ハーレー上質の中古車が勢揃いしました!

当店にて車両購入されたお客様が、1カ月後の初回点検で再来店。お声をかけました「いかがですかハーレーの調子は?」との問いかけに…「すこぶる調子はいいです」と、元気な笑顔でお応えいただくと、こちらまで嬉しくなります。

特に中古車は、それまで別のオーナーが使用していた車両、当店サービス工場では、車両の足回り整備を念入りの実施しており、特にブレーキパッドやオイルの交換など、車検整備ランクの80ヵ所に及ぶ点検を実施し販売を行っています。


【店頭に上質中古車が勢ぞろい】

ブレーキマスターシリンダーから、ディスクブレーキ・キャリパ―まで、ブレーキはオイル油圧で作動している。経年劣化によりオイルの酸化、またエアー混入(泡状になってくる)とブレーキレスポンスが落ちる。これを整備により新車状態へ復活させる。

【ブレーキオイル交換で油圧機能は向上】

日常の走行により、ブレーキはべダルやハンドレバーにより、ピストン運動に換えて作動させる。この運動には空気をかみ込みことがある。これを車検整備では完全にエアー抜き作業を施して本来の性能へ復活させる。

【エアー抜き作業】

ハーレーダビッドソンを購入されて10年以上、久々にお会いするお客さんをショールームでお見受けした。日頃は別のところで点検などをやっているとのこと。しかし、さすがに10年を経過すると一般のバイク屋さんや用品ショップの整備では、故障個所が発見できなかったり、トラブル原因がつかめないまま使用していたため破損してしまい、レスキューを呼び当店へ高額な費用を払い搬送されてきた事例も少なくありません。

日頃の整備は、やはり正規ディラーで行うことをおすすめしたい。また当店主催のツーリングへは、60名を超えるビッグイベントに定着。参加者のみなさんが安全で快適なツーリングを行うために、整備不全の車両はもちろん、3年間以上に整備工場での利用なき車両での参加を、ご遠慮いただく方向を来シーズンは検討しています。また、当店購入車両や、日頃よりご利用のお客様を優先して整備入庫予約をお受けしております。


【みんなで行くツーリングは安心整備の車両で】

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。