ハーレー大島へ嫁入り!

もう梅雨明けでしょうか。今日は猛暑の35度予報です。東京港からフェリーで8時間、ハーレーダビッドソン・ヘリテイジクラシックが大島へ嫁入り。アンコ椿は恋の花・・そうですあの大島なのです。この暑さのせいでしょうかヘリテイジに南国気分が漂っています。

dsc07997

 

 

 

 

【乗船を待つヘリテイジクラシックと純正ヘルメット】 

「品川ナンバー」ながら大島への納車はめったにない。ハーレーダビッドソン亀戸をご用命くださったことに心から感謝を申し上げたい。今後のアフターサービスは船での渡航のため、特に留意して納車説明をさせて頂いた。正規ディラーでの購入ならば3年間のメーカー新車保証や、全国サービスネットワークだから安心。但しキチンと定期点検を受けて”ユーザーとしての義務”を済ましておくことが重要で、もしもの保証整備の前提条件となります。ともあれ大島でハーレーの鼓動感を存分にお楽しみいただきたい。

dsc07999

 

【船積みの方々も大切に扱いコンテナーへ固定して戴いた】

数年前のこと、沖縄の竹冨島へもフェリーで送ったことを思い出した。お客様のつながりで当店を紹介くださり、はるばる遠くの地へオートバイを送るのは簡単ではあるが、アフターサービスが充分に行き届かないことだけが心配だ。その分、お客様の愛車への気配りと手入れが長持ちのかなめとなる。いつまでも美しく輝いていて欲しいと願がってやまない。

dsc08001

【大島のオーナーMさんのもとへ間もなく納車】

同じ年に納車した車両でも、オーナーの扱いと保管場所によって外観の痛みは大きく差がついてしまう。汚く乗ることが好きなオーナーさんは居ないと思うが、ハーレーダビッドソンは手入れをされ、ヒカリ輝いていてこそ「ハーレーらしさ」の要素だと思う。大島でも、もちろん都内でも、愛車ハーレーは自慢の輝きを保って欲しいな。

本場の味!

久しぶりに大阪へ行った。雨だったがその分、大阪城をじっくりと観た。懐かしく40年位前に一度来たような?そして大阪と云えば「たこ焼き」だ。

ca3f0054-2

 

 

 

 

 

 

 

【大阪城の黄金飾りが曇り空に輝く】

大阪には若かりし頃1年程住んだことがある。それも40年以上も前のこと。当時の大阪の街とは大きく変り、東京に負けないくらいの大都会に発展している。その頃の小生は、六甲山や生駒山などを「ホンダドリームCB450」で駆けていて、友人等の「カワサキW1-650」「マッハⅢ500」と共に、「オートバイ」それだけが愉しみのバイク野郎だった。ca3f0049                                            

 

 

その頃も、今も安くて美味しいタコ焼きは大好きだ。本場大阪のたこ焼き老舗「会津屋」ではソースをかけないで食べる、ダシの利いた「たこ焼き」だ。そとはカリッと、中はホコホコなとこを熱いうちに、そうタコのように唇を突き出し息を吸いながらほお張る(熱いと誰もがそうなるが)のが美味い。これを肴に冷たいビールを呑むともう極楽の境地。小生はこの食べ方が、やっぱり本場の味だと思っている。ホンマ旨いで~大阪のたこ焼き!

軽やかにツーリングモデルを駆る!

7月10日(土)激暑の関東平野を眼下とする高地、群馬県榛名山の「榛名湖畔」へ向けて当店ハーレークラブ「東東京チャプター」52名で目指した。

ca3f0042-2

 

 

【チャプタートップグループはベテランのツーリングモデルチームだ】

ハーレーダビッドソンに1年間以上乗り、かつ7千キロ以上を走行したオーナーならば、この写真の3台のカテゴリーは判るのではないだろうか。ハーレーの中でも車体も大柄、すべてが重量級のツーリングモデル。反面、地を這うような安定感はこのシリーズだけもの。その筆頭は「ウルトラ クラシック エレクトラグライド・FLHTCU」通称ウルトラである。この写真の赤いモデルがそれだ。先頭車チャプター会長が駆る「ロードキング・FLHR」、3台目は「ロードキングクラシック・FLHRC」。これらを成んなくあやつり軽やかにカーブを抜けて行く。まさに「ハーレー乗り」の真骨頂である。ca3f0046                

 

【涼しい湖畔、お子様もタンデムで参加のDチーム】

タンデム(二人乗り)ハーレージャパン調に云えば“ペアーライド”。このところ5組~8組となっている。小生の経験から云うと、タンデムでの走行はライダーには、一定のキャリアが求められる。後席の方もライダーに合わせるカーブでの体重移動やバイクへの乗り降りなど、こちらも一定の経験が欲しいところ。後席に乗せると、思った以上にライダー側には負担がかかり、また想像以上に後席の人の疲労もある。タンデムなら走行距離は300キロが目安だ。ツーリングモデル系でもウルトラのように、後席に背もたれとひじ掛けがあれば後の方の疲労感は大きく和らぐ。ca3f0045

 

 

 

 

【役員B氏が引率のBチーム・レディメンバーも加わりにぎやかだ】

一般論としてハーレーオーナーはカーブの多い峠道を好まない。ハーレーダビッドソンの走りのイメージや写真などに、真っ直ぐに伸びたアメリカ的なロードシーンが多いせいだろうか。ところがハーレーだって、ちゃんと操れば面白いほどにカーブとコーナリングをそれなりに愉しめるのだ。バンク角は浅くてもそこを臨界点として体で覚えておいて、車体を倒しこむ“セーフティセンサー”とすれば、転倒の防衛運転ができるのだ。小生の場合はバンクの際に、ブーツのつま先でそれを探りながらコーナーを抜けている。ハーレーも「遊び道具」と考え、“道具は使いこなせ”で接する。道具の使い方はスポーツ用具などと同様、「・・・が上手くなる本」をたくさん読んでも上達はない。ハーレーは走ってこそ軽やかに駆ることができるのだ。

涼感いっぱいの滝を見に行こう!

こう暑いと、見た目にも涼しい「」を見たくなる。昨日10日、「東東京チャプターツーリング」。土曜開催ながら参加者52名のメンバーと北関東の「榛名湖」まで走った。その湖畔は気温22℃実に涼しかったぁ~

makkura_5s1

【日光・霧降高原マックラ滝】

総勢50名を下回ることがないここ数年の我がチャプターツーリング。年間6回のスケジュールは役員会にて決定、多くのメンバーがその日を楽しみしている。中心となる役員の参加はもちろん、女性や初参加者は特に待望感が高まる。dscn2972-2「出会う・走る・集う」の我がチャプタースピリッツは不変だ。                                          

 

【古参のチャプターメンバーも役員同様の誘導と貢献に感謝】

それでも、もっとハーレーで走りたいとオフシャルの「チャプターツーリング」の合間を縫って、役員が交代しながらプランする「マイナーツーリング」。毎回20数名のメンバーのお馴染の参加者だけに、コースや走りのレベルも上がる。

何事も、幹事役や世話人さんは本番だけでなく事前の準備や、コース下見などいろんな想定に対応した本番までの用意もある。そんな役割をキッチリこなしてくれる役員さんの貢献と責任感。それらの行動に「尽くす精神」を感じるのか、「榛名湖」では初めての参加者からも感謝の言葉をたくさん聞いた。ハーレーオーナーの多くのメンバーが、オトナであり、その立場から物事をキチンと見ることが人たちだからだ。

さて、次回の「東東京チャプター・マイナーツーリング」を紹介しよう。

・開催日 8月29日() 

・メンバー限定となります。

・日光を抜けて涼しい金精峠を越え日帰り温泉を楽しみます。

・お申込はHD亀戸内のチャプターノートへ記入。shiraneonsen-yakushinoyu-11詳細もそこへ案内中。

 

高貴好例者ツーリングin笠森観音

ハーレーのオーナーさんの中でも、最年長のSさんをお供してシニアグルメツーリング!dscn60411千葉県にこんな古寺があったのかとみんな驚きだった国の重要文化財「笠森観音」京都の清水寺を思い起こします。

dscn6045

 

 

 

 

【重要文化財笠森観音の案内と参加者との収まりがじつに好い】

Sさんは、今年満82歳となった(前列右)ハーレーダビッドソン亀戸のオーナーさんの中でも、現役ライダーの最年長だ。Sさんは、「チャプターのみんなに迷惑をかけるから」と少人数のツーリングにしか参加されないが、左にいる東東京チャプター会長のKさん曰く「Sさんを目標にするとハーレーライダーとして、まだ10年以上も走れる夢がふくらむな~」と、ライダーとして、またご自身の健康維持へ励みになったようす。その後方にチャプターベストを着て参加した愛称「サブちゃん」も今年71歳。今回は初めて奥様を後に載せて参加され笠森観音では、夫婦そろって仲良く鐘をついた。dscn60491

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の「高貴好例者」の意味は以上ですが、このツーリングのもうひとつの楽しみは、お昼に戴く魚のうんまい店あきの金目鯛の煮付け。以前もここで紹介したが、最近は他のグループも多く、混み始めてきたので教えたくないグルメな店のひとつだ。dscn6063

 

 

 

【房総で一番美味しいあきの金目鯛の煮付け】

これをおかずにすると旨すぎてご飯がすすみ過ぎるのが難点。ダイエット中の方はご注意を!

熱いうちに取る大型二輪免許!

7月1日からスタートした「パスポートtoフリーダムキャンペーン」。昨日当店でご成約戴いたお客様をHDJへ申込したら、すでに76番目の順位だった。今回は厳正に500名限定。ノンビリ構えていたら案外速いペースで進んでいた。  *7月20日の現在時点では259名となり50%を突破しました。

dsc07930

 

 

 

【教習所へ当店から展示車を提供と共に今回のキャンペーンもPR】

このPRを見ていただいたのか、教習生の方の来店が増加傾向だ。それはとっても嬉しいことで3週間に1度展示車を換え、広報のPOP類も新たなものを造り換え、それらを掲示する営業スタッフの苦労が報われるもの。提携教習所の中でも比較的多いところで「大型二輪免許」教習卒業生は月間平均50名、普通二輪を含めると約100名と聞いている。多くの教習生が1日も早く大型二輪免許取得され、お一人でもハーレーに関心を持ってくれたらと願いつつ広報活動にチカラが入ります。dsc07931-2

 

 

 

教習生の方へ向けた特典POPです

ハーレーダビッドソンに乗りたい!そんな希望と購入のタイミングが合えば絶対にお得。車両購入を戴ければ「最高10万円免許取得支援」キャンペーンなのです。友人や知り合いがいらっしゃれば、ぜひ教えてあげてくださいね。dscn5792-2*但しスポーツスター系は5万円 (*XR1200系は10万円)

 

 

初のチャプターツーリングへ。赤リボンのEチームへM子さん

ハーレーダビッドソン亀戸主催の「ニューオーナーツーリング」に参加して自信をつけ、いよいよメインイベントの「チャプターツーリング」へエントリー。新車で買った愛車クロスボーンズがお似合いのM子さん。元気な女性が年々多くなって嬉しいものです。

愛車を守るために!

今も昔も変らぬ教訓がある。「災害は忘れた頃にやって来る」である。今夏は世界的に異常な熱波が襲い激暑となったり、国内では大雨による土砂崩れなどが起きている。そんな自然災害はどうしょうもないが、こと愛車ハーレーダビッドソンの盗難や、いたずらからの災害はせめて自ら守りたい。サマーセールでちょっとした防犯アイテムがあるので紹介したい。

dsc07916

 

 

HD純正/キー付きタンクキャップ/FLH系以外全モデル対応

めったにないイタズラだが、ガソリンタンクに「シュガーステック」と共にシュガーが投げ込まれたお客様がいた。フューエルタンクを外しすべてのガソリンを廃棄するという、面倒な清掃作業で機能は回復したが、これらやガソリン泥棒から災害を防げる。HD純正/キー付きタンクキャップ¥10700をサマーセールでなら¥7,490でお求め頂けます。dsc07928               

 

 

 

 

 

 

ディスクブレーキロック&リマインダーコード*オレンジコード】

出かけた先でちょっと使う「大きくない防犯グッズ」が誰もが欲しいもの。HD純正の「ディスクロック&リマインダーコード」ならば、装着したまま解除を忘れて走り出さないように「リマンイダーコード」をハンドルグリップに付けておくことができる。¥8970がサマーセールなら¥6280 通販でもお取次ぎいただけます。宅配手数料は別途かかります。