夏休みです!

image366               

       

        

    

    8月12日から17日まで夏休みをいただきます。ホントはロードキングで『北海道ツーリング』に行きたかった。この8月、何人かのお客様が北海道からメールで「今ノシャップ岬です」とか、「知床・ウトロに着きました」なんて愉しそうなツーリングシーンの写真添付を見ていると羨ましくて仕方がない。今年の夏休みは妻の実家(和歌山県)でお盆法要と温泉ざんまいの予定だ。実家の周辺は世界遺産・熊野古道や那智の滝、南紀勝浦温泉など豊富な南紀観光のメッカだ。名古屋から松阪市や伊勢市を経由・紀州の山々を抜けるR42号は最高のツーリングルートだ。ここを一度はハーレーでツーリングしながら行きたいと思っているが、惜しいことに今回は電車での往復となる。17日まで夏休みのためご迷惑をおかけしますが、18日よりリフレッシュした当店スタッフと共に明るくお会いしましょう!

真夏のハーレー熱いシーン!

073

ハーレーダビッドソン大編隊が行く!その言葉通りのシーンをやっと見ることができました。我が東東京チャプターの威風堂々たるこの絵は、何度見ても満足感に酔います。7月18日に開催した「09真夏の避暑ツーリングin榛名山・水沢うどん」でのこと。このシーンを撮るためチャプター役員さんには、先行してカメラを設置したりゆっくり先導したりと、お力添いをいただいたが、なにより参加のみなさまの安全運転の協力による賜物です。先頭車から63台の大行進。ここは群馬県・榛名湖畔、ゆるい下りからまた登る長いストレートは2000メートルはあるだろうか。たくさんで行くチャプターツーリングならでのこのシーンは、今年のチャプターベストシーンになりそうだ。

暑い夏はビールに美味い肴!

ca3907301この写真をご覧いただきビールが呑みたくなったら意を得たりです。さて夏真っ盛りですが、真夏らしいカラっとしない8月が残念です。実はこの焼豚は「長岡大花火まつり」で見たものです。大きく美味そうな肉と玉ねぎ焼こげが付くのを見てるだけでビールが呑めそうになります。8月2日・3日(月)開催された「長岡まつり」での有名な花火「フェニックス」には感動しました。花火を観て感動したのはこれが初めてでした。

ウィリーGをご存知ですか?その3

2009sdm-081ハーレーダビッドソンのデザイナーであり副社長である。また創業者ウィリアム・A・ダビッドソンの孫でもある。サマーディラーミィーテングinデンバーの会場で、ウィリーGに会うことができました。日本の大手自動車会社等の首脳陣では、こんな風に気さくに写真を撮ったりできないと思うが、そこがアメリカでありフレンドリーなのだ。現在のハーレーダビッドソンはもちろん、歴代の主要モデルのデザイン最高責任者として活躍している。来日してブルスカ会場なんかに居たら、ハーレーファンが殺到して私なんか近寄れないないだろう。ベレ帽とヒゲがトレードマークでカッコいい。そのうち私も真似してみようかな。

09サマーディラーミィーテングinUSA その2

dscn3194dscn31961

     

ハーレーダビッドソンとビューエルは毎年7月に次年度モデルを全世界へ向け、サマーディラーミィーテングにおいて発表する。今回は2010年モデルの発表となった。アメリカ・ミルウォーキィーにあるハーレーダビッドソン本社(HDMC)が、まずは自国向けを発表しこれに準じて世界各国の仕向地の仕様や、法規制に適合させて輸出される。日本仕様がお目見えするのは8月中旬過ぎとなる予定だ。このショーでは新型車両はもちろん、エンジンや車体の改良された箇所、新たな仕様部品が紹介される。会場に居るHDMCの開発スタッフ達は、担当マシンのそばにいて改善点やなぜそうしたのかを詳細に、かつ熱心に説明をしてくれる。とは言え悲しいかな小生は英会話がダメで、通訳を介してしか話せないのが歯がゆい。ここで新型にどのようなものが出るかは8月1日、HDJの発表を待ってからとお許し願いたい。

09サマーディラーミーティングinUSA

7月下旬の1週間毎年アメリカ本土で開催されるハーレーダビッドソン本社主催「サマーディラーミーティング」が、今年はデンバー市で開催されdscn3016dscn2982出席しました。デンバーに行く前にロスアンゼルスにあるハーレーディラー「バーテルズ」に立寄った。アメリカ西海岸では有名なディラーであり、全米でもレースやカスタムでは知らない人は居ないくらいだ。アメリカのハーレーディラーの多くは、店舗規模が日本の5倍と言っても過言ではない。ちなみに敷地面積は2000坪~3000坪が一般的な店舗である。ショールームや整備工場も比例してデカいので入るとため息が出る。アメリカではツーリング系が販売の主要モデル、写真右のFLTRは派手なペイントに加えフロントホイールが23インチと大径だ。今アメリカではフロントを21~23インチに換装して乗り心地をよくするのが流行っているとか。1週間のアメリカ出張記を、ここでいくつか紹介していきます。

明日を変える力

国会では、衆議院が本日解散しました。ご覧のポスターはハーレーダビッドソン本社が製作し全世界へ配信した「明日を変える力」です。昨年9月のリーマンショックによる経済危機は、アメリカ国内経済と企業は大打撃を受けています。ハーレーダビッドソンも世界的に車両売上がダウンしています。そんな暗いニュースばかりの状況と気分を脱しようと、ハーレーを取り囲む子供達の笑顔が大人たちに向って「明るく行こうよ」とメッセージを送っているように思えます。本日の衆院解散後、麻生首相は「子供たちに夢を。若者に希望を。高齢者に安心を。」と述べています。政治論はともかく今日は何か変化の始まる一日になるような気がします。

confidence3_poster1