羨望のハーレーダビッドソン最上級モデルCVOが入荷確定へ!

ハーレーダビッドソン自らがファクトリーカスタムとしてリリースしているのが“カスタムビークルオペレーションズ=CVO”シリーズだ。

2022モデルとして登場したCVO・ロードグライド系×2車、いずれも限定生産となっている。
2月の発表直後にオーダしたが、引き当て回答が6月末になってやっとH-Dから来た。すでに予約を戴いており、日本への納入を待つばかり。


【FLTRXSE CVO ROAD GLIDE・2022 ウィックトオレンジパール】

趣味の最高位に居るハーレーオーナーの所有は、CVOこそがその代表だろう。このCVOロードグライドで駆けていれば言わずともハーレー・ベストオーナーなのだから。ちなみに車両本体価格は553万8500円。


【3カラーが発表されたが生産は限定数になった】

主要諸元■全長2570 軸距1625 シート高760(各mm) 車重437kg(装備)■空水冷4ストロークV型2気筒OHV 1923cc 16.93kg-m/3500rpm 変速機6段 燃料タンク容量22.7L■タイヤサイズF=130/60B19 R=180/55B18 ●価格:553万8500円 ●色:ウィックトオレンジパール、ハイテールイエローパール、ダンテスレッドフェイド


【ウィックトオレンジパールの入荷が確定】

趣味の世界には、究極的なモノや状態があるものだ。高価なハイグレードなモノが、一方でコモディティ化しつつある現代にあって、さらにそのゾーンから突出したモノが求められる時代に入った。

祝 おかげさまで7月1日、ハーレーダビッドソン亀戸は開店25周年を迎えることができました。1998年7月1日開店。