うな重の東西味くらべ

「うな丼が旨い店だよ」なんて聞いたりすると、しっかりメモに残して行く(うな丼に限らずです)。ご存知と思うのですが、うなぎの調理には“江戸風と大阪風”がある。その大阪風と聞いて、銀座の「ひょうたん」へ行ってみた。dscn5278並1400円(昼のみ)・中1700円・上2000円・特上2400円の4ランク、小生はを注文(下の写真)、銀座1丁目の土地柄か15名も入ると満員の店内、炭火でうなぎを焼くご主人が、カウンターの中でウチワでパタパタと炭火をあおり、焼き上がりを視ている。なかなか人気の店で、お昼時は混んでいる。うなぎは大阪風でも、タレは関東風のようだ。大勢のハーレー仲間で行くには、街中過ぎてバイクの駐車等がちょっと厳しい。

dscn5280「肉厚のぷりぷり、ひょうたんの上・うな重2000円也」

 うなぎの江戸風と大阪風とは!

【江戸風、焼く前に蒸す。このため仕上がりが柔らかくなり、脂が抜けるので成長した太目のウナギを用いることができる。背中から裂く。 一説によると、「商人の町」大阪では「腹を割って話す」に通じることもあり開きやすい腹を切るが、「武士の町」江戸では「腹を切る」ことを忌み嫌ったために背中から切るのだというが、腹から裂いた場合蒸す過程で外側の身が割れて串から外れてしまうため、外側が厚くなる背開きが必然でもあった。大阪風では、裂きやすい腹から裂き、焼く前後に蒸さない事が特徴となっている

とのことだが、小生が「うな丼」を知ったのは関西風だった。軟らかに蒸して焼く関東風は今も馴染まない。ここ「ひょうたん」も歯応えがあっていい。うなぎの蒲焼の皮に弾力のあるほうが好きだ。(焼加減、タレの味で違いがあるようだが、うな重はご飯の焚き方がミソだと思う)

春の青空に!

抜けるような亀戸の上空をふんわりと風に流されるように浮かぶ飛行船。dscn5273-2    広告を両腹に見せながら、東京上空を飛んでいるのを時々見かける。これは「コナン」と船体横に広告が見える。このところ毎日のように天候と気温の変化が激しくて、強風もあったり天気が変だ。まさに冬と初夏が入り混じる。

こんどの日曜日、ハーレーダビッドソンを新に購入いただいたお客様だけを対象にした「春のニューオーナーツーリング」開催日だ。主催する当店も天気が気になるところだが、すでに27名の参加申込を頂いて満員御礼だ。せっかくのツーリング、こんな爽やかな青空を期待したい。dscn5275                                          

その同じ青空を、亀戸にほど近い新東京タワー「スカイツリー」も天高く伸び行く。すでに、芝の「東京タワー」を抜いて塔高338メールまで伸びた。いつも見慣れた景色だが、お天気が良いと景気まで良くなって来るのではないか。と気分もワクワクして来た。しかし、高くなったなぁ~!

新しい船出の先輩店!

日本は今、不況感から脱し得ないでいる。そんな中、大きな投資を実行し新築により店舗充実や拡大を図っているオートバイ屋さんがある。dscn3501                                                                                                                                       dscn34721                       

 

上2枚は新潟県新潟市・アルファの外観と内部(2009年秋 新築)   

かつてオートバイ屋の一般的なイメージは「汚い。女性が入れない・・」など、普通の小売業のそれとは見てもらえてなかった。                                                              dscn5207   

          

 

 

 

 

 

 

両店は、すでに『ブティック』の域だ。dscn52371

 

 

 

神奈川県茅ヶ崎市・梅田モータース(2010年春 新築)

戦後、オートバイ屋さんの多くは自転車修理業から派生した産業である。1970年代の初頭まで、自転車屋さんとオートバイ屋さんの区別がつかない位だったが、その後、専業化が顕著になり大型店舗が生まれてくる。ここに紹介するのは、その時代も歩み超えて、地域においてお客様からの支持を得て、着実に発展されてきた新潟と神奈川の2社、共に2輪業界では全国有数の販売店である。

ゆったり見れるきれいなショールーム、大きな駐車場など、高機能でデラックスな新店舗を築かれたことは、業界としての誇りである。それぞれの開店パーティでは、同業の諸先輩、メーカー販社等の祝辞やあいさつの中に、この日までの積み重ねと多くの協力者を得た歩みが話され、開店に及んだ社長の努力と労苦を知らされる。それらの話に共通するのは、「感謝の心」を忘れずにいた経営者であること。日頃から堅実で、まっとうな商売を歩んだからこそ、到達できた盛業だと聴き感銘した。dscn5271

       (梅田社長を左に、祝辞を述べるHDシティ上村社長)

この新しい店が、新しいお客さんとの出会いを創り、繁栄ある日本のオートバイ産業のフロンティアになることを祈念したい。しかし、この規模になるともうオートバイ屋とは呼べない。

和風なハーレー亀戸Tシャツ!

1998年の発売dsc07152以来、おかげさまで堅調な販売の「ハーレーダビッドソン亀戸オリジナルTシャツ」が、このところ一段とオーダーを頂くようになった。買ってくださる多くは外国人観光客で、ディズニーランドへ来たついでなのかな?いつも5、6人の小グループでワイワイやって来て自分用に、或はお土産用に買って行かれる。時どき横須賀に寄航した米軍の兵隊さんもいたりする。

昨日ニュースを見ていたら、築地市場のマグロ仲買セリ場を、外国人見学に条件付きで見学再開したとのこと。早朝のセリの様子を見学したりカメラで撮ったりするシーンがあった。正直な思いを言うと、マグロのセリシーンがどうして面白いのか小生には解からない。そんな文化の違いを思わせるニュースだった。そのついでか外国人観光客が当店にも来店したりして。(築地市場から当店まで約8キロ、タクシーなら12分で着く)fujinraijin400

 

 

 

 

 

 

風神雷神図 俵屋宗達の屏風画

 話しを戻そう、当店のオリジナルTシャツは日本サイズ。ハーレーダビッドソンは英語、その他は、風神雷神の図をベースにデザイン(写真)や江戸 dsc07263東京・日本などの江戸文字が入っていて男女兼用サイズ。製作を担当するのは高品質な国内のメーカーさん。「24時間テレビ」オフシャルTシャツなどの実績を持つ。店頭販売はもちろん全国へも通信販売、宅配便にてお届けします。どうぞご利用ください。

今年のゴールデンウィークは?!

今年のゴールデンウィーク(GW)一般旅行予約は「四国」がトップだとか。坂本 龍馬で有名な「土佐・高知」や、グルメたちをうならす「さぬきうどん」などがその理由らしい。しかし、ハーレーダビッドソンでツーリングなら、おすすめは和歌山・南紀周遊。4泊5日あれば存分に愉しめる。5月が最高の季節で東京から行くベストなロングツーリングコースにまちがいなし。

518tp0yk26l_ss500_-2南紀・那智の滝と青岸渡寺

関東から南紀を訪れる人は少ない、600キロの距離はさすがに遠い。しかし、関東では見ることの出来ない深い森や樹齢数百年の樹木、高低差のある滝が山肌にいくつとなく見え、神秘的な景観はここだけのもの。途中の伊勢神宮や志摩の海岸、松阪から熊野へ国道42号線は山渓を縫う快適なワィンディング、まさに「オートバイロード」だ。

そして南紀エリアは、熊野古道などの世界遺産と吉野熊野国立公園であり、鬼ヶ城など景勝地の見どころも多い。さあ名古屋、伊勢を通り南紀へ向う!

y313265037三重県の南部の街、熊野を過ぎたらいよいよ南紀だ。和歌山県に入り新宮市、勝浦市と続く、ここはマグロめはり寿司と温泉が有名、街道に沿って町が続きあとは山と海と温泉だらけだ。(写真は勝浦温泉・ホテル中ノ島の露天風呂・人気の白濁温泉)                               

キャンプが好きならさらにピッタリ、国道42号沿いや海岸にはキャンプ場が多い南紀路だ。食材も地元港から上げた海の幸はもちろん、BBQ材料も安く豊富だ。                                                    1cf5a7276f1e7ed7f34a3107e524452e本州最南端の潮岬にはキャンプ場もあり、黒潮の蒼い海原、夕陽に映る白い灯台など、ここからの眺望は感動もの。今年のGWは季節もちょうどいい南紀へハーレーで行ってみてはどうだろうか。

三春の滝桜へ!

65008_1

 

 

 

 

 

 

(さて今年は見れるか?満開時の滝桜です) 

今年、全国的には桜の開花が早かったが、連日の冷え込みで満開にならないままだ。但し地域によっては満開を過ぎたものもあるようだが、遠くのそれも福島県の桜開花となると予想できない。さて、我がハーレーダビッドソン亀戸のツーリングクラブ東東京チャプターの、「マイナーツーリングin三春の滝桜」が今度の11日(日曜日)に催行される。その目的地の滝桜は本日7日現在、まだ桜のつぼみは硬く開花までいま暫くとのこと。開花をピタリと当てるのは現地の人でも難しいようだが、三春町の案内では12日ごろ開花が予想されている。すべては、これからのお天気と気温次第。ともあれ週末は雨の心配はないようだ。

ランチは、“めっちゃ美味しい”と評判のレストラン・メヒコの「カニピラフ」20849845v12700087291

 

 

 

 

 

 

 

 

*「メヒコのカニピラフは炒めるのではなく、ズワイカニを殻付きのまま丸ごと、ご飯と一緒に炊きあげることで作られる。蟹がピラフの上に殻のまま乗った状態で提供されるというのが特徴的で、客は殻から身をほぐしながら食べることとなる。この作業がメヒコの醍醐味という人が多いが、身をほぐすにはご飯で手が汚れるので、身をあらかじめほぐした状態のものをオーダーすることも可能」、小生もいわき市のメヒコで頂いたが凄く美味しかった。

東東京チャプターメンバーなら参加OK!参加申込もお気軽に。

HOGファンライドin茨城へ!

4月3日土曜日。全国的に活動を展開しているHOG(ハーレーオーナーズグループ)JAPAN主催の「ファンライドin茨城・大子」へ参加。東東京チャプター加藤会長、宮本ロードキャプテンとメンバー7名と共に、エコ活動の一環として植樹をやってきたそうだ。hog152

 

 

 

 

 

 

 

 

気温10度と花冷えとなった4月最初の週末、お天気もちょっと変化が激しく、晴天と曇りところによっては雨が降ったようだ。

今年、東東京チャプターでは「HOG主催イベント」へ積極的に参加しようと、メンバーさんには機会を通してお声かけしている。この日も会場には全国各地のチャプターメンバー約350名が参集したらしい。今後も関東近県でのイベントを中心に案内して楽しみを拡大したい。