注目のNEWモデル2019・ハーレーダビッドソン速報!

8月21日アメリカ・サンディエゴに於いて、世界から正規ディラーを集めて開催されている「ハーレーダビッドソン2019モデル発表会」。そのタイミングに合わせて日本のメディア向けに東京・目黒区祐天寺では、2019年モデルでも代表的なモデルを見ることができた。

【2019 FXDR】
2019 FXDR™114封印を解かれたようなパフォーマンスとスタイルで魅了。
このミルウォーキーエイト114キュービックインチ=1868cc。ストレートでは疾走し、コーナーでは俊敏に。それは常識を覆す感覚。
車両価格¥2,862,000

【リヤビューでは極太240㎜タイヤが圧巻】

【剛性の高いアルミダイキャスト製のスイングアームを新採用】

【2019 FLTRXSE・CVOロードグライド】
ハーレーオーナーを3年以上経験すると、次なるはツアラーモデルへと触手が動く(^^♪。自分自身がホントに求めていた「ハーレーで遠くへ 自由な風の中を駆ける」そのシーンが自分のものになってくる…そして、羨望の眼差しが注がれる最上級のCVOへ。
【ロードグライド人気は更に上がりそうだ】

【2019年ツアラーモデルからナビもリンク出来る】

2014年モデルから、ツアラーモデルはフレームや、エアロミクスなカウリングはへモデルチェンジされた。しかし、大きなインスルメントパネルにはナビゲーションや日本語変換が出来なかったが、この2019モデルから【Boom Box GTS】が新採用され、アップル社のスマホをリンクさせればグークルマップが機能する。

さぁ~ツアラーモデルにナビが付いた。ランクアップしてこの秋のツーリングにスタンバイしよう(^^♪

関東一番のコスパ「新川のうな重」を(^^)

関東一番のコストパフォーマンスだった「新川うな重」。亀戸の食いしん坊から「あのお得なうな重が値上げしたみたいで…」と聞き、成田空港へ家族を送るついでにお昼を予約、その値上げとコスパの内容も確認(^^)。

これまで成田市の鰻屋の中で圧倒的に安い「うな重・2500円」と断トツだった。…が、今回値上げされ「新川重・3250円」新メニューになって旧価格より750円アップ。

従来の「うな重」と名が付くのは竹・梅の2メニュー。今回の値上げで、リピーターを呼ぶことができるだろうか…

【新川重】

家族3人、「新川重」を戴く(^^♪…この食後の満足感はまったく変わらない。

【新メニュー】

ご飯が見えない1尾半の蒲焼がのる「うな重・2500円」の安さで人気を呼んできた。店舗の立地や場所も街外れのロケーション。

それらもさることながら「接客、おしぼり、お茶出し」など、安さゆえにそれなりだった接客サービス。

この値上げにより、おもてなしも、成田の街の鰻屋とも比較されることになる。されど値段が絶対的な強味であることを証明した新川だ。

新築された新店舗

これまでのうなぎ工場の手前に新築された大きくなった店舗。店内は2倍に拡がっていた。

【旧店舗が駐車場の奥に役割を終えて】

旧店舗をバックに亀戸のハーレーライダーがよく写真を撮っていた。一人で食べるより仲間と一緒に食べる方が絶対に美味しい。オートバイ乗りは誰もが食いしん坊だ(*^^)v

【うなぎ問屋の新川はシーズン真っ只中】

うなぎの新川はこちら。http://www.unagi-shinkawa.com/shop01/

本日、ハーレーダビッドソン・ジャパンより2019年モデルが発表!⇒https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html…新しいハーレーダビッドソンも、うなぎ登りの人気に期待!9月1日より予約・受注スタート。

ハーレーダビッドソン【2019・カスタムペイント】

アメリカ・サンディエゴに於いて8/21~8/24に開催される「ハーレーダビッドソン・2019アニアルディラーミーティング/ADM」。
いわゆる世界から正規ディラーを集めて、次代2019モデルの発表会を行われる。

【ロードグライド・2019ラジカルペイントモデル】

受注限定生産の「ラジカルペイント」はADM期間中だけのオーダー品。参考までにそのURLを下記へ。
【ストリートグライド・ラジカルペイント】

価格は、ラジカルペイント外装のみ。為替換算では約100万円~180万相当と見込まれている。

https://www.facebook.com/harley-davidson/videos/10155774214845765/?t=32【Facebookページから】

【ブレイクアウト・ラジカルペイント】

https://www.harley-davidson.com/shop/paint-bodywork?source_cd=social【ハーレーダビッドソン・ラジカルペイント】

【ブレイクアウト・ラジカルペイント】

ハーレー・サマーシャツ&Tシャツバーゲン(^^♪

ハーレーダビッドソンオーナーならシーンに合わせて欲しいサマーシャツ。8月末までサマーセールではハーレーモータークローズを特別価格にて販売中(^^♪

【亀戸オリジナルTシャツ】

【kameido・JapanTシャツ】

【HDサマーシャツ】

HD・サマーシャツは、このサマーセールでは20%~50%OFF。売り切りの早い者勝ちの得々セール開催中!
【HDモータークローズ】
ハーレーオーナーが集うツーリングシーン。そこでもっともカッコよく決まるのが「ハーレーモータークローズ」だ。
これを着てるだけで若く、かつセンスよく見られるから不思議なパワーファッション。

【HDモータークローズ/サマーシャツ】

お盆休みが明けたら幾分凌ぎやすくなったものの、まだまだ残暑が続きます。サマーシャツを着てツーリングできるのは9月いっぱい。さぁ~このサマーセールを利用してハーレー・サマーシャツ&Tシャツを(^^♪

東北ツーリング満喫(*^^)v

17日まで夏季休業をいただきました。ハーレーダビッドソン亀戸スタッフ一同、しっかりリフレッシュ、皆さまのご来店とご利用を笑顔でお待ちしております。

小生は、この夏休みを東北道・復興支援ツーリングプラン「バイクラブフォーラム岩手・一関」を活用して3泊4日のロングツーリングへ。
これは、ETC装備二輪対象の4日間乗り降り自由で9500円とお得なプラン。https://www.driveplaza.com/trip/drawari/2018_touring/ichinoseki.html

2018・夏休み東北復興ツーリングレポート①をお届けします。

【八幡平アスピーテラインを駆ける】

13日(月)、午前7時東京・亀戸を出発。常磐自動車三郷ICから、いわき市、浪江町、相馬市、仙台市を経由して岩手県・松尾八幡平ICを目指す。亀戸を出た朝から八幡平までお天気に恵まれ絶好のツーリング日和だった(*^^)v

【東北道から岩手山を望んで】

途中、柴波サービスエリアで亀戸のツーリング仲間のM浦さんと偶然にも遭遇する。彼ら親子はタンデムで岩手へ。先月には鹿児島へも先月に行ったばかり。今回は、八幡平アスピーテラインまで3台で一緒に駆けた。このあと、彼らはさらに秋田市を目指すという。
【八幡平・見返り峠にて】

僕は、15年振りの八幡平アスピーテライン。標高1616mの見返り峠から観る岩手山と山なみ、火山特有の湖が点在して素晴らしい!(^^)!…本日の走行距離596kmでした。
【八幡平アスピーテラインを駆けて】

1日目は八幡平・後生掛温泉へ宿泊。

最初から…ハーレーダビッドソン(^^♪

いつかはハーレー!…このフレーズを昭和生まれの方なら聞いたことがあることでしょう。小生の場合、さらに「いつかはクラウン」てのもありましたが(^^♪

ハーレーダビッドソンと云えば、クルマのような販売価格帯で一般的な二輪車を超越したブランド。その歴史的な背景は日本へ導入されてから100余年。

同じモーターサイクル企業でも、我が国のホンダやヤマハの創業が70年余りですから、そこからしてもハーレーがこの永い歳月と歴史によって人々に知られていることが解ります。

【XL1200NSのオーナーへKazuki・H様】

Kazuki・H様は大型二輪免許取得したばかり。パスポートフリーダムキャンペーンを利用いただき、晴れてハーレーオーナーへ!(^^)!…奥様もご一緒に納車記念写真に収まってくださいました(*^^)v

【初めてのハーレーダビッドソンはXLスポーツスターを】

大型二輪免許をお考えのあなたへ!

2018年9月30日(日)のキャンペーン期間中に、大型自動二輪MT免許を取得し(教習所を卒業)、ハーレーの新車を購入をいただくと最大10万円サポート!

①…大型二輪免許を取得
4月21日(土)〜9月30日(日)の期間中に大型自動二輪MT免許を取得(教習所を卒業)。

②…バイクを購入
お気に入りのバイクを選んで、9月30日(日)までに、正規ディーラーで2018年モデル以前の新車を成約し、納車。

③…最大10万円サポート*
成約時に免許費用サポートとして最大10万円を差し引かせていただきます。

※サポート数に限りがございます。無くなり次第終了しますのでご了承ください

*夏季休業のお知らせ  8月13日~17日までお休みをいただきます。

お盆休みのツーリングは何処へ!?

真夏のツーリングは涼風求めて高原へ!(^^)!

それも東京を出発するのは午前6時までがベストだ。このところの気温は早朝から25℃を超えているが、それでも朝早い方が渋滞にも遭いにくい、今年の異常な暑さも凌げるというもの。

都心の夏は、コンクリートワールドでは暑すぎてとてもバイクには乗れないもんね(^.^)

【奥日光・戦場ヶ原は涼風が心地いい】
日帰りツーリングでは往復300km~400km位が目安だ。この範囲で涼風爽やかな目的地を探すと、奥日光から金精峠、赤城山と榛名山、八ヶ岳高原がベストだろう。
【金精峠は標高2000m涼しさ絶対だ】

【8月末まで9500円乗り降り自由の東北道を】

11月末までネクスコ東日本、中日本など高速道路会社では2輪車向けの割引きツーリングプランをやっている。事前にナンバープレート番号とETC登録をすればお得に高速道路を楽しめる。

【ハーレーダビッドソンオーナーだからこその分かち合い】

こっちの水が美味しいぞ♬…なんて幼い頃に聴いたわらべ歌がある。水そのものに味わいの違いがあるわけではないが、その水を一緒に飲むというコトの誘いだ。それでも、あっちの水へ行った人もいるのが世の中だ。

ハーレーダビッドソンが良くて他が悪いといったことではなく、楽しみ方に違いがあるだけである。ハーレーダビッドソンという遊び道具は、他のオートバイにはないライダー同士の分かち合いや、つなぐものがハーレーにはある。それを「絆」と呼ぶかどうかはハーレーオーナーに聞いてみたい。

ツーリングは道ずれがいるとなお愉しいもの。お盆休みのツーリングは何処へ!?