Anniversary』

進化と熟成を重ねて来た不動の人気モデル「ファットボーイ」に『30周年記念モデル』が限定発売!

1990年に登場したファットボーイ。1984年から新たに登場した「ソフティル」へ、ファットボーイが加わった。
そのデビューから30年間のロングセラーを記念して“世界限定2500台”がリリースされました。

【ファットボーイ・30周年記念モデル】

世界限定2500台の生産の証に、ガソリンタンクコンソールには「シリアルナンバー」が刻まれる。ミルウォーキーエイト114エンジンを搭載して、レギュラーモデルとは一線を画す。

【ファットボーイ30Th Anniversary】

1990年の発売から2000年、2010年、そして2020年と10年を機に記念モデルをリリース。Anniversary・第3弾を手に出来るのは世界で2500名のニューオーナー。

【自由と風を連れて大地を駆けよう】

ハーレーダビッドソンは、長期に渡ってアメリカで唯一の2輪メーカーだった。独自に進化を遂げ、長い歴史を築き上げてきた。その歴史の中でファットボーイはハーレーらしさを堂々と誇る1台である。

ご予約、ご購入につきましてはショールームにて承っております。来店の際、お気軽に「商談予約」をご利用ください。

・ご予約いただいたお客様優先でご対応させていただきます。

・お客様のご都合に合わせた時間をお選びいただけます。
※場合により多少お時間を頂戴させていただくことがございます。

・ご成約の場合にはハーレー亀戸オリジナルプレゼントをご用意いたしております。

博多ラーメンのホンモノに出会った(*^^)v・・・点検整備のこと。

ラーメンが大好きで、生まれながらに食べて来た「博多ラーメン」には、特別なこだわりを持っている。
夜10時を少し回った頃、田中商店に着くもやはり満席だった。

その店先には、あの博多ラーメン特有の豚骨を煮込む匂いが漂っている。

スープをレンゲでひとくち舌にのせる“旨ぁ~”と声に出てしまう…ホンモノとの再会だった(^^)/…そして、このネギとスープの色、チャーシューは博多ラーメンそのもの。その1店がここ東京・足立にあるかのようだ。

【田中商店・博多ラーメン】

話は前後するが、足立区にある「博多ラーメン・田中商店」へは、噂を聞き食べに行きたいと思っていた。

小生の前に6人が待つ。客の回転は好くて5分で順番が来た。
人気店のため、来客用駐車場がキチンと案内されている。近隣へ無断駐車への対策だろう。

【田中商店】

この30年間で、関東地区では「博多とんこつラーメン」と呼ばれているが、小生の生まれ育った福岡ではラーメンと云えば「とんこつスープ」なので、いちいちとんこつラーメンとは呼ばない。福岡市博多区の長浜にラーメン店が軒を連ねる。博多ラーメンを全国的にしたラーメン街である。

【ホンモノの整備の信頼を預かって】

ホンモノの点検整備で安心ツーリングに繋がれば!

ハーレーダビッドソン亀戸で車輛購入して以降、アフターサービスの利用には、オイル交換や定期点検整備をキチンと依頼される方が多くいらっしゃいます。車両販売と整備事業が弊店の主たる業務。
お客様がハーレーを購入された目的は「趣味としてハーレーで走る歓び」に尽きると思っています。

同じハーレー仲間で走ったり、ソロで駆けたりと走るスタイルに違いはあっても、楽しむことは同じである。

【主宰ツーリングから】

当店が主宰する「チャプターツーリング」や「ニューオーナーツーリング」も、アフターサービスの一環。
いつも当店にて、点検整備やオイル交換などメンテナンスを依頼されているお客様のマシントラブルは、ほぼ無くて久しぶりにツーリングへ参加する方に、ツーリング先でのトラブルが目立っている。
【空気圧不足による高速道路でのタイヤ破裂】

その方の車両の整備履歴を視ると、それまで3年以上に亘って当店サービス工場の利用無し。

今後は、ツーリング前の点検整備をお願いして行こうと考えています。これは毎回60~80名のマス・ツーリングに於けるマシントラブルが起きれば、一緒に駆けた仲間へ迷惑となってしまう。

この予防につながるものがプロによる点検整備である。またその事前点検はツーリング参加の義務化したいと考えている。少数の方ではあるが、非正規整備工場へ持ち込み、安かろう悪かろうの整備トラブルが起きている。

ハーレーでの楽しみもホンモノに出会って欲しい(*^^)v