進化か 革新か 新世代のハーレーダビッドソンを体験!

歴史を塗り替える新生スポーツスターSが登場。それは進化などというレベルではなく、異次元からの新たな創造物として我々の前に現れた。

ハーレーダビッドソン亀戸がスタンバイしている「スポーツスターS」・「パンアメリカスペシャル」の試乗車へは、すでにハーレーをお持ちのお客様な多くお試し戴いている。


【新生モデルのスポーツスターS】
大型二輪免許をお持ちで、現在もオートバイに載っている方ならスポーツスターSをお試しいただきたい。ハーレーダビッドソンの進化と 革新を体感いただけると幸いです。

【試乗コースは20分のストリート】

試乗コースは亀戸を周遊する市街地コース。国道14号は多くのクルマと混合交通のため、周囲の流れと交通安全に注意を払ってお試しください。
なお試乗車へは、対人・対物保険を付帯。
自損事故による車輌損傷は保険対象外となっています。


【連日の納車お引き渡しが続くスポーツスターS】


【パンアメリカスペシャル試乗車】

2022年モデルのパンアメリカ試乗車へ入替により、この2021年モデルを販売しています。2021年9月登録/R6年9月まで車検残りとメーカー保証付き。 走行距離1850km
車輌価格 2,438,000円(リヤトランク付き)


【春にはハーレーダビッドソン亀戸のお客様とご一緒にツーリングへ】

ハーレーダビッドソン最上級CVOのオーナーへ(^^)/

ハーレーダビッドソンの革新的な技術で、限定生産により仕上げられたプレミアムなカスタムパーツとペイントが、すべてにおいて最上級にランクするのがCVOの特徴なのだ。

このCVO・リミテッドのニューオーナーとなったのは、八王子市在住のA・S様へ納車セレモニー(^^)/


【CVO・LIMITEDのニューオーナーA・S様】


【取扱説明をしっかりと習得】


【CVOが並んでデビューショット】

ニューオーナーA・S様をご紹介頂きました江東区在住のO黒さまも、ハーレーダビッドソン・ストリートグライドCVOのオーナー。並んで記念撮影(^^)/…O
黒さま、改めましてA・S様のご紹介ありがとうございました。


【A・S様はスポーツグライドからウルトラリミテッドへランクアップ】

CVO・リミテッドの車輌価格は550万8千円。グレードもハーレーダビッドソン最上級である。


【CVOが二台並ぶのはめったにない】

亀戸のハーレーオーナーでもベテランライダーのO黒さまは、A・S様と一緒に九州へのロングツーリングを計画、そのために今回、ソフィテルストリートグライドからウルトラリミテッドCVOへ乗り換えされたという。CVO同士で今シーズンは九州1周ツーリング。

南伊豆町の早桜は満開見頃に(^^)/

南伊豆町の早桜は満開見ごろを迎えている(^^)/
河津町の早桜が有名だが、ハーレーダビッドソン亀戸のツーリンググループは、お隣の南伊豆町・下賀茂温泉の早桜をこれまで観てきた。


【下賀茂温泉・青野川土手の早桜】

コロナであっても桜はちゃんと咲いてくれる(^^)/…


【早桜はピンクが濃い】


【西伊豆から巡って南伊豆町へツーリング】

1泊2日で南伊豆町・下賀茂温泉の石廊館へ泊まり、2月からの咲き頃に合わせて早桜ツーリングを実施していたが、コロナ禍により休止している。

ライダーとなるのは50歳をキープしたい(^^♪

日本に於けるオートバイライダーの平均年齢は54歳。これはハーレーダビッドソンのオーナー年齢ではなくオートバイ全体平均なのである。
1980年代は平均年齢は30歳前後だったが、この30余年で平均年齢が上がり、今やライダーは中高年の方々が圧倒的に目立っている。

その昔、バイクに乗るのは少年、ガキの危ない遊びなんて云われていた時代があった。それも昔話になり、バイクは大人の趣味と見られるようになってきた。

新規でオートバイを始めた中高年の人も少なくないが、それ以上に多いのはリターンライダーなのだ。30余年前にオートバイに乗っていた方々である。


【ハーレーは同じく楽しむ仲間がいると最高】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入のニューオーナーを誘っていくツーリングで、お客様同士が出逢い、ツーリンググループへ入会。
ハーレーを始めた時季も同じことから、共通の趣味のスタートとなり親交を深めていく。
時々、他店購入の方がツーリングに参加したいとのお声をいただくがご遠慮いただいており、ハーレーダビッドソン亀戸で車輌購入の方に参加を限定させて頂いている。


【ハーレー亀戸にて車輌購入はお一人から始まる】

当店での購入から1年以内のニューオーナーへ「ニューオーナーツーリング」の誘いのダイレクトメールを送って、総勢20名位のツーリングを毎年開催している。


【XL883をご購入頂いたニューオーナーデビュー】

新車・中古車にかかわらず、ハーレーダビッドソン亀戸にて購入くださった方をアフターサービスの一環としてお誘いの「ニューオーナーツーリング」。
ニューオーナーとなった購入車輌に馴染んでもらい、また楽しむ機会を提供させて頂いている。


【ハーレーダビッドソン亀戸からニューオーナーデビューは今年も(^^)/】

ハーレーダビッドソン納車おめでとうございます(^^)

江東区在住のY・F様は、快晴となった祝日・天皇誕生日、ハーレーダビッドソン・FLHXS/ストリートグライドスペシャルのニューオーナーへ(^^)/


【奥様とご一緒納車セレモニーショットを】

タフガイ的なスタイリングやアメリカンマッスルカーを彷彿させる高級感のあるコクピット。ツーリングファミリーの中でも、幅広い層から支持されているバガーカスタムモデル、「ストリートグライド スペシャル」。


【ハーレーダビッドソン・FLHXS/ストリートグライドスペシャル】

ハーレー史上最強とされるミルウォーキーエイト114エンジンを搭載しながらも、その強力な運動性能をいかんなく発揮するために、車体の動きをセンシングし、タイヤのスリップやロックなどを防ぐREFLEX™ LINKED BREMBO™ブレーキも併せ持っている。

走りに関する面だけでなく、オーディオ系統を司るBOOM! BOX GTSインフォテインメントシステムでは、スマートフォンとつないでグーグルマップを利用でき、その使い勝手も定評だ。

カラーリングは「ガーントレットグレーメタリック/ビビッドブラック」…車輌本体価格 335万7200円


【慣らし運転を完えたら奥様とペアライディングも楽しまれる】

走りはダートトラッカーのようにワイルド!

RA1250・パンアメリカは、ハーレーダビッドソンが2021年夏に発売したアドベンチャーバイク。
じわじわと、お問い合わせを戴けるようになって来た。

車格が大柄なこともあって一般ウケしないようだが、試乗されるとそのイメージから離れて好評をいただく。


【パンアメリカへの試乗もお気軽に】

これまでのハーレーダビッドソンと車重比較すると、FLHC・ヘリテイジクラシックは330㎏、パンアメリカは258㎏と、その差は72㎏とチョ~軽量なのだ。
現役のハーレーオーナーが、パンアメリカを引き回すと、その軽さに驚かれる。

最高出力152ps/8750rpmを発揮する完全新設計の水冷V型2気筒1,250cc「Revolution Max 1250」エンジンを搭載。


【ストリートからオフロードと用途は広い】

確かに見た目はデカい。他メーカーでも巨大マシンぞろいのアドベンチャーバイク、その中でも、車重258kgにホイールベース1580mmとスペック的に見ても大柄だ。取り回してみると意外にも軽い。バッテリーをエンジンの前方下側に置くなどマス集中と低重心化を徹底しているためか、見た目によらない軽さと安定感が印象的だ。


【ショールーム前に試乗車スタンバイ】

高速道路ではパワフルな加速で快適な走りだ。走りの「ロード」モードを試すとスロットルに対するレスポンスが穏やかで、なおかつゆったりとしたライディングポジションとソフトなサスペンションのおかげで疲れにくい。
それでいて、スロットルを開けると従来のハーレーの伝統的な空冷ビッグツインとは比較にならない俊敏さで高回転パワーが炸裂するのだ。

低中速重視の出力特性になってはいるが、かといってVツイン的なドコドコ感は希薄で8000rpm過ぎまでスムーズに吹け上がる。
サウンドはチューニングされたハーレーのフラットトラッカーのようにワイルドだ。


【今シーズンはパンアメリカステージになる北海道ツーリング】

今夏は北海道ツーリングで、パンアメリカを疾走するシーンを見られるかもしれない。

ハーレーダビッドソン・ご成約車輌 大切にお預かりしております!

いつかはハーレーダビッドソン!(^^)

お客様の念願のモデルをご注文をいただいてアメリカ・ミルウォーキーにあるハーレーダビッドソンで組立・生産。

日本に向け船積みされ太平洋を渡ってやって来る。

その成約車輌がハーレーダビッドソン亀戸のショールームへ届きました。


【ご成約車輌にはお手を触れようにお願い】

木枠梱包されたハーレーは、横浜港より陸揚げされ、日本各地のハーレーダビッドソン正規ディーラーへ搬送されて行く。
車輌は正規ディーラーへ到着した状態では、日本での新規登録前の未完成となっています。

この後*PDIされて日本での陸運局検査を受検しナンバープレートを受けます。

PDIとは…
*ハーレーダビッドソン本社工場で生産された車両を、新車としてお客様へ納めさせて頂く前に行う日本での道路運送車両法に合致した車両整備業務(PDI=Pre Delivery Inspection)のことを言います。
当店では、品質に「世界で最も厳しい」と言われているハーレーユーザーの期待に応えるべく、ハーレーダビッドソン認定テクニシャンスタッフにより基づき納車前整備を実施しております。


【組立生産後は木枠梱包され世界へ輸出】


【納車前整備を待つ成約車】

ご成約車輌 大切にお預かりしております。ご購入のニューオーナーにはキチンとした新車を納車をお約束しております。

ご成約車以外の方がお手を触れたり、またいだりは出来ませんので、ご承知おきくださいませ。

ショールームにて展示車両には、ご成約車は最終的な点検と納車前整備を待っている状態です。ショールームの新車にはお手を触れないようにお願いいたします。

ご存知でしょうか?ハーレーダビッドソンは正規ディーラーでのみ購入を戴けます。


【晴れて納車を迎える】

ニューオーナーの夢を叶える納車の日。この日を迎えるためご成約のハーレーダビッドソンを 大切にお預かりしております。

H-D亀戸・ホームページリニューアルオープン!

ハーレーダビッドソン亀戸のホームページをスマートフォン対応へリニューアルを完了し2022年2月18日よりオープン。

これまでは、ディスクトップパソコンでの基本的なフレームでしたが、スマートフォン時代に対応して、昨年の12月より造り替えを進めていました。

より多くの方々へハーレーダビッドソンを知って欲しいと願い、ホームページを立ち上げて20余年。

二輪車販売店の中では、ホームページの導入はもっとも早い方だとその当時には云われておりました。

今や、小売業界では絶対的なツールとなっているWebサイト、それもスマートフォンでの視聴となったユーザーへの訴求と対応への時代の真っ只中。


【AMFラストとなったガソリンタンクデザイン・1981年】

変革とはいつの時代も10年の波で繰り返しやって来る。

1981年、AMFはハーレーダビッドソンをヴォーン・ビールス、ウィリー・G・デヴィッドソンが率いる13名の投資家グループに8,000万ドルで売却。
新しいハーレーダビッドソンの経営陣は、モデルを「レトロ」な味わいのあるデザインへ新時代への対応へ向けて進化させていった。

この度のホームページリニューアルにハーレーダビッドソンの転換期を思い出して。

ハーレーダビッドソン亀戸・ホームページURL⇒https://www.h-d-kameido.com/


【ハーレーウェアーはバイクとの一体感は伝統である】

ホームページより伝えて行きたいことを、ひと言でいえば「ハーレーダビッドソンを通した文化の訴求」であります。

ハーレーダビッドソンというモーターサイクルを介して、買って乗って由 売って喜ばれて由 いい製品を造って由 の三つ歓びが出来たらと願っております。


【ツーリングこそハーレーの愉しみ】

H-Dガーディアンベル新入荷(^^♪

ハーレーダビッドソン 正規品 バー&シールド マーク ガーディアンベル が新入荷!

ハーレーダビッドソン亀戸にて好評発売中 !H-Dガーディアンベル¥3300


【H-Dガーディアンベル¥3300】

ハーレー乗りに人気のお守りガーディアンベルを(小さな鐘のお守り)ご紹介させて頂きます。。
海外ではハーレー乗りへ のプレゼントとして人気があるアイテムとなっています。

ハーレーを購入した際に、お守りとして、自分で購入する人も多いですが、ハーレー乗りの誕生日やクリスマスにプレゼントとしてい贈るのも定番(^^♪。

ガーディアンベルの取り付ける場所は、エンジンの前の地面に近い位置へ金属のチェーンまたは、強いヒモで取付けます。


【NEWデザイン・H-Dガーディアンベル¥3300】

アメリカのハーレー乗りは、地面に近いバイクの車体の下の方にガーディアンベルをつけています。

鐘を鳴らすことで道路にいる悪魔を追い払うという意味を持たせているのです。

取り付けが難しい方は、ハンドルに取り付けたり、キーホルダーにしたり、ネックレスにして身につけるのもおすすめです。


【ショールーム展示ケースには鈴なりに】

ガーディアンベルとは、アメリカ発祥の悪霊や悪魔を追い払うためにバイクにつける小さな鐘。
始まりはアメリカ西部開拓時代にさかのぼり、砂漠に潜むガラガラ蛇などを馬車に近寄せないと役目もあったようです。
英語では、GuardianBellと書きます。

もともと英単語のGuardianには、守護者、保護者という意味があって、Bellは鐘を意味しています。

単語からも分かるように、道路の悪魔から身を守るためやバイク事故や故障を追い払うための鐘です。

ガーディアンベルは、友人や愛する人によって購入されて贈り物として与えられたときに2倍の力を発揮するという伝えがあるので、ハーレー乗りの方へのプレゼントにおすすめです。

ハーレーダビッドソン・NEWスポーツスターS! 

お客様へNEWスポーツスターSの納車が3月まで続きます。
1957年からスポーツスターの歴史は空冷エンジンから。そして、これからの新時代を担う水冷エンジン・【レボリューションマックス】を搭載。


【スポーツスターSのニューオーナーは埼玉県草加市在住のS様】


【日差しが当たりパールホワイトペイントに輝き】
NEWスポーツスターSはなんといっても、その斬新なダートレーサースタイルが、他に類を見ない圧倒的な存在感を放つ。
これまでのXLスポーツスターとは異なるスタイルが、新たな時代へ入ったことを裏付けている。


【低いダートレーサースタイル】

すでに「スポーツスターS」のオーナーからFacebookに投稿されたコメントをシェアさせて頂き、生のユーザー・インプレッションを紹介したい。

【スポーツスターSで東名高速を走ってみました
今までのハーレーと全然違う!
速くて軽い
ちなみに今までのハーレーは
2006 ナイトロッド
1998 FLHRC ロードキング
2013 FLHR ロードキング103
2012 VRSCDX ナイトロッドスペシャル
2013 XL1200X フォーティーエイト
です
ルックスはスポーツスターとVRODに似ています
ポジションもVRODに少し似ています
が、軽さが今までのハーレーより軽いので乗りやすいです
アクセルを回した時のレスポンスは国産のSSに近いものがあります
ちなみに今は他に
BMW S1000XR
ホンダ CRF1000L アフリカツイン
に乗っていますが、全く異次元のバイク
S1000XR は遠くを早く走るバイク
アフリカツインは遠くを楽に走るバイク
このスポーツスターSは楽しく走るバイクと思いました
今は完全にレインモードでしか走ってませんが、これで全く問題なし
そしてなんとナビも付いてます
まど日本は国土交通省の認可が降りなくて使えませんがかなりハイテクです
私のスマホとBCOMを連動して手元で楽曲操作もしています
今悩んでいるカスタムは
シートバッグを乗せるためのタンデムシート
ウインドシールド
ミッドコントロール
エンジンガード
ですね
まあ、しばらくノーマルで乗ります
ただ今はショウエイのネオテックを被っていますが、これに合うヘルメットはなんだろう?
候補は
ショウエイ Z8
シンプソン M30
ショウエイGTAIR
です
これから富士山を見に行ってきます
RH1250S 那珂湊おさかな市場ツーリング】


【スポーツスターSのニューオーナー続々と増えて行きそうです】

2022年のツーリングシーズンをリードするスポーツスターSの納車は続いていきます(^^)/

ハーレーダビッドソン亀戸よりお届けいたします。