羨望の眼差しを浴びてハーレーダビッドソン・CVO(*^^)v

ハーレーダビッドソンの市販車の中で、最上質を誇るCVOモデル。

すべてに上質を極めたスポーツツアラー、CVO・ストリートグライド/FLHXSE。

ミルウォーキーエイト・スクリーミーイーグルチュンナップエンジンは1926ccのビッグツインを搭載。

ライダーの腰へ伝わる鼓動感と共に、怒涛の加速はハーレーだけのもの。

【オーナーのI崎さま】

人生を楽しむためのひとつの趣味としてハーレーダビッドソンを選ぶ。そして、今回はプレミアムなCVOのオーナーへ。

【独自の輝きを放つリフレクターLEDヘッドライト】

CVOを構成するカスタムパーツは、贅を尽くした上質で高機能を備える。
【117Milwaukee-Eightはたちまち日常を置き去りに】

【プレミアムなカスタムパーツを誇る】

【冷却効果の高いオイルクーラーシステム】

【リレックスディフェンシンブライダーシステム(RDRS)】

リレックスディフェンシンブライダーシステム(RDRS)高い走行安全性を保つ。

【CVOだけのフューエルタンクHDエンブレム】

【サイドボックスにはCVOグラフィック】

生産数が限られ日本のハーレー正規ディラーへの配車も店舗当たり1台あるかないかのレアなもの。そんなCVOを手に出来るユーザーは極めて少なく、特に2020年CVOモデルの生産は例年以上に限られている。

CVO・ストリートグライド/FLHXSE 本体価格 ¥4,695,900

バイクもドライブレコーダー装備の時代へ!

バイクもドライブレコーダー装備の時代へ!

いきなりですが、今年に入ってドラレコ取り付けの受注が急増しています。

2台のカメラで同時録画が可能なので、前方に加え、後方にもカメラを設置することで、後方から追突された場合や危険な“あおり運転”もしっかり記録。二輪専用のセパレートタイプなので、車種に合わせて自由自在に取り付けが可能。

【安全運転を映像記録】

悪天候では雨風にさらされ、走行時の振動が激しいバイクの特性を考慮した、オートバイ専用のドライブレコーダーがETC機器メーカー「MITSUBA」から新発売。
強靭な防水・防塵・耐振動設計。カメラはIP66/IP67を同時クリアし、本体や全パーツまで防水・防塵を徹底。不意の雨やバイクの連続振動にもしっかり耐える機能だ。

【高性能カメラを前後へ装着】

カメラ・本体分離型で、すべての機器がコンパクトに設計されているので、ハーレーの美観や走りを邪魔しないよう、目立たずスマートに装着できる。
マイクは本体内蔵、無用な風切り音や騒音を拾いません。また、手元のリモコンで操作ができ、ハーレーを離れるときに機器を取り外す必要もありません。ライダーの使い勝手を考え抜いた設計です。

【オートバイ専用・EDRシリーズ】

EDR-11  1カメラのシンプルモデル ¥22800
EDR-21  前後2カメラのスタンダード¥29800
EDR-21G 前後2カメラとGPS搭載  ¥34800
 取付工賃は2万円~4万円と車両タイプにより異なります。

今シーズンのツーリングへ駆け出す前に、ぜひドライブレコーダーの装着を検討ください。

ライダーも行く錦糸町のグルメなランチ(^^♪

ハーレーオーナーさんって食欲旺盛なんですね~!と、1月19日「新春ツーリング㏌復興支援・南房総」でランチを頂いたお店でのこと(笑)。
そんな自覚は我々には無いが、ハーレーをライディングするイメージから、大食いに思われているようだ。地方へツーリングに行き色々なランチを頂いて来た。
よく地方の人に言われるのが「東京は美味しいものが集まってるからね」…美味くて安くてという基本が東京には多い。
特に錦糸町や亀戸にはそれが顕著だと思う。

【錦糸町北口の中国酒家 大三元のかた焼きそば】

【錦糸町南口のキッチン藤 しょうが焼き】

ハーレーダビッドソン亀戸のお客様である「東東京チャプター」のメンバーは、ツーリング先に必ずグルメを求める。3月15日(日)開催の「黒潮グルメツーリングin鵜の岬」は、海鮮料理としゃぶしゃぶがメインメニューだ!(^^)!

そのグルメはツーリングへ参加できるように、バッテリー上がりのチェックと、60名を超えるマス・ツーリングには、時間厳守の集合とガソリン満タンのマナーからスタートする。
【行こうグルメツーリングへ】

ハーレー無料試乗会㏌京成ドライビングスクールへ(^^♪

ハーレーダビッドソンに「試乗してみたいが公道ではちょっと自信がなく不安」な方!チャンスですよ(*^^)v

京成ドライビングスクールの教習コースを使っての試乗会。インストラクターのアドバイスもあって、初めての試乗も安心です。

若い頃の夢だった「いつかはハーレー」…この機会に試乗会で近づいてみませんか/(^^)

【2月13日(木)試乗会 am11:30受付開始】

京成ドライビングスクールの教習の合間である「お昼休憩」を利用しています。11時30分から受付と試乗会の説明、ハーレーダビッドソンの乗り方や車両機能の説明を行います。

【初心ライダーだけの「ニューオーナーツーリング」を開催】

ハーレーダビッドソン亀戸では、車両お求めくださったお客様をお誘いして「ニューオーナーツーリング」を開催しています。初心者の皆様だけにお声掛けをして、ベテランライダーが前後をサポートしながらワンデーツーリング。
次回開催は3月15日(日)を予定しています。

【これから大型二輪免許取得には今がチャンス!】
大型二輪免許取得をお考えの方、ぜひハーレーダビッドソン亀戸へご相談ください。早く取得できる教習コースのご案内と、運転免許取得後のハーレーオーナーへの「お得なご提案」をさせていただきます。

新発売・ハーレー2020年/期中モデル(^^♪

1990年の発売から30周年を迎えるハーレーダビッドソン・ファットボーイが「30 Anniversary」を発表・発売!

30 周年のアニバーサリーイヤーとなる本年、世界 2,500 台限定の記念モデルが新たに登場します。

ソフィテルモデルの中でも、特に若いユーザーの人気を集めたファットボーイは、映画「ターミネーター」でもお馴染み方は多いだろう。発売10周年、20周年と記念モデルを登場させて、いよいよ30周年を迎える。

毎回発売から早期の完売をみており、今回も世界で2500台の限定発売となってシリアルナンバーを燃料タンクコンソールに刻印されている。

【ファットボーイ30Anniversary】
車輌価格¥2,614,000(税込)

そして、2台目の2020年期中モデルの追加設となった『ロードグライド スペシャル イーグルアイ』が新登場。
H-D ブランドを象徴するダイナミックな鷲のグラフィックが、鮮やかなイエローの燃料タンクとシャークノーズフェアリングに刻まれた、世界限定 900 台の希少なモデル。

【ロードグライド スペシャル イーグルアイ】
車輌価格¥3,152,000

【CVO™ ロードグライド】
車輌価格 ¥4,368,000

『ロードグライド スペシャル イーグルアイ』、『CVO™ ロードグライド』共に、日本国内への配車が極めて少なくなっています。
ご購入検討には弊店営業スタッフへ問い合わせください。

2020・新春ツーリング㏌復興支援・南房総は快晴だった(^^♪

新春ツーリングを皮切りに、2020年ハーレーダビッドソン亀戸主催ツーリングがスタート(^^♪
参加戴くのは、車輛購入のお客様に限られるが、今回の「新春ツーリング㏌復興支援・南房総へは75名のエントリーを頂きました。
この75名の母体となるのは会員が120名の「HOG東東京チャプター」だ。毎年1月から11月まで、10回のツーリングを催行してハーレーを通して交流している。

【レディースも元気はつらつライディング(^^♪】

愛車のハーレーを時おり乗換えてくださるK様ご夫妻は、今回の新春ツーリングには慣らしの新車で揃ってエントリー(^^♪
【ソフティルへお乗換えされたK様】

【御年80歳で現役ハーレーライダーの吉田さま】

2002年に東東京チャプターへ入会。今年で在籍18年を迎える吉田さまは最古参であり、80歳の現役ハーレーライダーだ。オフィシャルツーリングへの参加には吉田さまいつも云う…「遊びは平ら、参加する人も、主催する側も感謝の心で集いたいね」(^^♪…大きな心を持つハーレーオーナーに相応しい方であります。

【ツーリング・グランドミーティングから】

常に60台~90台のエントリーを頂くオフィシャルツーリング。そこには大人としての常識とマナーがある。例えば集合時間の厳守、ガソリン満タン、チームリボンのバックミラー取付などがある。

【ツーリングマナーとチーム編成表を各自確認】

初めての参加には「初心者チーム」を編成して、リーダーと真ん中とラストにベテランライダーを置き、チーム走行をうまく運んで行く。

【1チーム10名を編成】

東東京チャプターには18名の役員/ロードキャプテンがいて、チームリーダーなどを担う。引率の上手さはキャリアを重ねる毎に、チームメンバーから「速度もアクティビティで、分岐点を事前に知っていて走りやすい」など賞賛してくれる。リーダーは最後尾メンバーを確認しながらマス・ツーリングを巧く運んでいる。

【ハーレーに整備も亀戸でバッチリだ】

愛車を、サービス工場へ定期的に点検整備の入庫予約くださる多くのチャプターメンバーさん。
今後のツーリング申込みは、安全運転と途中でのマシントラブルなどを極力無くすよう、当店サービス工場での整備利用履歴を見ながら、ツーリング受付へと移行を予定している。

【ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場】

会則の「常に安全運転を心がけ整備された車輌を維持すること」を順守。今後は、3年以上に亘って点検整備の無い車輌は、ハーレーダビッドソン亀戸での利用を確認した後のエントリーへ。
その後も利用の無き場合はツーリング参加をご遠慮頂くこととして推進したい。

ツーリングやサービス工場のご利用も、当店ではアフターサービスの一環と同じ位置付けとしております。

【ツーリングランチは毎回テーブルも合わせるレストランで】

2020年・主催ツーリングが全て快晴でありますように/(^^)…感謝の心を忘れずに!

2月のスタートは快晴から(^^♪

2020年ツーリング第二弾「春の黒潮グルメツーリングin鵜の岬」を来月に控えて、亀戸のハーレーオーナーは愛車のカスタマイズに余念がない(^^♪…この黒潮を望みながら、心地よいエキゾチックサウンドを流して駆けるのだ。

【日立・鵜の岬海岸を望む】

趣味を始めると、その奥の深さと広がりを知って行く。こだわりはその中からそれぞれに捉えられカタチになっていくという。ハーレーダビッドソンを始めた人が「こだわり」の典型となるのを見てきた。

こだわりを言い換えれば「追及」であり、ゴールはない。追及過程が楽しく、夢中になっていくその時が「最高の趣味」になのだ。

それを自覚するのは歳に関わらずずっと後になって分る。こだわりを無くすという事は、それは歳の老いではなく「魂の老い魂」となっていることに気づくだろう。

趣味を始めることに歳はまったく関係がない。始めようとする動機こそが若さなのだ。

【自分だけのこだわりカスタマイズ】

ハーレーダビッドソンのもう一つの楽しみ方に「カスタム」がある。そのスタイルを無限だから、完成イメージを創って置くほうが「その登頂」は早いだろう。

【エアークリーナーの換装で一気にカスタム】

【オフィシャルツーリングでお披露目したいマイ・カスタマイズ】

2月のスタートは快晴から!ハーレーダビッドソンへ手に染めるのも、今からやると好いシーズンにツーリングができる(^^♪