雑誌でも輝いてるチャプターレディー!

ハーレーダビッドソン専門誌「バージンハーレー」に我が東東京チャプターレディースメンバーのM・さんが取材を受けて7月号に掲載されました。

dsc07849

 

 

 

 

 

 

 

底抜けに明るくてきれいなM・Kさんチャーミングが誌面満載

東東京チャプターのメンバー総数は127名。このうち14名がレディースオーナーである。ちょうど10%強の女性メンバーだが、チャプター役員会では例年“レディースメンバー増加”が議題に上る。magazine_hyoushi                 

これまでも雑誌取材を多く受けてきましたが、当店のお客様がこうして掲載されると特別の嬉しさがあります。特に女性は絵になるといいましょうか、華やかさが記事やしい写真からりまで感じるような・・

6月27日発売の「バージン・ハーレー」7月号をぜひお求め戴きご覧下さい。

記事中にもあります「東東京チャプター・ツーリング」は、7月10日(土)開催予定です。メンバーさんは奮って参加ください。

ご夫婦仲良くハーレーを1台づつ!

あなた わたしもハーレーに乗るわ!』そう言って納車を迎えたかどうかはともかく、ご主人はハーレーダビッドソン・ローライダー、奥様はソフティル・デラックスのオーナーに。晴れてご夫婦が共に1台づつハーレーオーナーに。dsc07840

 

                                                    

   

 

 

 

 

【 女性オーナーの納車にアドバイスと緊張をほぐす営業スタッフ 】

ご夫婦でハーレーダビッドソンをそれぞれ1台づつ愛用頂いているのは、現在では珍しいわけでもなく、当店のお客様だけでも毎年10組以上を数えます。多くの奥様はハーレーが生まれて初めてのバイク。毎年ジワリと増え続ける女性20100613-e5aeaee383b6e780acbbq_059ハーレーオーナーなのだ。

 

 

 

ご主人はV-RODに、XL1200Cを駆る奥様のM・Iさん】  

小生がオートバイに乗り始めた1967年頃。女性が250cc以上のオートバイに乗ることなど目にも耳にもしなかった時代だ。女性ライダーが雑誌や業界ニュースに登場し始めたのは1980年頃からだったと思う。そして2000年はハーレー約9000台(新車登録台数)のうち0.5%(約400名)が女性となり、2009年は約1200人まで拡大した。大型2輪免許が教習所において20100613-e5aeaee383b6e780acbbq_027クルマと同じように取得できることが何より嬉しい。          

 

 

 

 

 

 

ご主人と共にハーレーを愉しむことで奥様同士若さがよみがえる

*ハーレーダビッドソン亀戸ではアフターサービスの一環として、新規購入者を対象に「ニューオーナーツーリング」を随時開催している。ショップマスターが(財)全日本交通安全協会「2輪車指導員」16251号の有資格者であり、ユーザーを交通安全から守りたいとの意識は高い。                                         

HOGで行く能登半島!

この夏、HOG主催「ツーリングパーティin石川」に参加して、ハーレーで日本海を望る能登半島へ行ってみては!お泊りは和倉温泉です。 開催日 8月21日(土)~22日(日)

evyfstljo39lj4pg7v

【 能登半島の見どころ軍艦島(見附島) 】

今回も300名の募集だが、全国のハーレーオーナーを対象にするHOGの泊まりイベントは、すぐに満員になってしまうから申込までが気忙しい。東京から能登まで目指して行くとざっと片道400キロのロングツーリングになる。コースを例にあげれば、中央道を走り松本市から穂高連峰を貫く「安房トンネル」を抜けると、そこは奥飛騨・高山市。東海北陸道に乗って白川郷ICで降り「世界遺産 白川村合掌造り」を見て行くのもおもしろい。aiku0101                      

 

 

 

 

 

 

  【ただいまぁ~!と云いたくなる故郷のような白川郷 

参加申込はFAXにて03-3456-2631 一人でも参加申込はOK ・1室2名29000円 ・締切り8月11日(水)または満員になり次第。それぞれの夏休みをハーレーダビッドソンでいかに楽しむか!そんな明日を創ろうではないか。                 

明るく照らすHIDライト!

HIDの白い光はヘッドライトにベスト。明るく遠くまで照らし夜の走行にも安心感が増す。dsc07623

 

 

 

 

 

 

【 当店試乗車のロードキングに装着したHIDキット 

「キセノンヘッドライト」は、「HIDヘッドディスチャージヘッド」などとも呼ばれているヘッドライトのこと。従来のハロゲンライトに比べ、消費電力は少なく、明るさは2倍以上の性能を持っています。キセノンライトの仕組みとしては、ヘッドライトの中にキセノンガスを入れ、そこに放電現象をおこすことで発光させます。ハロゲンランプとの違いを簡単に説明しますと、ハロゲンランプは白熱灯に近い仕組みで、キセノンライトは蛍光灯に似たような仕組みです。

dsc07622 

 

 

 

 

【 ノーマルのヘッドライト。その光量の違いは判然とする 】

日頃の夜間走行はあまりおすすめしない。オートバイは「防衛運転」が基本。相手側から目立つことが何より優先するのだ。これを装着すれば対抗車からの視認性が高まり、ノーマルにはない真昼のような白い明かりが走る先を照らしてくれる。2005年以降車から、2010年モデルのハーレーダビッドソン・ツーリング系には全車装着可能。ソフティル・XL系などはキット本体機器を収納するスペースの関係上、装着完成状況を事前に相談させていただきます。dsc07303                                             

 

 

 

 

 

 

【 VRSCDX・ナイトロッドスペシャル・オーダーカスタム完成 

「HIDキット」+取付け工賃含む、全車種共に4万円~48千円の予算となります。ご予約はお早めに!

夏の花は今が見頃!

蒸し暑くうっとうしいこの頃、この季節を活き活きする花たちが満開を迎えている。千葉県香取市、佐原水生植物園の「あやめ」と松戸・本土寺の「あじさい」を紹介。

large-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 佐原のあやめは数万本が一気に開花 】

花びらが柔らかでやさしい印象を与える「あやめ」、もっと云えばむらさき色や桃色が女性っぽくてほのかな色気も感じる。この水生花園周辺に地元名産の出店があり、利根川の川魚の佃煮、茨城名産の「干しさつまいも」などあったが、何処も似たりでにぎわいは無いような、また軽食メニューはこれまた何処にもありがちな「カレーライス」や「うどん」。炎天下で街外れの場所で食べる観光客はいるのだろうか?見た目に涼しくちょっと食べたくなる「冷たいカットすいか」や「カットメロン」とか、手料理的な「冷たいきゅうり1本漬け」などを売ってる方がもっとにぎわうと思うが・・・つい商人気質か、おせっかいな観察をしてしまう。cimg08821

 

 

 

 

 

 

 

 【 あじさいが咲き誇る松戸市・本土寺 】

境内をグルリと遊歩道を回りながら観賞できる。ここも鎌倉とならんで関東では有数の「あじさい寺」として有名だ。dscn5317

佐原も松戸市の本土寺も東京からハーレーダビッドソンでちょいと行くいい距離だ、晴れ間をぬって走ればいい気分転換になると思う。こちらの「道の駅・水の郷さわら」は、まだ真新しい施設。地元野菜など新鮮で安くて豊富、凄い来場者で溢れていた。雨にあたるのは誰もがイヤだからお天気具合を注意して行きたい。夏の花は大きく美しく今が見頃だ。

本場の味!長崎ちゃんぽん

東京で、「本場の味」との看板を鵜呑みして食べるとその多くが期待はずれ。しかし、ここ「丸福ちゃんぽん」は、九州の本場の味」だ。

dscn5945 

 

 

 

 

 

小生は九州・福岡県生れ、15歳まで福岡の田舎町で育った。“三つ子の魂”じゃないが、白いとんこつスープのラーメンや、ちゃんぽんはふるさとの「美味しい色」であり、この味を生涯忘れることはない。おふくろの味のそれと似ている。ずい分昔になるが、初めて東京の醤油ラーメンを見たとき、はしを持てずにその醤油あじの麺つゆに見入った。慣れないせいか美味しいとは思わなかった。“親しみや馴染み”というものを、改めて大切なんだと思ったものだ。

そんな経験から、「ちゃんぽん」も同じイメージを持ってしまった。全国チェーン店「リンガーハット」でも時々食べるが、ここで云う「本場の味」ではない。九州のとんこつスープから作るチャンポン店は建物に近づくと、とんこつスープを作る仕込みの湯気から香る、あの独特の“クセのある匂い”が外までしている。そんな「ちゃんぽん屋」から醸し出す匂いと、メニューに「高菜の油炒め」なんかがあると、まさに「本場の味と雰囲気」だと小生は思う。関東地域でそれを「本場の味」というならは、ここ「丸福ちゃんぽん」川崎市多摩区長尾4-11-4しかない。ちなみにここのおかみさんは長崎県出身。

dscn5947

 

 

 

 

 

 

丸福 特製ちゃんぽん 

最初に「丸福ちゃんぽん」を食べたのは、1986年もう24年以上も前になる。その頃からカウンターの内側で、チャンポんと野菜を炒めるフライパンを軽やかに扱う大柄なおかみさんは、もう70代だとか。そのおかみさんとは子供の成長や高校受検、景気が悪いね~などと話しながらチャンポンを戴いたことを思い出す。今日もまた、同じ話しに“いつまでもお元気で”思いながら「特製ちゃんぽん」を食べた。dscn4014

HD亀戸主催のハーレーニューオーナーツーリング

何業であれ、同じ業態の店は多い。その何軒ものライバル店を通り超えてわざわざ来てくれるお客さん。その理由は「味」!不変なのは本場の味と本物だけが選ばれる時代だと思う。

食べものとオートバイを同じに論じることはできないけれど、ハーレーダビッドソンは何処で買っても同じブランドだ。ならばハーレーダビッドソン亀戸店の「味」と何か?当店にてお求め頂いたお客様の満足と、購入のご縁を大切に「笑顔をいつまでも」いただけるようにアフターサービスや、楽しいツーリングなどイベント開催を心がけ「ハーレーなら亀戸だよ」と口コミやご紹介頂けるよう、まずはスタッフ全員『出会いは笑顔から』の初心を忘れずにいたい。

父の日をお忘れなく?!

ハーレーダビッドソンに乗ってるんだからお父さんはきっとオシャレ!と思います。さてさて、今日6月20日は 「父の日dsc077941です。

 

 

 

 

 

 

 

【 ハーレーに乗らない時もオシャレに 

ハーレーダビッドソン亀戸では、6月末まで「父の日」応援キャンペーン!店内の用品やハーレーグッズをお値打ちにお求め戴けます。dsc07796

 

 

 

 

 

 

 

【 ハーレーブランドベルトバックルも人気に 】                                    

みんなで行くツーリングシーンでは、お父さんのハーレーセンスの良し悪しはいやがうえでも露出してしまう。趣味の集りだけにシーンに合った着こなしは仲間内から自然に伝わり、その評判はジワリとみんなに拡がる「あの人、トシはいってるけどカッコいいよね」なんて・・・ハーレーオーナーだからこそ、こだわりたいシーンがあるんです。img_0049-21

 

 

 

 

 

 

 

 

 【どうです? 我が東東京チャプター会長はみんなの憧れ】