二輪車市場がジワリと盛り返してきた/(^^)

2021年度二輪車市場動向調査・日本自動車工業会の4月20日発表によると、オートバイ購入者年齢は、30歳以下の構成比が2019年度と比べて3ポイント増の32%となり、全体の平均年齢は54.2歳と同0.5歳低くなった。


【亀戸のハーレー仲間の平均年齢は56歳】

購入形態のうち、「買い替え」55%、再購入20%と、再購入に増加が見られた。コロナ禍にあって、密を避けて移動できる有効な手段との意識が購入に影響している点、「ライフスタイルの再考」「自粛下でも楽しめる趣味」という価値観の増加が見られた。


【ロングツーリング派がH-D亀戸のユーザーに目立つ】

二輪車市場全体の需要は、2020年:37万5000台。2019年度の36万台から微増している。月間での走行距離は、平均239kmと前回と変わらない。


【H-Dの保有平均では7年以上・人気のロードグライドスペシャル】

購入した二輪車へ期待する点は、スクーターやビジネスは、コストや移動の利便性、オンロード・オフロードバイクでは、走る心地よさや楽しさ、開放感があげられる。今後の継続的乗車意向の変化を見ると、前回から3ポイント増となり今回は85%に増加が見られた。