角島大橋へ行って来ました(*^^)v

本州の最西端、山口県下関市から海沿いに1時30分ほど走ると、「絶景」ですっかり有名になった「角島大橋」へ。

小生は今回、羽田空港から山口宇部空港へANAのジェット機で降りレンタカーで向かう。いつの日か実現したい亀戸のハーレー仲間とのロングツーリングの下見もやや兼ねる。

東京から約1100km、目標地のひとつ角島大橋だ。


【角島大橋】

息を吞む美しさとはコレだ(^^♪…こんな絶景をめったに見られない。観光業界の方から聞いたが「SNSが皆さんに利用された頃から、一気に増えて毎月倍々を超える観光客が押し寄せ…」と云う。それまでは観光とは無縁のところだったらしい。

そう云えば、周りのインフラも、お土産店も、急伸した観光客には追いつかない。あらゆる面で対応ができていないようだ。風の強い海岸だけに、ここでホットコーヒーやたこ焼きなんかやると、きっとバカ売れするんじゃないかと(^^♪…商人根性が湧いてきた(^^)


【角島大橋へ】
この橋のたもとへ立つと、遠く海の向こうのまだ見ぬ国まで架かっているのではないか・・そんな希望の橋に見えてくる。


【角島大橋の砂浜】

遠浅の海岸なのか、白波が返す返す砂浜を洗うように折り返していた。


【亀戸のハーレー仲間・鉄人チーム】

彼ら鉄人チームが、ハーレーダビッドソンで駆けたのは、この春のプライベートツーリング。待ち合わせ場所は「角島大橋で11時に」コレだったらしい。

東京からその時間に着くには、朝とか夜に関わらず出発しないと出会えない。こんな集合を毎回のように実行する鉄人チーム。

146名の東東京チャプターの仲間うちからは、超人的な走りに「変人チーム」とも呼ばれていることも(笑)


【角島大橋を見下ろす丘から】

出会い・集い・走る!亀戸のハーレー仲間「東東京チャプター」のベースポリシーの最先端をゆく「鉄人チーム」は誇りです。

月の砂漠を…(^^♪ 来る2018年チャプター更新も!

この写真だけだと、ここはアラビアンな世界かと思われるかも(^^♪…千葉県御宿の「月の砂漠」です。


【月の砂漠のモニュメント像】

リアリティは作りは、月の砂漠の世界へ誘われるようだ。ハーレーダビッドソンで駆ける2018年1月「新春ツーリング㏌御宿」では、ここへ立ち寄る。


【太平洋を向こうに観る月の砂漠公園】

ハーレーダビッドソン亀戸のハーレー仲間がプランするツーリングは年間12回。店主催が6回、チャプター役員プランが6回の12回開催。幹事役員は下見を行いプランを発表する。

初めてのツーリングコースとなる場合、経路と案内、ガソリン補給場所、数十台のハーレーダビッドソンが駐車場、昼食場所など、そのランチ会場とは雨天中止・延期のことも含めて下見をしなければならない。


【ツーリングの集合はサービスエリアの大型車両用に】

チャプターツーリングは安全運転で始まり、安全運転で完了(^^♪…解散後、自宅へ着くまでがツーリングなのだ(*^^)v

☆☆☆…チャプター総会・望年会のご案内☆☆☆
一年はアっという間に早いものですね。
11月~12月にかけて、来る2018年度の「東東京チャプター更新」、「総会・望年会」、「新春ツーリング㏌御宿」の参加費など、3本立てのご案内。
2018年チャプター更新年会費 ¥3500
望年会・総会    参加費 ¥6800(ディナ・飲み放題)
新春ツーリング㏌御宿・参加費¥3000(ランチ・CD・保険)
           3点セットの場合の合計=¥13300

☆…総会・望年会は12月16日(土)開催のため、12/10までに参加費をHD亀戸まで持参ください。
☆…「1/21開催・新春ツーリング㏌御宿」は新年1月14日までに参加費をお願いします。
☆…2018年チャプター更新は、年内12月27日(日)までにお願いします。
皆さまの参加をよろしくお願いいたします。
11/23日発信にてハガキでもご案内しております。

年末年始の点検整備・入庫予約スタート!

1月から始まったハーレー仲間の「2017・ツーリングスケジュール」が完了。今度は、愛車の鉄馬を休ませ点検整備の季節がやって来た。
ハーレーダビッドソンが、推奨する点検整備のタイミングは走行距離5000km毎。季節がらか、毎週のようにバッテリーに関する問い合わせが多くなっている。


【HDJ認定・プロメカニックによる点検整備】

2018年1月3日は初詣マイナーツーリング。そして、1月21日(日)は、ハーレーダビッドソン亀戸主催の「新春ツーリング㏌御宿」と、1月は2回のチャプターツーリングが控えている。
それまでに定期点検と、新品から3年以上経過したバッテリーは交換しておきたい。

愛車をキチンと整備してキレイに磨きあげるハーレーオーナーにマシントラブルがほとんどない。また転倒や事故も見られないのも、日頃からの「愛馬」に対する愛情からうなずける。


【整備待機車両で満杯のサービス工場】

年末営業は、12月19日以降、25日・月曜日は休まずに12月27日(水)まで営業。年始は1月5日(金)より新年の営業スタート。


【走る・曲がる・停まる。その3機能をキチンと点検整備】

小生は、ホンダに勤務したキャリアを含めて40余年オートバイ業界でお世話になっております。その40年で出会った多くのバイクオーナーさん、綺麗に磨いて乗っている人のマシンは長く維持され、かついつも綺麗です。ツーリングから帰ればウエスを手に細部まで磨いている。そんな日頃が浮かびます。そして彼らは事故りません。


【チャプターツーリングでのロードキャプテンの愛馬】

2018年のツーリングシーズンを、プロによる点検整備を1年に1度は実施しましょう。ただいま年末年始の整備予約受付中!

紅葉は昨年よりも早くやって来た!

11月に入って好天に恵まれている。そのせいか朝夕の冷え込みは一段と進んでいるようだ。今月は、ハーレーダビッドソン亀戸のライダー仲間「東東京チャプター」のオフィシャル&マイナーツーリングが全スケジュールを完了。

その最終マイナーツーリングは「南紀勝浦温泉と龍神スカイライン」をめざして駆けた。


【山梨のほうとうが恋しい季節に】

11月以降、ツーリング先で暖かグルメに出会うと、胃にも、心にも、それ以降の記憶が生涯刻まれる。山梨のほうとうがそのひとつだろうか。


【山々の紅葉は黄金色に映える】

1月3日から始まるツーリング。「初詣マイナーツーリング㏌鹿島神宮」、オフィシャル「新春ツーリングツーリング㏌御宿」と1月だけでも2回。オフィシャルツーリングへの参加が東東京チャプターメンバーの「皆錦賞」対象となる(^^♪


【龍神スカイラインの終点は高野山へ】

ハーレーダビッドソンを永く愉しんでいるライダーは、ウィンターシーズンだからと言って走るペースは落ちない。道路の凍結や降雪の無い、目的地へ南方化するだけである。

そして、東東京チャプターの年次総会・望年会クリスマスパーティーが12月16日(土)19時から亀戸アンフェリシオンで(^^♪

【東東京チャプター20周年パーティーから】

2017・秋のニューオーナーツーリングへ(^^)/

ハーレーダビッドソンを購入されたばかりの方をお誘いして、ライディング・スキルアップとマスツーリングの愉しさを体験いただく「ニューオーナーツーリング」。

今年も、年間3回、春・夏・秋の開催。この秋で完了しました。

今回の参加者は総勢24名。なんとナント嬉しいことに、20代のヤングライダー5名もエントリー。一気に若さで溢れるツーリングとなりました。


【ハーレーライダーデビューのA山ご夫妻】

ご主人は、ヘリテイジクラシックを乗りこなすハーレーライダー。奥様はこれまでハーレーダビッドソン亀戸が主催するチャプターツーリングへはご主人とタンデム(二人乗り)で参加していた。

本日のランチ会場で参加全員の自己紹介では「チャプターツーリングで女性の方がライダーで参加しているのを見て大型二輪を先月取り、その足でハーレー買っちゃいました~」…今回がハーレーライダーデビューとなりました(*^^)v。


【HOG東東京チャプターフラッグに集って】

ツーリング途中では記念撮影とライディングスキルを目的とした「ワンポイントアドバイス」を2輪車指導員資格を持つ小生が、基本に立ち返って伝授。皆さまには、毎回真剣に聴いていただいています。


【ワンポイントライディングセミナー】

マタギ方、降り方、ハンドルの持ち方、バックのコツ…など、車輛購入されたばかりの方は、自宅等の車庫の出し入れの苦労もあって、眼差しは真剣です。


【セミナーの後はライダー視点が違ってきます】

右左折の視点と体重移動、そして、ニーグリップ。ハーレーダビッドソンならではのコツをカラダで体験して覚えていく。


【ランチ会場はニューオーナーツーリング御用達「あき」で】

朝の集合から3時間半。ランチ会場となる「いすみ市・あき」へ。ニューオーナーツーリングのお馴染み「金目鯛の煮付け」で、その美味さにご飯もお替りする若きニューライダー(^^)/


【いすみ漁港に揚がる金目鯛を(^^♪】


【ハーレーライダーデビュー1ヶ月です~(^^♪】

ハーレーダビッドソン・スポーツスター/XL883(通称パパサン)は初心者に優しい入門車だ。


【道の駅・あずの里にてニューオーナーツーリングを解散】

初心者を念頭に置いた「ニューオーナーツーリング」のコースは、高速道路、市街地、郊外のローカルロード、ワイディングロード、高低差のある峠道、など全230kmを自ら駆ける。本日も全員無事に帰宅できました。

☆…次回開催は「2018・春のニューオーナーツーリング」。ハーレーダビッドソン亀戸にて車輛購入されたお客様へのアフターサービスの一環として開催しています。

2018年・グルメツーリング探索チュ~(^^♪

亀戸のハーレー仲間・HOG東東京チャプターは、2017年11月時点で146名が所属。
主催するオフィシャルツーリングは、年間6回(1月、3月、5月、7月、9月、10月)。そのうち1月、3月は、ウィンターシーズンでもあり、新鮮な海鮮グルメを求め「グルメツーリング」となっている。


【貝づくし浜焼き】

年間6回へすべてに参加すると、チャプターベースポリシー「出会い・集う・走る」を実行できたメンバーとして、栄えある「皆錦賞」を年末総会・望年会」で贈られる。


【外房は今イワシ刺身が旨い】

いい大人の遊び道具として、ハーレーダビッドソンは存在する。それは走ってナンボ。チャプターメンバーの年間走行距離は、よく走るライダーでは36000kmに達する。


【シメは穴子丼に】

今年の1月開催の「新春ツーリング㏌銚子港」へは98台/103名(タンデム5台)の参加を見た。この5年間では、新春ツーリングが年間最多参加ツーリングとなっている。


【海鮮グルメツーリング・ランチ会場に近い外房の浜】

11月18日、チャプター役員会議により「2018年ツーリング・イベント年間計画」が決まる。それは12月16日(土)開催の【チャプター望年会・総会」に於いて、本年の活動と共に、来る2018・望年の「出会い・集い・走る」プランが発表。


【2年に一度偶数年開催のUSルート66・大西部ツーリング】

東東京チャプターでは、ハーレーダビッドソン亀戸/チャプター運営事務局にて車輛購入された方を、メンバー募集しています。2018年「新規入会」・「更新」は12月1日~12月24日まで。

ぜひ来年は、東東京チャプターメンバーとして一緒にツーリングを愉しみましょう。

山梨・御坂峠の天下茶屋から(^^♪

その絶景は、中央道・一宮御坂ICからR137で河口湖方面へ向かい御坂峠の天下茶屋まで約30分。紅葉真っ盛りの今、日帰りツーリングには最高のタイミングだ。


【御坂峠から河口湖と冨士山】

11月に入って、天候も安定して晴れ間の続く関東。これから12月上旬まで、平地での気温が5℃以下にならない時を狙って御坂峠の天下茶屋を目指したい。


【落葉に注意しながら御坂峠を愉しむ】

11月から3月までの冬季は、バッテリー上がりが多い。新品から寿命は3年が一般的だが、3年目の冬を越せないバッテリーだ。特に2輪車用バッテリーはクルマの50%~30%程度の容量であり、ツーリングから帰宅して直ぐに充電器につないで置くことが長持ちさせる。

また、2014年以降よりハーレーダビッドソンはセキュリティーシステムが毎年のようにバージョンアップ(機構更新)されている。保管状態に於いてもシステムを可動させるため微電流を消費。この補充電のためにも、「乗らない時は充電器につないでおく」これをバイクライフの日常にして欲しい。


【天下茶屋から】


【昭和9年創業の天下茶屋】


【周辺は紅葉に包まれる】


【天下茶屋で戴くほうとうは絶品(^^♪】