成人の日…に想い出す「青春ライダー時代」(^^♪

1月14日は成人の日。ずっと前、1999年までは毎年「1月15日:成人の日」だった。ともあれ小生の20歳の頃、それは、それはオートバイ大好き若者、当時の云い方ならオトキチ:オートバイきちがいだった。

真冬だろうが、なんだろうが、積雪や凍結の心配もなく路面状態さえ良ければツーリングを愉しんでいた。

【愛車ホンダCB450k1と小生】

真冬のツーリングには、寒さ対策と保温材の替わりに胴回りには、古新聞紙を何重かに巻き走ったものだ。あの時を思えば、現代のウィンターシーズンアイテムは比較にならないほど、格段に性能も品質も向上しているのだ。

休日には、オートバイ友達を誘い合い日帰りツーリングへでかけた。その頃、欲しいライディングギァ、クシタニの「皮つなぎ」に「ブーツ」が高くて、手が出なかった。やっと、ウィンターグローブを買ったことを想い出す。

【三重県白子海岸にて】

鈴鹿サーキットが近くにあり、レース観戦にでかけた。誰が勝利したということよりも1周約6kmのサーキットを速く駆けるレーシングライダーのフォームに興味をもったものだ。

ハイスピードでコーナリングへ差し掛かる寸前、何処でブレーキを掛け、シフトダウンしてコーナーを立ち上がって行くのか…繰り返し同じシーンばかりを注目した。そこで学んだことがある。それはハーレーに乗る、今にも通じるライディングスタイルだ。

【中部山岳国立公園・乗鞍高原にて】

念願だった「皮つなぎ」に「ブーツ」が揃い、仲間3人で乗鞍岳を目指してロングツーリング。自慢じゃないが、コーナリングが続くワインディングロードでは、小生の後ろにつく仲間はいなかった。

オートバイ操って楽しいのは不整地を駆けるオフロードだ。ハイスピードでダートコースを駆ける時、「タイヤが立っている状態でブレーキが効く。 加速も同様、立っている時に最もグリップが高く加速する」…倒している時、すなわちバンク状態では、そのグリップ効果は半減する。

言い換えれば、「コーナリングはバンクさせないで駆け抜ける」ことが一番速い。実際にやってみると解る。

成人の日の想い出が、ついライディングレッスントークみたいになってしまった(^^) ・・・次回のハーレーダビッドソン仲間で行く「新春ツーリングin観音崎」は、再来週1月20日(日)開催。チャプターメンバーさん、当店にて車輌購入の方、この機会にぜひ参加をお待ちしております。

2019・新年あけましておめでとうございます!(^^)!

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

ハーレーダビッドソンを通して豊かなるモーターサイクルライフへ貢献したい。
ツーリングに集いハーレーオーナーであることを分かち合う歓び。またアフターサービスを通して愛車をきめ細かに見守って参ります。

本年もごハーレーダビッドソン亀戸の愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

【2018新春ツーリングから】

ハーレーダビッドソンを持つことで広がる同じオーナー同士の輪。他のどんな銘柄の二輪車よりも、またどのお店よりも、より高いものと自負しております。

年間を通して主催するオフィシャルツーリングは12回。さらに、車輌購入されたばかりの「ニューオーナーツーリング」を含みますと参加者は延べ1000名に達します。

ハーレーダビッドソンの販売と共に、安全で楽しいツーリングなど愉しむ機会も添えてお届けする。この姿勢を営業スタンスとしています。

【2018・アメリカ大西部ツーリングから】

2年に一度、アメリカ大西部ツーリングを実施。ハーレーライダーであれば、本国アメリカ大陸を、またルート66を駆けてみたいと思うはず。この実現に向けて次回は、2020年5月末出発を東東京チャプター・クラブメンバーより優先的にお誘いする計画をしています。

【お一人おひとりのニーズに添った対面販売】

すべての車輌販売は、ご来店を頂きましたお客様の要望をお聞きする対面販売がハーレーダビッドソン亀戸です。
購入後の楽しみ方や、趣向に合ったカスタマイズなど、その後のアフターサービスの大切さを購入時からしっかりご説明させていただきます。

購入から始まる、永いハーレーオーナーライフ。もっとも大切なアフターサービス。車輌購入先以外へは、大手を振っては行きにくいもの。ハーレーオーナーならば正々堂々、購入店へ整備の依頼をしましょう。

【ニューオーナーが最も多い亀戸店】

大型二輪免許取得して、最初のバイクがハーレーダビッドソン。意外に多いのです!(^^)!…そんなエントリーユーザーのために、春・夏・秋の年間3回の「ニューオーナーツーリング」を開催。毎回15名限定のスキルアップイベントへは、ご主人様が奥様のサポーターとしても参加され総勢30名を超えるマスツーリングになっています。

【ハーレーダビッドソン亀戸サービス工場】

ハーレーダビッドソンは車検対応車輌。そのオーナーは1年に1度「12ヶ月定期点検」が義務付けられている。

例えば、ブレーキや車輪などの足回りは重要点検項目として、国家資格の整備士よる作業が法律により定められています。

ハーレーダビッドソン亀戸は国家資格整備士は6名在籍して業務にあたっています。

【ハーレーダビッドソンを愉しむ】

走る歓びのためのハーレー!  ハーレーダビッドソン亀戸にてお求めされたお客様、すなわちハーレーオーナーに通勤など手段で買い求めた方は一人たりともいらっしゃらない。

今年のチャプターツーリングは1月3日開催の「初詣ツーリング」。そして、オフィシャルツーリングは1月20日「新春ツーリングin観音崎」と続いて行きます。

ビジター参加として3度までチャプターツーリングへ参加できますので車輌お求めの方、ぜひエントリーを。
「新春ツーリングin観音崎」は、1月13日(日)午後5時に締め切りです。

2018年ファイナル【ハーレー納車セレモニー】(^^)/

ニューオーナー3名様の、平成30年最終のハーレーダビッドソン納車を完了いたしました。
すべてお客様の「ハーレーダビッドソン納車」は、車両の取扱説明を終えて店頭記念写真による「納車セレモニー」を行っています。

初めてハーレーを手にした嬉しさと緊張感は、ニューオーナーの特徴であり、初々しく微笑ましいものです。

来る新年は、慣らし運転の真っただ中と思われますが、初回点検までの800kmをハーレーのナラシとライダーの慣らしも、2019年の干支イノシシにならって、安全運転でまっしぐら(*^^)v

【中央区在住のトライグライドオーナーA達さま】

A達さまはトライグライドの他にもハーレーダビッドソンを所有されていて、「トライグライドは立ちごけの心配が無いし、交差点で脚を出さなくても停止できるのでイイ~~よ」とおっしゃる。

【中央区在住のXL1200NS/ナイトスターはK・T橋さま】

XL1200NSは人気モデルに。スポーツスターの軽快さや、日帰りツーリングに最適な気軽さと、全長や幅など車体サイズが都心のマンションの2輪車駐車場への収まりの好さもあるようだ。

【台東区在住のFXDLSのI・K嶋さま】

新車は早期に、あっという間に完売した「FXDLS/ローライダーS」は、いまだに問い合わせを戴く。その人気モデルのニューオーナーとなったK嶋さまの喜びはこちらの笑顔で象徴しています。

この一年を振り返ってみると、ハーレーダビッドソン亀戸において新規のご購入者の平均年齢は、例年に比較して10歳くらい若返っていると思われ、45歳前後で多数を占める感じを持っています。ニューオーナーツーリングに参加される皆さまを思い浮かべてみても、同じ印象です。

ハーレーダビッドソンといえオートバイ。オートバイライディングはスポーツ。反射神経や運動能力は一歳でも若い方が適している。

少し前まで60歳以上の新規購入の方が少なくなかった。スポーツスターシリーズが年間販売の半数近くを占めるこの数年の傾向は、オーナーさんの若返りにもつながったようです。

本年ラスト営業日となりました。ハーレーダビッドソン亀戸の年末年始休業は12月28日から新年1月4日まで。

車両をご購入、またご利用くださった皆さま、本年のご愛顧ありがとうございました。来る新年をどうぞ健やかにお迎えください。

本ブログ「下町の出会い・亀戸気質」も、店舗と同様に年末年始のお休みを頂戴いたします。佳いお歳をm(__)m

北海の蟹みそラーメン「帯広のロッキー」開店(*^^)v

「帯広のロッキー」亀戸で12月25日の開店を待っていた。

25日から3日間、なんと「かにみそラーメン・950円」が、500円で戴ける開店サービス価格も嬉しい(*^^)v

【かにみそラーメン】

味噌味はまろやかにボリューム満点のロッキーのラーメン。鉢の大型でたっぷりのスープと麺が特長で、クセになる旨さ!(^^)!

【12月25日開店ロッキー】

お店は蔵前橋通り沿いにあり、亀戸天神の赤い鳥居が目印にすると分かりやすい。

【メインメニューは3種類】

【北の大地のラーメンが勢ぞろい】

頑張って「帯広ロッキー」(^^♪

2018「想い出のUSツーリングシーン」!(^^)!

2018年のツーリングシーンを振り返ると、6月13日から21日の8日間で駆けた「アメリカツーリング」が、距離、日程ともに一番の想い出だろう。
亀戸のハーレーオーナー9名で、ラスベガスからグランドキャニオン、モニュメントなど1800kmを走破。

【9台のハーレーダビッドソンがモニュメントバレーへ】

今回も羽田空港に参加者9名が集合。ツアートランクをそれぞれ一個、手には日頃から愛用のヘルメットを持つ。アメリカツーリングを主催するが、運営は旅行会社に、飛行機からホテル、ハーレーのレンタルまですべてを委託。先ずはハーレーをレンタルしてもらうラスベガスへ向かう。

【アンテロープキャニオンにて】

今回の参加者には、昨年7月からハーレーオーナーとなった下山さんもエントリー。その他の8名は5年以上のベテランライダーばかりだ。アメリカツーリングでは一般道といえ、平均速度は高く、90km~110kmで巡行していて日本の高速道路に等しい。

以前、他のグループのこと、ゆっくり走る最後尾のライダー(日本でも80km~100kmで走行クセ)をインターチェンジから見失ってしまい迷い子になる。その後も17時間会えずじまい、翌日の宿泊ホテルで合流したという。迷った人も仲間も気が気ではなかった1日目だったとか。

我が東東京チャプターはそんなことも無く、連日ハイペースで巡った。

【地底の自然芸術アンテロープキャニオン】

アメリカツーリングもカリフォルニア州やネバダ州の西部を巡るなら5月~6月上旬がベストシーズン。それを超えると35℃以上40℃の灼熱を浴びることになる。あとは9月いっぱいだろうか。

【世界からライダーがツーリングにやってくるアメリカ】

アメリカツーリングで見るオートバイは、やっぱりハーレーダビッドソンが圧倒的に多く、実際にツーリングしてみて路面状態や1日に走行する距離が400km以上となれば、ライディングスタイルは椅子に座った感じで、脚をやや前に投げ出す格好の、いわばアメリカンスタイルがベターと分る。ハーレーダビッドソンがアメリカで産まれた訳も納得できた。

【遠くからは平に見えるが川底まで100m以上の落差】

8日間の旅といえ、前後の2日間は飛行機に10時間以上乗る。実質6日間のアメリカ滞在となるが、毎回参加者の「時差ボケ」が課題だ。
下手に睡眠薬や目覚まし薬を頼ると体調を損ねる。真夜中に目覚めたり昼間に眠気がきたりと2日間はつらいが慣れていく。

【ツーリング3日目】

今回は、灼熱が始まる6月の中旬だった。日本でハーレーライダーに多い「半キャップヘルメット」は、5日間のアメリカツーリングではまったく道具にならない。顔面は初日で水ぶくれを起こし火傷状態になる。サングラスにフェイスマスクが必須だろう。小生は、毎回シールド装備のジェットヘルメットを持参しサングラスをして駆ける。

【全車同じタイミングでガソリンタンク満タン】
ツーリングも3日目になるとレンタルハーレーといえども、ライダーに馴染んでしまう。ビデオカメラを撮るためフロントシールドを装着しなかったO氏のロードキングは、向かい風に苦心していた。その甲斐あって素晴らしいツーリングシーンが見られたのは最高だった。

【ザイオン国立公園にて】

雄大な峡谷が50kmに渡って続くザイオン国立公園。大西部ツーリングでは欠かせない名所。

【ザイオン市街地を千鳥編成で駆け抜ける】

旅は道連れ世は情け…昔から旅を共にする人はお互いに妥協をしながら旅程を達成する。そこは一緒に泊まるホテルの部屋であったり、毎日のレストランであったり、日常とは違ったものになる。途中でアクシデントやトラブルがあれば残念な時間をみんなが過ごすことになったりする。旅友が好いと旅全体が愉しいものになる。

【ザイオンをあとに】

ザイオン国立公園からハーレーを返却するラスベガスまで、ハィウエイをハイペースで駆けた。その途中、峡谷を抜けるがとてつもない横風は強烈だった。みんなのハーレーは風上に斜めに倒しながらライディングを続けた。ラスベガスに着くと「あの風で、俺はこのまま飛ばされ死ぬのか~」と、メンバーは恐怖を隠さなかった。帰国後、あれを体験したことで日本の強風はなんてことないと判ったとか!(^^)!

【ザイオン国立公園で(*^^)v】

次回の海外ツーリングは2020年を予定しております。ツアー先のノミネートはニュージーランドも含めてプランしています。

本日・天皇誕生お祝い・店頭試乗会‼

平成最後の祝日は、天皇誕生日。本日は月曜日ですがハーレーダビッドソン亀戸は営業しております。

お天気に恵まれて、本日4時まで店頭にてFXDR114など、ハーレーダビッドソン試乗会を快適にお試しいただけそうです。

【TORI山さんNEWモデルチェンジ】

V-ROD、ファットボーイ、ローライダー、そしてXL1200ナイトスターと。これでハーレー4台目にチェンジしたTORI山さん。
納車の日を迎えて大ご機嫌です。ご本人様はこれまでも新車購入の際は「これ以外にない」と気にいっての愛車。今回も「やっと僕に合った一台が見つかりカラーリングのホワイトがいいです~」と大のお気に入り。

【FXDR114試乗車をハーレーダビッドソン亀戸店頭にスタンバイ】

ハーレーダビッドソンは45機種あります。最初から自分に合ったマシンを1台選ぶのなかなか難しい。なんといっても乗って見ることで選択が明確になるもの。試して購入!これ永くハーレーを愉しむための第一歩(^^♪

【頭金0円150回払いなどお求めはショールームへ】

ハーレーダビッドソン・ニューオーナーとなったら、当店のクラブ「東東京チャプター」への入会資格を得ます。年間12回のチャプターツーリングと、ニューオーナーだけの限定イベント「ニューオーナーツーリング」が春、夏、秋に開催。

ハーレーダビッドソンが創り出すオーナー同士のつながりは、亀戸の東東京チャプターならではのもの。

【2019年新春ツーリングin観音崎は参加募集中】

ハーレーダビッドソン亀戸が主催するツーリングは、参加規定は「チャプターメンバー・購入者に限定」となっています。
参加者の車両や運転経験などでクラス分けを事前に行い。各ライダーの任意保険確認やイベント当日の交通傷害保険の加入も行っています。
車輌購入後のアフターサービスの一環として、「お客様の楽しむ機会」として開催しているものです。

羨望の眼差し限定車CVOオーナーへ!(^^)!

魅惑のライディングプレジャーの高質なコンフォートを高次元で実現したCVO。
ハーレーダビッドソンで手造り生産の限定モデルだ。亀戸のハーレーオーナーの集い「東東京チャプター」137名在籍のうち、16名が保有するCVO。またここでCVOオーナーが(*^^)v

【2018・FLTRXSEロードグライドCVO】

心臓部には1923㏄ミルウォーキーエイトエンジンを搭載。他に類をみない圧倒的な存在感を放つフェアリングには、二眼のLEDヘッドライトがうまくデザインフィット。

【2018・FLTRXSEロードグライドCVO】

ひとたび走りだせば500km先のロングランにも、ライダーを知らず知らずのうちに連れていく。そんな心地好い鼓動感が遠くへいざなう。

【CVOオーナーへ大橋さま】

大橋さまは、東東京チャプターの「ツーリング記録担当役員・エディター」。ハーレーダビッドソンをこれまでXL883Nアイアン、FXDWGワイドグライド、ウルトラエデションなど5台をお乗り換え戴き、いよいよFLTRXSE・ロードグライドCVOオーナーへ。デビューは2019年1月の新春ツーリングin観音崎で(*^^)v

【2018アメリカ大西部ツーリングから】

大橋エディターとして新春ツーリングから秋のラストツーリングまでの映像で紹介する「チャプター総会・望年会」。参加するメンバーは、想い出のツーリングシーンに感動と歓喜で目頭も熱くなるほどだ。アメリカツーリングでも7日間を映像で撮ってくれた。