ハーレー・2022年モデルの予約と共に運転免許教習所へ!

今こそ、念願のハーレーオーナーへ(^^)/
これからハーレーに乗ってみたい、もっとハーレーを楽しんでみたいという方が、昨年からじわじわと増えています。

何より、先ずは大型二輪免許取得から。自動車運転免許教習所の紹介、「ハーレーダビッドソンの購入」から「購入後のツーリングを一緒に楽しむ」を、ハーレーダビッドソン亀戸よりご案内させていただきます。


【ハーレーダビッドソン・ストリートグライド限定生産車】

大型二輪免許取得には、10月から2月の間が比較的に空いていて早く卒業を迎えることが出来るようです。ハーレーダビッドソン・2022年モデルの予約と一緒に、運転免許教習所へのお手続きをオススメします。


【親切丁寧な指導で定評の平和橋自動車教習所】

大型オートバイは趣味での利用がほとんど、特に高額なハーレーダビッドソンではそれが顕著になります。
車輌を手にした同じハーレーを持つ者同士が一緒にツーリングを楽しむ。
このことは思いのほかハーレーオーナーにとって大切なこと。

ハーレーを個人売買やWebで買った方が「モノは手に入れたが一緒走る友達がいない」…その状況となり、そして、その車輌も手放してしまうパターンのなんと多いことか。
その点、ハーレー亀戸で車両購入戴ければ、共通するお客様を一緒に誘って行く「ニューオーナーツーリング」で、出会い、その後も友達として交流される。


平和橋自動車教習所

…お客様への『最高の教習』を目指します。
平和橋自動車教習所は、全車種の運転免許を取得することが出来る都内唯一の自動車教習所です。
私たちは『習う楽しさ、教える喜び』を合言葉とし、お客様に喜んでいただける 『最高の教習』 を目指し、日々取り組んでおります。
また、様々なイベントを開催し、地域の皆様との交流も大切にしています。
平和橋自動車教習所をどうぞ、よろしくお願い致します。

愛車保管はハーレーオーナーの最優先課題!

バイク盗難件数はこの10年間でかなり減っている。特に大型バイクは極めて少ない状況にある。それは保管場所がしっかりして来たことが大きい。

警察庁発表のデータによるとバイクの盗難件数は年々減少しており、2020年は9,018件と前年比でマイナス2,237件となっている。
オートバイ盗の発生状況(令和元年中)警視庁資料からも明らかだ。


【ハーレーオーナーの最優先課題は保管を如何に】

ハーレーダビッドソン亀戸へ購入相談に来られるお客様へは、保管場所について詳しくお聞きしている。購入予定の車両がその保管場所へ入るかどうかも、中には当店試乗車を使ってスペースの現場確認に協力させていただいたりしている。
自宅以外でも、6月から亀戸に開設したアイドゥーバイク保管も紹介しています。


【アイドゥーバイク保管・亀戸】

しかし、だからと言って「大型バイク・高級バイクの盗難は今後も無いのか」と考えることはできない。
なぜなら、上述した盗難件数には、原付も含めあらゆるバイクの盗難件数が含まれているからです。
近年、原付50㏄の保有台数が減少しているため、それに伴い、トータルでの盗難件数も減少していると考えるほうが自然でしょう。

業界内の情報からの推測ですが、大型バイク・高額バイクの盗難件数は目立って多くは無いものの、ほぼ横ばいだと考えられます。
保管場所が、重要な盗難防止につながることが明らかになって来ています。


【ツーリングが最高のシーズンへ】

「新たにハーレー購入予定だが盗難対策は・・・」をお考えの方、ハーレーダビッドソン亀戸へご相談ください。

ハーレーダビッドソン・新モデルへの更新と引退の2021年!

待望のハーレーダビッドソン・アイアン1200NSの納車を迎えて満面の笑みT・Mさま(^^)/
この日まで、大変お待たせいたしました。
お待ちいただいた分、濃厚なるアイアンとの走る歓びをお楽しみくださいね(^^♪

今年4月に新車の生産終了をしたこのアイアン1200NSなど、XLスポーツスターファミリーの全モデル。
年内の納車お引渡しを迎えるたびに、もうXL系の新車は今後は出ないのだとの寂しさに覆われてしまう。


【アイアン1200NSニューオーナーとなったT・Mさま】

ハーレーダビッドソンの長い歴史の中で、スポーツスターの存在というのは外すことができないだろう。

今年で64年にもなり、また現在も使われるイニシャル、XLを使った最初のスポーツスターが登場したのも1957年と古い。

このアイアン1200の名称は、初代XLが搭載していたショベルスポーツスターエンジンの鉄シリンダーにちなんで”アイアンスポーツ”という俗称が使われていたことに由来している。


【最新モデル・スポーツスターS】
日本への上陸が少々お待たせする状況となっているのは、ハーレーダビッドソンの最新モデル・スポーツスターS。11月頃にはリリースされるとの予想だ。
コロナによる輸出入に関わる港湾作業の遅れがその要因で、当初より遅れる見込み。ご予約を戴いたお客様へは、その状況を随時、納車までご案内させていただきます。


【パンアメリカスペシャル】
7月にリリースされたRA1250・パンアメリカは、順調に販売が伸びて納車もコンスタントに5台を完了。これからのアドベンチャーバイクのパイオニアになりそうだ(^^♪

XLスポーツスター高価買取キャンペーン!

夏も終わって清々しい秋を迎えています。ハーレーダビッドソン亀戸ではXLスポーツスターシリーズ全モデルの高価買取キャンペーンを展開しています。”エッこんなに高価に買取してくれるんですか”…と店頭査定でのご提示に即決され、スポーツスターを買取させていただいております。


【XLスポーツスター高価買取キャンペーン】

中古オートバイ買取業者との比較でも、やっぱりH-D亀戸なら安心でなおかつ高価査定とのお言葉を戴いています。


【XL1200Xフォーティエイト】

ぜひ一度、そのΧΧΧ王などオートバイ買取業者の電話だけの価格を鵜吞みにしないで、ハーレーダビッドソン亀戸へご連絡ください。お客様のご自宅まで当店スタッフがお伺いし、バイク査定及び出張買取を行います。


【XL1200CXロードスター】

買取した車両代金は銀行振込にていち早く行います。お持ち銀行振込口座をお知らせください。


【アイアン1200NS】


【XL883Nアイアン】

スポーツスター人気は中古車の高値を呼んで(^^)

本日はハーレーダビッドソンニューオーナーのデビューがお二人。ご契約から納車お引渡しまで半年以上お待たせしました。
スポーツスターシリーズが4月に生産を終了して、共に受注も完了。
それまでも昨年の夏以降から人気は高かったが、新車発売終了から人気は沸騰。中古車価格相場も新車価格を超えてしまうことも。


【XL883Nアイアン】

新車の生産終了は、ハーレーダビッドソンに限らず世界のモーターサイクルメーカーが共通する課題となっている「ユーロ5、ユーロ6」。
当然、日本もその基準と同等にしようとの働きがあり、国内では「平成28年国内排出ガス規制」が施行された。ヤマハSR400,ホンダCB1100がファイナルエディションで生産終了するのも、その代表的なことである。


【アイアン1200】

排ガス規制「ユーロ5、ユーロ6」、これに適合できないバイクは、現行モデルを最後に生産終了という苦肉の選択に追いやられる。
もはや適合できなければ絶滅するという厳しい世界なのだ。…しかも、2022年からもう一グレード上がって「EURO6」が始まるからだ。


【XL1200Xフォーティエイト】
お客様のお乗り換えによる下取り車が、少しずつ入庫してサービス工場に於いて点検整備を完えて、ショールームへ展示すると瞬く間に売約済になってしまう。


【懐かしきスズキGT380】

ハーレーダビッドソンスポーツスターの原点も1970年代。その頃の人気モデルに、「スズキGT380」があった。バイク免許が大型二輪免許と中型二輪免許に改められた時代の400㏄以下のモデルに、このGT380はその改正前からあった。時代はネオクラシックな現代なのだ。


【ハーレーダビッドソン・パンアメリカスペシャル】
次代のモーターサイクルはハーレーダビッドソン・パンアメリカへ。試乗によって新たな体感を(^^)

下町・錦糸町の老舗レストラン・SHIRATUYUの旨いランチ(^^♪

午後2時半、小生のいつものランチタイム。
大きなエビフライとハンバーグでコーヒー付きのセットが小生の定番(^^)/…錦糸町駅東のガード下にある老舗レストラン・SHIRATUYU/しらつゆは、この時間でもほぼ満席。行列ができる週末を避けて平日に(^^♪。


【レストラン・SHIRATHUYU】

メニューの全部を食べた訳ではないが、どの料理も丁寧なこしらえと盛り付けが美しい。それだけコックのお客様への想いが料理に注がれているのだろう。


【テーブルは全席独り客で満席】

平日のランチも1時を過ぎると空いてくる。近隣の商店主や遅いランチをとる独り客の多い時間帯でもある。ランチタイムが静かな、なんの気も使わない気分転換のひと時になる。


【一番人気のオムライス】
世の中の商品には、どの世界にも一番人気というのがあるものだ。このしらつゆのオムライスはまさにそれで、ランチタイムで店内にいると次にオムライスの注文が上がっている。ハーレーダビッドソンでいえば、春先に生産終了したXL1200Xフォーティエイトのようだ。
名物料理のオムライスのライスが、小生には多すぎたので、次回は少な目に注文しないと(^^)


【どれも美味しいSHIRATUYUの料理たち】

秋分の日は快晴パンアメリカ試乗日和(^^)/

本日は秋分の日。祝日で多くのお客様にご来店頂いています。
その中には、パンアメリカへ初めての試乗をいただき「これ~速いっすね~好いよ~」ですって(^^♪
H-D亀戸には、最新モデル「パンアメリカ・スペシャル」が試乗車としてスタンバイしています。

試乗してみたいとお考えの方、事前にお電話またはホームページより試乗予約から。


【パンアメリカ・スペシャル試乗車】」
お持ちの国産バイクは前傾姿勢でライディングするレーサーレプリカ。そんなK・Kさんはベテランライダーだ。その彼がパンアメリカに速さと軽快さに驚いたと試乗後の感想。パンアメリカファンはじわじわと増えそうな気がする。


【レーサーレプリカより凄いというパンアメリカスペシャル】

パンアメリカスペシャルがお気に入りの様子(^^)…ご購入検討よろしくお願いいたします。


【タイヤ空気圧点検を走り出す前に】

久しぶりにバイクへ乗ったら30分も経たない内に後ろのタイヤがパンク。乗り出す前に、タイヤ空気圧点検がこれからの秋のツーリングには大切です。クルマで加入している大手国内損保のレッカー付帯サービスを利用しての修理入庫が増えています。

大阪お好み焼きの老舗「きじ」丸の内店へ(^^)

ツーリングに出かけては、旅先のグルメを探訪するのが常だが、都心部になると知っている店は多くなく、旨さ安定の大阪お好み焼き「きじ」を食べたくなり訪ねた。


【きじのお好み焼き】

お好み焼きと云えば大阪と広島が有名だ。店名のきじはお好み焼きの生地が来ているもの。
ここきじは大阪お好み焼きで職人が厨房で焼き上げて、客の鉄板テーブルに運ばれる。熱々の焼き上げに冷たいビールがいつもの定番だが、コロナでアルコールが出ないのが、大きく辛いが。


【丸の内から東京駅を】

秋空に映える夕方の東京駅。丸の内は、東京のどことも違う気品に満ちていて、落ち着いた佇まいは素敵だといつも思うのだ。


【丸の内1丁目一番地のビル群】


【KITTE】


【KITTEのモール街】
ちょっとリッチな気分で「きじ」へ向かう。日頃は夕方5時から店内は満席になるが、コロナで空いているだろうと思っていたらとんでもない相変わらずの満席。


【きじ】
ひっきりなしに客が来て席が空くことがない。随分前だが、大阪・梅田のきじ本店へ行って戴いた。小生は丸の内店の味が合うようで、本場大阪お好み焼きの美味さを未だ発見できないでいる。丸の内で大阪お好み焼きを「きじ」でどうぞ(^^)

新型スポーツスターS渋谷の街で見る日が来るだろう!

亀戸から渋谷駅で電車を降りるのは、業界団体の会議で年に数回くらいだろうか。
渋谷駅前のスクエア交差点の信号待ちしていると、爆音を街を流すバイクグループを見かけた。圧倒的に渋谷の街にはバイクが目立つ。

そのエキゾーストサウンドの数台が、ハーレーだと分かるのは小生と一緒に歩く家内くらいだろう。
渋谷の街の多くの人たちは、けたたましいバイクの音として捉えているに違いない。
ハーレーにあっては、街中こそゆったりと、エキゾーストサウンドを大人しく奏でるように大らかに駆けて欲しいものだ。

仕事柄か、どんなバイクに対しても感触は敏感になる。

そんなことを思いながら駅から10分ほどの渋谷区立宮下公園 へ向かった。


【ミヤシタパーク】
渋谷区の説明では、
「渋谷区立宮下公園 渋谷ストリートの象徴として親しまれてきたスケート場やボルダリングウォールに加え、多目的運動施設を新設。さらに渋谷の空を横切る約1,000m²の芝生ひろばは歳月とともに緑のアーチをまとい、自由気ままにくつろげる憩いの場として街に溶け込んでいきます」…まさにこの通りだ。


【ミヤシタパーク屋上にて】

その以前には、駅に近い大きな自転車置き場で、それも整理が行き届いていない街の吹き溜まりだった。今回のミヤシタパークの新設と公園リニューアルによる、大成功の都市環境の事例だろう。


【渋谷駅駅前スクエア交差点】

たまに渋谷を歩くと、新たな建物の意匠や古典的な建物をオシャレに改装しているレストランやブティック。それぞれのアイデアを見入ってしまったり、感動したりと愉しめるのが好い。


【ハーレーダビッドソン・新型スポーツスターS】

今回、渋谷を訪ね駅周辺ながら1時間位はいただろうか、その間に街を駆けるハーレーに、XL1200Xフォーティエイトを何台となく見かけた。もう直ぐに日本で発売される新型スポーツスターSは、渋谷の街で見る日が来るだろう…かと(^^)

新型スポーツスターSの日本上陸まもなく!

XL1200X/XL883Nスポーツスターが4月に受注を完了し、「スポーツスター」のネーミングは新型へも受け継がれている。スポーツスターSの日本上陸はまもなくだ。
10月には実車をご覧いただけると思われます。ただ今ご予約受付中! 本体価格は¥1,858,000


【スポーツスターS】

現在のハーレーダビッドソンラインアップは、どれを見てもかなり”攻めている”印象を受けるものばかりだが、スポーツスターSは、NEWマシンにあって強烈な個性を放つモデルだろう。新世代スポーツスターの幕開けとなる一台。

【スポーツスターS・カラーバリエーション】

スポーツスターの人気を10年間築いてきたXL・フォーティーエイトは2011年モデルとして2010年夏に登場。ちょうど今から10年前の事となる。そして2021年4月に受注終了となって、それまでの受注分の納車待ちが年内続いている。

【XL1200X・フォーティーエイト】

エントリーユーザーからエキスパートライダーまで幅広い層で人気の高いスポーツスターだったが、スポーツスターSはどんなハーレーワールドを創って行くのだろう。


【スポーツスターS】