来るツーリングシーズンを待ち構えて /(^^)

ハーレーダビッドソン・アドベンチャーバイク「パンアメリカ」の魅力とは/(^^)
世界的な大型バイクの潮流が著しい進化と変化に驚くことが多い昨今あります。

なかでも衝撃的だったのは、2021年にハーレーダビッドソンが史上初めてリリースした「パンアメリカ」で、試乗した際には軽快さと鋭く力強い加速に驚いた。それまでの既存モデルが一気に色褪せてしまうほどの向上性を感じたのだ。


【RA1250s・パンアメリカスペシャル】

とくに最上級グレードの「RA1250s」は、高機能が盛り込まれた総合力の高さが魅力で、おおむね平均身長が168cmのライダーに適した日本の市場にも沿ったモデルではありますが、世界に通用する実力を備えているといえます。


【最上級 FLHTK・ウルトラエディション】

ハーレーダビッドソンは全モデルでは31機種。ハーレーを購入する際、「ツーリングに向いているかどうか」という点を気にして選ぶ人は多いですよね。

なんせツーリングは最もメジャーなバイクの楽しみ方と言っても過言ではありません。

しかし、実際はハーレーにもいろいろなタイプ(ジャンル)があり、「ハーレーらしさ」を求める方が、まだまだ圧倒的に多くいらっしゃる。

とりわけ最上級ウルトラエディションはその「ハーレーらしさ」ではなんといっても一番でしょうか。


【北海道ツーリングから】

大型二輪免許を取り、ようやくハーレーの扱いにも慣れてきて、日帰りのショートツーリングを楽しめるようになった初心者ライダーにとって、次なるチャレンジは長距離を走るロングツーリング。
でも臆する必要はありません。しっかりと計画をたて、必要な装備を準備をすれば初心者でもロングツーリングは可能です。
今シーズンは、非日常の扉を開くハーレーでのロングライドを。