ハーレーのバッテリーを充電しておきたい冬場です(^^)

バッテリー上がりを防ぐには常に充電を(^^)
気温が10℃を切って来るとバッテリー電圧が下がって、久しぶりに乗ろうと、エンジン始動にセルモーターをスタートするも、カチカチとスイッチの入る音だけでエンジンがかからない。
これがバッテリー上がりの症状である。冬場に多く発生。


ポータブル電源・Jackery

多くの方々がお求め戴いた「ポータブル電源・Jackery」は、マンション等にお住まいでも、部屋にてこの「ポータブル電源」を満充電しておき、バイク置場でバッテリーにつないで充電。
キャンプやアウトドアなどと用途は広い。オートバイのバッテリー充電だけでなく200Vの利用用途は広い。
お求めはお早目に。在庫を補充していますがショールームで品切れの際は予約をお願いします。
ポータブル電源・Jackery 本体価格¥24800


【ツーリングの前日につないで充電】

2月以降から在庫補充が効かなくなることも考えられ、バッテリー電圧が気になるハーレーオーナーは準備しておきたいもの。


【セルモーター1発でVツインエンジン始動】