愛車の『非の用心』を!

さぁ~行くぞ “カチっカチdsc06748っ うっ エンジンがかからない”               そんな体験ありませんか?2月~3月にかけて当店へ一番多い電話は、バッテリー上がりである。この『バッテリー非常事態の発生』とは大げさだが、ツーリングの朝などで起きるとパニックだ。クルマのレスキューカンパニー「JAF」ここへも“セルモーターが回らないから来て欲しい”との電話コール圧倒的多く、60%は「バッテリー上がり」が占めるという。しかし、バッテリーの寿命は通常2年間。これを過ぎ上げてしまうと充電も利かない。3回目の冬を越せないモノが多く、それ以上使っているのはアタリと思ったほうがいい。

セキュリティー&イモビライザーなどの装着車両は、常に微電流を通電、そのためノーマル車両よりバッテリーは倍の電力消費と思って欲しい。クルマのバッテリーに較べバイク用は小さく、容量も寿命も概ね50%だ。これから春に向ってあたたかくなる。友人とツーリングへ!と思った朝「非常事態」が起きる。まさに『非の用心』を点検の実行で防ぎたい。dsc06740                 次の『非の用心Ⅱ』、タイヤの空気である。特にフロントタイヤ(写真は100/90/19インチ)19インチ21インチに空気圧低下の現象は多い。低い空気圧で走行するとフラフラしたり、直進安定性やカーブでのふらつきを招くことになり危険だ。1ヶ月に一度位はガソリンスタンドで給油時に空気圧(2.3㎏~2.5㎏)を点検して補充するか、当店でも同様の点検をお奨めしたい。冬場に長期間乗らなかった車両は、この2つは最低でもチェックしよう。

懐かしの愛車たち!

22311967年の夏、小生が新聞配達3年間のアルバイトで買ったホンダ・ベンリイCS90(写真)である。

当時の新車価格は72000円だったように思う。しかし、小生が購入できたのは黒い色の中古車。それでも流麗なTボーンフレームは、スマートでそれまでのバイクにない、スタイリッシュなデザインはカッコ好かったなぁ~。

当時のバイク仲間と共に、前傾姿勢によりフルスロットルで出たスピードは120キロ(メーター読み)。もっとスピードを出したいと素人整備ながらエンジン回りをイジり、友人達を抜きん出るのではないかと、キャブ・インシュレーターのポートの内側を磨いたり、メインジェット類を大径のものに換えたり、試行錯誤を繰り返した。そんな素人チュンナップに、最高速にはなんら変化は無かった。n36020051

そして、18歳で普通免許を取り、新車ホンダN360-Ⅲをローンで購入した。その購入後の事故失敗談は昨年のブログで紹介したが、またまたN360-Ⅱの中古車を買うに至った。しかし、クルマは若い頃から普通で、取り立てるものは少ない。

その後、オフロードバイクに目覚め、次に新車で購入したのが「XL250S」。フロントホイールが23インチの大径リムで、コーナーでは宇宙ゴマのような回転パワーが働いて立ちが強く出た。それでも後輪にパワーを駆けスライドさせながら抜けるコーナーリングの面白さや、ジャンプのスリル、着地からフルスロットル、タイヤの接地感を股間に感じながらの加速、変化が激しく迫り来るオフロードコースでのXL250Sは最高だった。また関西や中部地区の林道ツーリングによく行ったものだ。今でも、そのオフロードでの路面との接地感が、ハーレーのライディングに生きている。

ohmtriv8-22懐かしのホンダXL250S

春に向ってハーレー発進!

1月最終の土・日、dsc06712お天気に恵まれてはいるものの気温12度とまだ肌寒い。冬場といえ、あらたに購入いただいたお客様への納車が続く。そのお客様にとってこれからの1ヶ月間、車両の慣らしとご本人の運転と扱い慣らしもスタートする。ハーレーダビッドソン亀戸では、購入のお客様毎に万全なアフターサービスを提供すべく専任メカニックをつけている。車両の整備はもちろん、そのお客様のクセやカスタムなど、マシンメカニカルな分野を担当している。いわばハーレーやビューエルのかかり付け担当医の役割である。車両取扱説明の後に、記念撮影を済ませ納車セレモニーを終える。これからまだ寒い日もあるが、春浅い今後の1ヶ月(気温12度~18℃位)が空冷エンジンにとって最適な慣らしシーズンなのである。dsc066992                                               東京都内の交差点の多い街中での慣らしは、エンジンにはもちろん、特に真夏はライダーへの暑さの負担は酷なものとなる。慣らしを済ませ快適なライディングはこれからだ。そういう意味では、最高のバイクシーズンは4月~5月ではあるまいか。このたびはdsc06701納車おめでとうございます。これから春です。ツーリングやイベントも盛りだくさん。大いに楽しみましょう。

HOG新イベント始動!

hog_02_iconハーレーオーナーズグループ/H・O・G.の2010年からいろんなイベントが刷新される。そのひとつが「HOG FUN RIDE」(ホグ ファン ライド)だ。昨年までエコ・フレンドリーミーティングの名称で開催されていたが、今年から名称変更して東京で初開催となる。イベント概要はHOGニュースでご存知のことと思いますが、①エントリー不要 ②参加費無料 ③ご家族など知り合いとの参加もOK ④環境ボランティアとして植樹 ⑤ボーナスマイレージ500マイルとドリンクサービスなど。なお参加者全員の記念撮影は12:30を予定 HOGジャパン誌に掲載されます。開催日は3月6日(土)開催場所・東京サマーランドとなっている。    dscn1452気の合うメンバーを誘い合って参加してみよう!

レーシングストライプだ!

dsc066841ビューエルXB12Rに「レーシングストライプ」をセンターに太く2本ペイント。写真では分りにくいかも知れない。アメリカを代表するマッスルカーには必ずと云っていいほど入っている『レーシングストライプ』。同じアメリカ生れのビューエルにも似合うはずとやってみました。予想以上のカッコ好さにスタッフもニンマリしてしまった。dsc06694

カスタムペイントでアメリカンムードいっぱいのXB12R/2007の中古車ながら限定1台限り。新車のようなキレイな極上車は早い者勝ちです。20071209_02

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンマッスルカーといえば、このフォードムスタングですよね。このムードをビューエルで存分に堪能くだださい。

ハーレーで攻めの人生へ!

太平洋の水平線をバックに「新春ツーリングIn南房総」を共に楽しんだ、90名の東東京チャプターのみなさまです。                                                                                               img_3698-22今の不景気が別世界のような元気なシーンです。しかし、1月17日()、この真冬のツーリングに参加できることは、参加者自身の健康と、愛車の日頃の整備がカナメ。風邪をひいたり、ハーレーのバッテリーが上がり当日になって参加できない方もいたりする。この81台90名の参加者は、元気な朝を迎える準備がキチンとできている人たちなのだ。img_3491-33

 

 

 

 

 

 

初参加の方にとって、夏に買った人も、秋に買った人も、この新春ツーリングでは「冬装備」が本格的になる。しかし、先輩達の走りとカスタムされたマシン、ハーレーライダーらしいレザージャケットや、その冬装備は街のバイクライダーとは明らかに違うファッションである。

自分が思い描いていた「ハーレーの世界」が、チャプターツーリング参加のたびに塗り替えられる。その重ねる経験と、機敏な走りから次第に「私のハーレー」になっていく。趣味とは徹底的にその世界に溶け込む時間いう。特にハーレーの場合、スタイルや見た目が決め手となる、それが合理的で安全運転につながることだっりするものだ。ともあれ遊び方も、楽しみ方もいろいろだが、今回参加のみんなの顔が明るくて元気なことが一番嬉しい。そんなシーンが『クラブハーレー』の2月14日発売の3月号に掲載される予定でこちらも楽しみだ。

ウルトラCVO新カラー追加導入か?

pg_cvflhtcuse5_def_dom_ab_en_us_w1024-2USAハーレーダビッドソン本社のホームページで発表された「2010・CVOウルトラクラッシック エレクトラ グライド」が、「BLACK」カラーで新登場したようだ。日本での発売は、今のところ「未定」の域を出ないが“発売されるなら買いたい”とのご意思があれば、ぜひハーレーダビッドソン亀戸までご用命くださいね。発売決定後、一番にご案内いたします。2010年のCVOの中でツーリング系の充実度が高く、製作チームはツーリング系を得意としているのではないか?細部にわたり完成度と品質が極めて高い。pg_cvflhtcuse5_def_dom_af_en_us_w1024-32

すでにレッド、ブルー、オレンジを基調とした3色は、日本でも発売されているが、全車共に完売状態となっており、今後ブラックが導入されれば早期に完売するに違いない。