アーカイブ…オートバイと出会って!

ハーレーライダーの皆様、外出自粛などもあり、ツーリングなど我慢の日々ではないかと思われますが、もう暫くの辛抱です(かと思われますが…)。
コロナウィルス撃滅のため、自粛をして戦い抜きましょう。

ハーレーダビッドソン亀戸は、「国民の安定的な生活の確保、社会の安定の維持等に不可欠な業務を行う自家用など整備を扱う事業者」として、社員交代にて半分で通常通り営業しております。
国や都からは休業対象外のオートバイ業界ですが、こんなにヒマなら休業してもいいのでは、と思うくらい静かな日々が続いています。

そんな日々で、机の中を整理していると亀戸へ転出する前、町田市でホンダ販売店時代のサーキット走行の写真が、数枚出てまいりました。

その頃の想い出を、ちょっと振りかえってみたいと思います。

【1997年・筑波サーキットで愛車ホンダRC30を駆って】

時々、ブログでも紹介してさせて頂いていますが、ホンダ技研工業を退職して、二輪販売会社で6年間小売業を学び、1986年に独立し「株式会社マップラン/MAPRUN」を設立。
町田市では「ホンダウイングマップラン」として1998年まで営業。同年の7月から亀戸へ転出して「ハーレーダビッドソン亀戸」を開業。

【ビューエル・S1ライトニングを筑波サーキットで】

社名の「MAPRUN」は命名の時、次のアルファベットの頭文字を合成して名付けたもの。
motor cycle… モーターサイクル
Adventure…アドベンチャー
planning…プランニング
run…ラン

ホンダRC30は、1987年に限定発売された高性能スーパースポーツモデル「VFR750R(RC30)」です。ハーレーとはまるで違うライディングスタイルは、如何に速く駆けるかというハイスピードの世界。

【サーキット走行会から】

16歳の時、ホンダスーパーカブ50に出会ってからオートバイ人生が始まった。

「バイクに乗ること/ライディング」が大好きで、サーキット走行やツーリングが、この50余年の人生そのもの。こんなこと書いていると早くハーレーに乗りたくなってきた(^^♪