ハーレーオーナー限定の車両保険!

車両保険とは…その車両の持ち主などによって破損させてしまった「愛車の修復費用を補う保険」である。
ハーレーダビッドソンの新たに登場、新車購入時やすでに乗っているハーレーへも加入ができる。

HARLEY・車両+盗難保険とは、交通事故による全損に対応する「車両全損特約」、同じく事故による半損に対応する「車両半損特約」、盗難に対応する「車両盗難特約」の3つの特約を組み合わせて補償内容をカスタマイズできる新しいタイプの保険。

【あの人ハーレー保険に入ってるし(^^♪】

①ハーレーオーナー限定の保険です。

②この保険だけの単独加入が可能です。

③保険金をお支払しても任意保険の等級制度には影響しません。

④初度登録からの経過年数にかかわらず購入金額を補償します。

【思わぬアクシデントにも車両保険で安心を】

ハーレーダビッドソン亀戸ならではの正規ディラープログラムとなる「HARLEY・車両+盗難保険」。
永くハーレーライフを楽しむためのセーフティ・ツールとして利用ください。

【みんなで走る歓びを分かちツーリング】

通販をしない訳…
当店でも過去にハーレーダビッドソンの通販を行っていた時期があり、遠くは福岡や名古屋などから購入希望のご連絡をいただくことがありました。

しかし、200万円以上もする高額な車両を、お客様と一度もお会いすることなく、何度かの電話やメールのみで販売することに関して「お客様と同じひとりのオートバイ乗り」として一抹の不安がありました。
【当店主催ツーリングから】

お客様へは…
「ご自身でメンテナンスはできますか?」
「発送費等も考えるとご近所でお求めになった方が良いのでは?」
「現車確認(中古車)はされなくて良いのですか?」
などと、半ば売らない姿勢と受け止められかねない、率直な話をさせていただくこともありました。

さりとて、オートバイは機械ですから万が一のことが考えられます。メーカーも販売するディラー側も「絶対壊れない製品」なら保証を付けらません。仮に保証付で販売したとしても、バイクにトラブルが発生した際に自店で対応できなければ、お客様にご迷惑と負担をかけてしまう。私たちが最も心配するのがここです。

ハーレーダビッドソンは、アフターサービスが何より重要と私たちは考えています。当店主催のツーリングへのお誘いもその一環であります。走る歓びを通して同じ趣味を分かち合う仲間と出会い。そんなハーレーライフのひとつになればと願っています。

ハーレーダビッドソンの通販を行わない理由は、ご購入後もオートバイを通じたコミュニケーションを大切にし、お客様とハーレーライフのサポーターでありたいと考える当店の「ポリシー」とご理解いただれば幸いです。

この秋は山梨へツーリングしよう!

2019 ・バイクラブフォーラム/BLF inやまなし関連イベント 「セーフティーライディング やまなし ツーリングキャンペーン

第7回BLF inやまなしの開催を記念して、山梨県内をバイクでツーリングしていただくことで、山梨の魅力・バイクの魅力を体感していただくキャンペーン。

20ヶ所のスタンプポイントの中から、「5ヶ所/10ヶ所/20ヶ所」のスタンプをあつめたら抽選へ応募。

参加者の中から抽選で景品をプレゼントキャンペーン期間終了後、参加者の中から抽選で山梨県内のホテル宿泊券や名産物の詰め合わせ及び協賛メーカー特別賞等プレゼントいたします。

セーフティーライディングで山梨の秋と自然を楽しもう(^^♪

【八ヶ岳高原の秋】

【セーフティーライディング やまなし ツーリングキャンペーン】キャンペーンは11月30日まで

【勝沼ぶどう郷】

山梨はフルーツパラダイスとの呼び名もあるくらい、果物が豊富だ。10月以降は梨や洋梨が収穫時期だとか。この秋は山梨へツーリングしよう(^^♪

中秋の曼珠沙華ツーリングへ(^^♪

暑さ寒さも彼岸まで(^^♪…されど今年は真夏の暑さが続いている。
埼玉県日高市の巾着田には、500万本の曼珠沙華(彼岸花)が満開見ごろを迎えています。
例年より満開が、1週間遅いようで満開に合わせ「花まつり」も10月6日まで延長だとか。

中秋の花見ツーリングを楽しんだ(*^^)v

【満開の曼珠沙華は圧巻だ】

秋の彼岸の時季に咲くところからその名が付いた「彼岸花」。曼珠沙華と呼ぶよりは彼岸花のほうが通っている。あぜ道や墓地周辺の丘に多く咲く曼珠沙華は真っ赤で、異様なまでの赤い色には視線を奪われる。

【真っ白な曼珠沙華もチラホラと】

【緑の茎から伸びる大きな花】

この撮影は9月30日(月)…小生の誕生日でもあった(*^^*)

【巾着袋の似た地形からその名が付く】

関越道の鶴ヶ島ICを出てR406から20分ほどで日高市・巾着田の曼珠沙華公園。満開見頃を知っているのか。同じ方向へ向かうクルマが多い気がした。今度の週末はさらに込み合いそうだ。

【曼珠沙華祭りには出店もソフトクリームが一番人気】

秋の味覚や野菜、日高名産の味噌など、約10軒の地元より出店。曼珠沙華まつりを盛り上げていた。

【中秋ツーリングは心地よい風をつれて】

四季を移ろいを花や風から感じることができる日本は、なんと素晴らしいことだろう。それをバイクなら更に濃厚に(^^♪

秋のハーレー試乗会㏌京成自動車教習所❕

ハーレーダビッドソンの最新人気モデルへ試乗いただけます。どうぞお試しください。

京成ドライビングスクールの平日のお昼休みを利用。教習コースをインストラクターのセーフティアドバイスを受けて、初めての方、また教習中の方など注目の人気イベントです。

一部車両を除き、憧れのハーレーダビッドソンをお客様自身で運転していただくことが可能です。
【ハーレー試乗会】

開催日 / 10月24日(木曜日)
開催場所/(受付)京成ドライビングスクール
開催時間/(受付)11:30 (コース走行)12:00〜13:00(時間は予定)
事前申込/ ハーレーダビッドソン亀戸へメールまたは電話でお知らせください。
参加方法/ 京成ドライビングスクールの教習コースを試乗。

※試乗会は参加人数に限りがあります。当イベントは希望者が多数となった場合、参加いただけない場合があります
※長袖、スラックスパンツ着用にて試乗します。半ズボンやサンダルでは試乗いただけません。(ヘルメットは会場で準備)
※普通二輪免許の方は京成ドライビングスクールの指導により試乗が可能になります。
※試乗車は都合により変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

最新ハーレーダビッドソン続々と亀戸へ(^^♪

ツアラーモデルの人気を集めている「FLHXスペシャル・ストリートグライド」の、最新2020年モデルが入荷(^^♪

2017年以降からカラーリングが彩やかなトーンが増えてきた。それまでブラックオンパレード的な日本のハーレーは、2020年のニューカラーで新時代の幕開けの兆しだ。

【2020FLHXS/カスタムスコーチドオレンジ/ブラックカラー】

注目を浴びるローライダーSもブラックカラーがメーカーカタログのイメージに使用されているが、亀戸での最初のオーダはシルバーとなっている。カラー選びはニューオーナーにとって悩ましい選択に違いない。
しかし、ハーレーダビッドソンではちょっと派手かなと思うカラーリングを選ぶと、意外にも今までに無かった自分を発見したような気分になり、お気に入りになることが多いようだ。

【2020/FLRL・ローライダーS/シルバー】

今回新発売の2020年モデルのファーストオーダは、このシルバーのローライダーSだった。

【2019/FLTRS/ロードグライドスペシャル】

限定生産モデルのCVOと間違えられるカスタムスコーチドオレンジ/ブラックのツートンカラー。2019年モデルのロードグライドスペシャルから採用されたカラーリングだ。即納可能なツアラーモデルをこの秋、貴方の愛車へ。

高速料金を約半額でツーリング(^^♪

亀戸のハーレーオーナーなら、ほぼETCは装備している。いよいよ活用のタイミングがやってきた。

今年も高速道路会社では、各地に広がる観光地やツーリングスポットの活性化、高速道路の利用促進を図ることを目的に、ETC搭載の二輪車を対象に期間限定(4/26~11/30)で実施。

最大2日間(または最大3日間)、対象エリアの高速道路が定額で乗り降り自由となる割引商品を、事前の申し込みで利用できる。

ハーレーダビッドソン亀戸が主催する「2019秋の温泉ツーリング㏌志賀高原」へエントリーの方、是非ともツーリングプランの事前申し込みでお得に!

【料金所ではETC専用で無停車通過】

関越道・上信越コースを事前申し込みください。ETCカードとナンバープレート番号をメモって準備!
【秋の温泉ツーリング㏌志賀高原で利用】

このツーリングプランは、全国オートバイ組合連合会/AJが、高速道路通行料金の二輪車と軽自動車の区分と、二輪車独自の料金の「普通車の半額」など、見直しを求めて10余年に亘って国土交通省や警察庁へ要請しているもの。
その事前のトライアル的な運用としての「ツーリングプラン」である。2017年に始まりシーズンながら6万件の申込があった。

【参加車両がETC装備で快適走行】

2020年の東京オリンピックへ、世界からバイクライダーもやって来る。高速道路通行料金がクルマと同じなのは日本と韓国。二輪車の通行料金も世界標準にすべきである。

ネクスコ東日本「ツーリングプラン申込」⇒https://www.driveplaza.com/trip/drawari/2019_touring/kanetsu.html

晩秋ツーリングを亀戸のハーレー仲間で!

亀戸のハーレー仲間「ひがし東京チャプター」には、車両をHD亀戸にて購入くださったお客様と、1998年から20年来の常連さんなど、約140名が集う「ハーレーオーナー・ツーリングクラブ」だ。

ハーレーと出会ったその年から3年間は、その誰もが夢中に駆け巡り、走行距離が一気の延びるのが多くのパターン。

年間6回開催のオフィシャルブツーリングでは、参加メンバーの日頃の走りや、愛車ハーレーの手入れなど思い入と自慢のひとときにもなる。

車両が汚れたまま、錆が浮いたり輝きを失うと、それはそのままオーナーとの関係につながる。視る人が観ると分かるのも、この集いのスゴイところ。

【晩秋ツーリングでは那須高原を駆ける】

晩秋ツーリングin那須高原
・開催日 11月10日(日)
・主催  ひがし東京チャプター/ハーレーダビッドソン亀戸
・参加費 3000円/メンバー 3500円/ビジター
・参加資格 ひがし東京チャプター&車両購入の方
☆…参加申込を9/25からスタート。本年ファイナルイベントです。奮って参加ください。

【紅葉の会津街道に期待】

ハーレーは走って楽しんでナンボ(^^♪…チャプターもツーリングへ参加してこそ目的を達成する。

【ウィンターレザージャケットのシーズンIN】

10月下旬から気温が15℃平均となり、まさに冬の気配を風から感じてくる。ハーレーライディングにもレザージャケットを装う日が多くなってくる。気象庁の発表によれば今秋は暖かく爽やかなで遅い冬入りのようだ。

【ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト】

2019年の9月までの1500cc以上モデルの販売実績では、もっとも人気だったブレイクアウト。この人気は「2020年モデル」でも続きそうな勢いがある。なにより、オーナーの皆様から「ブレイクアウトはカッコイイしね~」とゾッコンだ。

【2020年モデルをショールームへ展示中】

前出のひがし東京チャプターの常連さんが今年はツアラーモデルへランクアップ。これからの納車で、そのオーナーさんが明らかになる。ご本人からは、次回のオフィシャルツーリングでお披露目まで内緒にと…口止めされておりま~す(^^♪