納車を迎えたハーレーニューオーナー(^^♪

2021年のレディースライダーの一番乗り!
これから納車を迎えるハーレー・ニューオーナーがGWまで続いていく。本日納車は新宿区在住のY・Sさん(^^)/…チャーミングで笑顔が素敵でした~。
愛車はハーレーダビッドソン・XL883Nアイアンで、ほんの先日、大型二輪免許を取ったばかりだ。


【レディースライダーとハーレーダビッドソン・XL883Nアイアン】

今年こそハーレーライダーデビュー!…そのチャンス到来です。
大型二輪免許取得を検討しているライダーを支援するプログラム「パスポート to フリーダム」キャンペーンが今月からスタート。
H-D亀戸のパートナー教習所限定プログラムを使うと最大で10万円。
新規受付は2021年6月30日(水)まで。その間に大型自動二輪免許(MT)を取得、ソフィテル・モデルの成約・納車を6/30までに完了の方。
さぁ~大型二輪免許を取ろう/(^^)
 

【55歳でブレイクアウト114のニューオーナーデビュー】

堂々たる存在感と大排気量のVツインエンジンによる力強い乗り味を併せ持ち、ハーレーを代表する人気モデルが揃っているソフテイルファミリー。その中でも、ドラッグバイクを彷彿とさせるデザインで注目されているモデルのブレイクアウトが、2021年モデルで大きく進化し「ブレイクアウト114」へと生まれ変わった。

大きく変わったのエンジンで、これまで搭載されていた1745ccVツインのミルウォーキーエイト107エンジンから、114キュービックインチ:1868ccとさらに排気量を拡大した新しいVツイン、ミルウォーキーエイト114エンジンへとグレードアップ。


【ファイナルとなったXL1200CXのニューオーナーへ】
すでに2020年モデルを最後に、生産終了となってしまった「XL1200CX/ロードスター」の江東区在住のE・Mさんはファイナル・ニューオーナーとなった。

これから春本番に向かって、ツーリングシーズンインとなる。コロナ禍でうっ積した気分転換をはかるためにもバイクに乗って出かけ見たい。
ハーレーは、低速トルクエンジンだから高回転域でハイスピードでの使用はほとんどない。元よりハーレーを選ぶニューオーナーに、”スピードがどの位出るのか!などと聞く人はいない。ゆったりとした走りと心地よい風をライダーに与えているのだ。