桜開花と桜海老!

真冬のような寒さが続いた3月末、その冷え込みにもdscn1947桜開花を迎えた。

先週、主催の「春のグルメツーリングIN河口湖」も冷え込んだ1日だった。桜開花におくれること1ヶ月位あとだろうか?駿河湾の桜エビまつりが始まる。現地で獲りたてを戴くと無茶苦茶に美味いっ!由比港では「桜エビ漁」がもう始まっているのだろう。食べ方はいろいろあっても、やはり新鮮な獲れたての「桜えびの生」の美味さに勝てない。ご存知だろうか?桜エビはマグロの刺身に較べ、カルシュゥムが2000倍だそうだ。カルシュゥム不足は現代人の特徴らしく、それがもとでストレスの消化や中和ができずに溜まっているのか?ヤワな人間が多いような・・。小生もそうだが日常的に牛乳や魚貝類を食べることが減った気がする。最近爪がすぐに欠けたりれたりするの齢のせいか?。東京からハーレーで2時間、この春も駿河湾・由比に行こうと思う。

o0548041110179205792-21

ラストセールス・ビューエル!

dsc07164-22010年モデルを最後に生産を終了したことは、業界はもちろんオートバイ乗りにはもうご存知のこと。そのビューエルシリーズがかつてない好調な販売が続いている。正直な思いを云うと2010年モデルの販売は、生産終了ニュースはマイナスに働き、これまでになく苦戦すると見ていた。ところが毎月計画以上の注文を戴き、2010年当店分は完売。今回の入庫車(写真)は、他のビューエルディラーさんの貴重な在庫車を、ハーレーダビッドソン亀戸にて販売させて戴いたイエローカラーの「XB12R」の2台。12s_act10-2                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HDJが正規輸入を始めた1996年から2010年の15年間(ビューエル社は27年間)当店も販売してきた。エンジンの原点をハーレーV型とし、独自の鼓動音のDNAもハーレーそのもの、低回転からエンジンのピストン運動がそのまま地面に、タイヤを介して伝わる豪快なトルク。特にコーナーリングからの立ち上がり時、ガバっと開けたスロットルに応え、フロントタイヤが路面から浮いたまま加速する。そんな荒馬を乗りこなすような感覚がたまらない。08e383a2e38387e383abdr1_46661ビューエルの個性はサーキットではなく、箱根や関東周辺の山々のワィンディングで楽しめる「ちょうど好い面白さ」なのだ。それはどのメーカーにもないビューエルだけのもの。このコントロールを体覚するとビューエルにはまる。“あやつる面白さに早く気づいた者”だけが堪能できる真実。いよいよ2010年のラストセールスへ

おかげさまでビューエルは、日本国内に残された新車在庫はわずかだ。

春のグルメツー報告速報!

 雨に遭わなかった。「春のグルメツーリングin河口湖」の決行日!dscn5066

ハーレーダビッドソン亀戸の、ハーレーツーリンググループ「東東京チャプター」の天候決行ルールは「当日の朝6時が雨かつ降水確率50%なら中止」。今日の天気予報とルールの「降水確率50%」迷った参加者のみなさんが多かったようだが、それでも75名が参加してくれた。今回は雨男も雨オンナもいなかったのだ。dscn50691(本日 朝6時時点 くもり 降水確率午後50%)

         

今日のような迷う天気に加えて、気温9度という真冬並みの冷え込み。このタイミングでランチが「ほうとう」なのは嬉しい。dscn5077

河口湖にある「宝刀屋敷みさか路」さんで戴きました。

午後からの怪しい天候も、チャプター役員の機転を利かしたコース変更によって、はやめ早目のリード効果か濡れる雨にも遭わず中央道の大渋滞にも巻き込まれず、全員無事に帰京できました。感謝!感謝! 

今回のツーリングスナップは近日中にHDKフォーラムで公開します。

次回、5月23日(日) チャリティー新緑ファミリーBBQツーリングin宮ヶ瀬湖 です。

永くハーレーに乗るコツ!

ハーレーダビッドソンに何歳まで乗れるか?HDオーナーの人生課題dsc07234だ。     現在、ハーレーダビッドソン亀戸のお客様の中では、最高齢は82歳。江戸川区在住Y・Sさんがいる(上の写真)。ハーレーの走りも軽快で、峠道を走るとライダーの技量は直ぐに判るものだが、Y・Sさんは上手くしなやかな動きは年齢を感じさせない。

江戸川区の自宅から江東区の当店までちょうど1万歩らしく、天気がいいと国道14号線を歩いてやって来る。その歩数を記録するため万歩計を腰に元気ハツラツだ。Y・Sさん曰く、「ハーレーに乗るために足腰を鍛える。そのためには歩くが一番」と自信タップリにおっしゃられる。故郷の石川県能登まで東京から600キロをFLHRロードキング何度か帰郷され、1泊2日で戻って来るタフさだ。       image4                                            Y・Sさんの愛車でありハーレーらしいFLHR・ロードキング    

動物は足腰から衰えが始まると云われる。その衰えを防ぐには運動することが最適だ。つまり歩くことに尽きるのである。効果的な歩き方があるようで、それに詳しい「歩くダイエット」で学んで欲しい。e784a1e9a18cしかし、頭で完璧にわかったしても、実際に歩き体験しないと始まらない。この春の桜並木を歩くことから始めてみてはいかがだろうか。永くハーレーに乗るコツとは、日ごろから歩くことのようだ。

東京モーターサイクルショー開催中!

毎年恒例の「東京モーターサイクルショー」が、江東区有明のビッグサイトで開幕した。image7今年は国内メーカーがニューモデルを続々と投入!会場の各メーカーブースにはもちろん、ニューモデルの展示や試乗会も開催している。気になるモデルに試乗してみてはいかがだろうか。最新モデルや人気モデルの試乗には、長蛇の行列は毎度のことだから、MCショー開催直ぐの午前中が狙い目。001l1                                                  

 

 

 

 

 

 

 

 

3月26日・27日・28日の3日間、行楽ついでに東京ビッグサイトに行こう!

惜しくも消え行くフェリー!

20091115-220dscn8177ここ数年、全国的にフェリーが廃止されたり運営会社が赤字で撤退と続いている。高速道路のETC割引も影響しているようで、伊勢湾フェリーも9月で廃止になるらしい。東京のオートバイ乗りにとって親しみのあるのは横須賀・久里浜港~千葉房総・金谷港の東京湾フェリーだろうか。ちょっと前(それでも10年位だが)まで、北海道や九州航路があった。そんな長距離フェリーにハーレー載せてツーリングを楽しんだものだ。特に北海道へ向うフェリーは、桟橋では誰もがワクワク感で乗船待ちをしていた。そんなフェリーが大きく便を減らしたり航路廃止になったりと寂しい限りだ。29004044_681    

それでも新潟から佐渡航路の佐渡汽船は、高速道路の影響は受けないものの観光客の減少に特別割引などで集客を図っている。今シーズン、フェリーを使ってのツーリングプランは貴重な想い出になるかもしれない。フェリーに限らず、時代の流れに乗って継続することの難しさはどの産業界も同じである。“継続はチカラなり”と改めて感じたニュースだった。

亀戸の桜開花は?!

dsc07133昨日22日、東京の桜開花を告げるニュースを聞いた。千代田区九段の靖国神社にある標本木が「開花の基準」らしい。小生は通勤で観る亀戸1丁目の桜の開花が親しみ深い。この写真は23日現在の状況だが、つぼみが膨らみ開花は目前だ。dsc07134全国に桜名所は数あれど、それぞれ「わたしの桜」があるのではないだろうか。ハーレーダビッドソン亀戸から150メートルほど行くとこの2本の桜がある。歩道の左右に1本づつあり満開になると「桜トンネル」になる。これからの1ヶ月間、桜を観にハーレーでのツーリングが目白押しだ。夜はバイクを車庫に置き、ハーレー仲間で花見で一杯やろうとこちらも満開になるだろう。