マスツーリングを振り返って!

ハーレーダビッドソン亀戸が主催するツーリングは、①オフィシャルツーリング ②マイナーツーリング ③ニューオーナーツーリング ④平日ツーリング の4つ。それぞれ主旨に違いがあるものの、マイ・ハーレーダビッドソンに乗り愉しむという最大の目標は共通している。

①オフィシャルツーリングは最大の参加を誇り、近年では80台~98台というビッグツーリングになっている。それだけに目的地までのツーリングコースは、参加するライダーが道順や降りるインターなどを認識していることが要になる。


【ツーリング集合時のグランドミーティング】

チーム編成と目的地、給油地点、周遊コースなどツーリング概要と共に、役員16名のロードキャプテン、サポートメンバーを紹介する。東東京チャプター20年の活動に無線機などの導入はなく、すべての道案内や誘導は役員、サポートメンバーによる展開。


【10名単位のチームミーティング】

ツーリングコースの詳細説明はチームミーティングで各自が認識。出発前に各自へ郵送された「ツーリングプラン」に目を通しているライダーは、これまでミスコースがほとんどない。
役員会では今回の反省点として。休憩場所から出発前に再度の道順を確認しようと話し合った。


【スタート1分前のライディング準備】

マスツーリング(チャプターツーリング)の集合時間は「午前7時59分」の設定が多い。59分だと早目に集まり、8時台だと30分の遅れを発生しやすいからだ。

「出発1分前のインフォメーション」は、ヘルメット、グローブ、ジャケット着用しファスナーを締めることを案内し、エンジンをかけれる状態。初参加者にも分りやすくマスツーリングのマナーを伝える。


【10チームに分けてスタート】

毎回7~8チームとなる。チーム編成の先頭はロードキャプテン、後方はサブリーダーの10名編隊。


【千鳥編成走行で安全なツーリング】

高速道路や幹線道路では千鳥編成で走行し、前車のななめ位置でバックミラーに写るところをキープしながら等間を保ちながら走行する。高速道路では、走行車線から追い越し車線へ変更する場合は、それぞれが後方の安全確認とタイミングを計りながら追い越しをする。前車へのたた追従だけでは、猛スピードで迫るクルマとの接触の危険を見落としてしまう。


【サービスエリアでは大型バスなどレーンへまとめて停車】

80台のハーレーダビッドソンはサービスエリアの2輪車パーキングのスペースには収容できない。ハーレーダビッドソン亀戸のマスツーリングではガソリンスタンドに近い大型トラック・バススペースに10台づつ積めて停車している。


【解散場所となるサービスエリア】

「2018春の黒潮グルメツーリングin日本平」の解散場所は足柄SAでした。日本平から新静岡インターから新東名へ上がり次の休憩場所は清水PAのベースプランだったが、一部のライダーが新清水jcsから東名高速へ向かってしまった。


【東名・新東名をしっかり認識することが肝要】

新東名・清水PAで待つ本隊は、そのミスコースの連絡が無いため45分待った。結果は解散場所の東名・新東名が合流する足柄SAでの解散はできたが時間ロスが大きかった。

今後の反省点としてコース確認の課題が残ったが、参加者各自が配布されている案内書でコース、休憩場所の正しい確認が大切なことはいうまでもない。

【次回のツーリング案内と帰路の安全運転を誓う】

次回のオフィシャルイベントは「冨士ブルースカイヘブン」5/19、20日です。

ツーリングへ行こう日立海浜公園は花盛り!

「日帰りツーリング・ワンデーツーリング」と、その時の目的地や趣旨により使い分ける亀戸のツーリングタイトル。
東京から片道200km、時間にして150分を往路として計画。当店にて車輛購入のお客様を誘ってツーリング。
しかし、この快適ツーリングプランは常磐道だけに通用。
東名高速や中央道にはクルマの渋滞が酷くてバイクでも週末は近づけない時代になってしまった。

ツーリング下見を兼ねて、ネモヒィラが満開見頃を迎えているひたち海浜公園へ向かった。

16日のハーレーダビッドソン亀戸の休業日・月曜日に訪ねたが、平日とは思えない人出にびっくり。

【日立海浜公園】
今年の桜開花は例年を覆す10日間から2週間早かった。そのために観ようと計画した桜名所を訪ねることが出来なかった。見頃のタイミングも、変化しており柔軟しないと地球温暖化や天候異変に対応できない。


【みはらしの丘】

ネモヒィラを近くで観てみるとなんと可愛らしい花びらだろうか。


【満開のネモヒィラ】


【那珂湊港から揚がる初カツオを】

「見頃」をこなして、食べごろは那珂湊の初カツオだ。
これから初夏にかけて太平洋の黒潮にのってやってくる初カツオ。モチモチした食感は初カツオならではの美味さ。


【HD亀戸店主催ツーリングから】

さぁ~ハーレーダビッドソンを駆り、今が旬の鹿島灘に沿ってツーリングへ出かけよう(^^♪

cap&T-shirt KAMEIDO TOKYO JAPAN

Welcome KAMEIDO(^^)
ようこそ亀戸へ。Harley-Davidson kameido!

【cap kameido Kisitu Free Size】
¥3,240


【cap kameido Kisitu】

CUSTOM T-SHIRT 【KAMEIDO TOKYO JAPAN】
¥4320

Men’s/メンズ ¥4,320~

Ladies’/レディース ¥4,320~


【T-shirt TOKYO】


【T-shirt KAMEIDO KISITU】

高速道路「2018・二輪車ツーリングプラン」開始へ!


ゴールデンウイークを駆けよう2輪車ツーリングプラン

全国へ拡大し、昨年の「首都圏ツーリングプラン」がさらに使いやすくなった「2018・2輪車ツーリングプラン」が4/27より。

昨年の7月から11月までの「首都圏ツーリングプラン」の6万件を超える高い利用が、今回の「2018ツーリングプラン」へつながっています。

【2輪車と軽4輪自動車料金同額は不公平】
高速道路の2輪車と軽4輪自動車料金が同額、この不公平の料金適正化に向けたステップとなる今回のツーリングプランの意義は大きい。
メディアへ公開された「2018ツーリングプラン」

https://response.jp/article/2018/04/13/308525.html


【高速道路なら日帰りツーリングも遠くへ】

【2018年の「二輪車ツーリングプラン」(=TP)の全容が13日午後、各高速道路会社から明らかにされる。今年は首都圏だけでなく、全国4地域13コースが設定された。

二輪車TPは、対象エリア内の高速道路であれば、有効期間中どこを起点にして、何回乗降しても定額制の高速道路周遊プラン。

今年は「首都圏」で4コース、「中京圏」で3コース、「関西」3コース、「九州」3コースを、東日本、中日本、西日本の高速道路各社が販売する。

【ETCを亀戸のメンバー全員が装備】

昨年より対象エリアを広げて、片道150~300kmを標準に設定した。例えば、九州は3コースで、九州のほぼ全域をカバーする。4地域のコースを設定した都道府県の二輪車保有台数上でみると、全国の二輪車保有台数の80%を占める地域で、TPが利用できる計算になるという。

2017年に初めて首都圏4コースが発売され、約5万件の利用があった。二輪車専用で初めて発売された周遊プランだったが、過去に販売された四輪車の周遊プランを抑えて、トップクラスの売り上げを上げた。

3000円(2日有効)が中心価格帯だ。二輪車TPが利用できる対象期間は4月27日~11月30日。TPの利用はETC車載器を搭載し、ETCカードによる決済が可能な車両に限られる。予約は4月25日15時から各社のホームページで可能だ】

レスポンスニュース/《中島みなみ》レポートより。

ネモヒィラ満開ツーリングへ!(速報)

ネモヒィラが今春の見ごろを迎えている。これは日帰りツーリングプランに早々に入れなければタイミングを逃す(^-^)

気温は17℃前後とハーレーダビッドソンでのツーリングにはベストコンディション。同じく花が見頃のいい季節だけに、満開見頃は待ってくれない。

いつ行く、そう今でしょ、明日でしょ(^^)v


ひたち海浜公園

ハーレーを持っているなら、この季節こそ優先してツーリングをしたい。いざ乗ろうと思っても目的地探しが面倒なもの。されどインターネットで「花の見ごろ」と検索するだけで、サッと探せる便利な世の中になりました!(^^)!。


【ひたち海浜公園】
ツーリングで何処へ行こうと考える時、皇居を中心にして東西北方面に区分してからツーリング目的地を決める。しかし、ここ数年は西エリア(東名、中央道)の渋滞は酷く敬遠ぎみだ。

特に週末足柄SAから横浜町田ICまで25km~45kmと連なる激しい渋滞は、クルマのそばを抜けて行くバイクでも辛い状況で、その点、常磐自動車道方面はまだまだ快適ツーリングができる。


【ひたち海浜公園・古民家エリア】
ひたち海浜公園は広大で、ネモヒィラの咲く丘や古民家エリアなどを散策すると2時間は要する。駐車場へのアプローチも早目に、現地へ到着して公園でのんびりすることを奨めたい。


【春のツーリング真っ盛り(*^^)v】
ハーレーダビッドソン亀戸の仲間、東東京チャプターメンバーは2018年4月現在では148名在籍。亀戸店にて車輛購入の方が殆どで、ハーレーと亀戸店を介して交流を深め、ある時は仲の好い者同士が誘いあい日帰りツーリングを愉しんでいる。

速報!
高速道路を利用した二輪車対応の通行料金が大きくお得な「2018ツーリングプラン」が発表されました。http://www.mr-bike.jp/?p=143059

ハーレーダビッドソン115周年限定モデル!

ハーレーダビッドソン115周年記念モデルは、いよいよラストオーダーのタイミングを迎えました。ご予約をお見逃しなく。

【XL1200X・フォーティエイト/115Anv】

ハーレーダビッドソンがアメリカ・ミルウォーキーで誕生して115年。その伝統と歴史はモーターサイクルメーカーとして最も永く、本国アメリカはもちろん、日本やカナダなど世界中のファンから支持を集めています。


【XL1200Xフォーティエイト115Anv】

ご好評を頂きました「ハーレーダビッドソン115周年記念モデル」が、いよいよラストオーダーを迎えます。


【ファットボーイ115Anv】

115アニバーサリーカラーバージョンが、新たなオーナーにとっても、「初めてのハーレー」・「大型二輪免許取得」などと共に記念になるといいですね。


【ブレイクアウト115Anv】

どのモーターサイクルメーカーも最新モデルでは持ちえない「空冷V型エンジン」は、今世紀に於ける内燃エンジンのレジェンドへ。


【FLHX ストリートグライド・115Anv】

ご予約、ご注文はショールームにて承っております。大型二輪免許取得中でもご予約をいただけます。ハーレーローン150回の申し込みもお受け致しております。

HD亀戸の新入社員歓迎会!(^^)!


【ハーレーダビッドソン亀戸のオールスタッフで乾杯】

2018年は、ハーレーダビッドソン創業115周年の記念の年。
本年の新入社員も、東京工科整備専門学校・ハーレー専科より入社。ハーレーダビッドソン亀戸の全員で歓迎会を開催!(^^)!


【第一韓国館にて】
錦糸町オリナスに近い「第一韓国館」は亀戸のハーレーライダ御用達の焼肉店だ。店主の姜さんも亀戸のハーレーライダー仲間のおひとり。今回も美味しいところを選りすぐってお出し頂いた!(^^)!


【亀戸のハーレーライダー】

ハーレーダビッドソンをお求めくだっているお客様のすべては、趣味としてのハーレーオーナーとなられている。コミューターバイクとは違って通勤などに利用される方はゼロに等しい。

同じバイクでも、動けばイイというものでなく、完全なる趣味の遊び道具であり安全で楽しい高価なモーターサイクルであると共に、ブランドホビーな存在であること。

わたしたちは、その商品特性を認識し、ハーレーダビッドソンのプロとしてお客様に接すること。本年採用の新入社員に指導育成していきたいと思っています。新入社員「揃 直紀(そろいなおき)」を、どうぞよろしくお願いいたします。