ブルースカ~ィ南伊豆ツーリング(^^♪②

ハーレーダビッドソン亀戸主催ツーリングでは初の試み「日帰り&お泊り合体イベント」となった「南伊豆ツーリング」。

昨年で最終回となった「冨士ブルースカイヘブン」。それの代替えとして伊豆ツーリングを合体イベントとしたもの。

チャプターメンバーとビジターで総勢38名のエントリーとなった。

【日帰りプランゴールの土肥金山にて】

ひがし東京チャプターの活動は、会員が保有するハーレーダビッドソンを介して「出会い・集い・走る」を創る(^^♪…
チャプター役員は、ここを基本に毎月会議を開催しツーリング本番を迎えている。

参加申込金は、チャプター役員も同額です。もちろんハーレーダビッドソン亀戸は、参加費から一切の徴収をしていません。

【柄澤ロードキャプテンの誘導で安全ツーリング】

マスツーリングの最高に楽しいのは、同じハーレーダビッドソンに乗り、それぞれのライディングでの編成走行だ(^^♪…チームリーダーは、メンバーが等しく車間距離を保ちながら進行出来るように導く。

柄澤役員はそんな頼りになる、ひがし東京チャプターロードキャプテンなのだ。

【西伊豆スカイラインをかけて】

ワィンディングロードは、乗り始めのライダーにとって苦手意識が強いかも知れない。カーブをかけるコツは、100m先位の遠目視点でスロー㏌アウトのライン取りを描くように、それぞれの技量に合った走りをしたい。

同じチームメンバーに、自分よりも速く走れると思った方がいたら、走行中でも走行順番を先へ譲ろう。

【カーブは外足過重で車体をホールド】

車体重量が増すほど、手だけではコーナーリングは出来なくなる。「ニーグリップ」を馬術用語で聴いたことがあるだろう。オートバイもまた股間の「ニーグリップ」によって、inはチカラを抜き、アウトで車体を倒しながらコーナーを駆け抜ける。

【南伊豆・石廊崎は蒼い海】

本隊は温泉宿へ向かって行ったが、我々5名は石廊崎へオプションツーリング(^^♪…丘ハヤマが見える「あいあい岬」までワインディングロードをカモメのように駆け抜けた。

【南伊豆の絶景・丘ハヤマ】

【温泉宿・石廊館】

2019年は、年間2回の宿泊ツーリングを計画。この5月の伊豆ツーリング、そして10月5日・6日開催の「秋の温泉BIGツーリングin志賀高原・湯田中温泉」だ。

【修善寺・伊豆縦貫道】

今回も、全員無事にツーリングを愉しみ帰京しました。宮本会長をはじめチャプター役員には、誘導とチームリーダーとして活動に貢献いただきました。

サマーグローブ取り揃えました(^^♪

今年の夏は、5月からやって来た(^^♪…ツーリングシーンに見る「グローブ」も、夏仕様へ適応したベテランハーレーライダー。
グローブは冬仕様のままではムレてしまい、汗だくになってしまってライディングの妨げになる。

それに、いつまでもウィンターバージョンじゃかっこワル~い(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸へ入庫した「サマーバージョン・グローブ」のフルサイズが揃う今、お早い来店のタイミングでお選びいただけます。

【ハーレーファッションもサマーバージョンへ】

ここへホンの数点をご紹介いたします。グローブは手にはめて握ってみたり、広げてみたりして選んでください。S.M.Lサイズはあくまでも目安です。

【メッシュグローブ】

ハーレーダビッドソン純正グローブの価格は、6000円~17000円がコアゾーンです。

【てのひらにはレザー生地】

ハーレーダビッドソンワールドは、オフィシャルなモータークローズの着用でキマる。ヘルメット、ジャケットからグローブまでハーレーダビッドソンのトレードマーク「バー&シールド」【オフィシャルトレードマーク・バー&シールド】

【オフィシャルスカルマーク】

【メッシュワイドバージョン】

【レイン対応バージョン】

【サマーツーリングは高原ルートへ】

【フィンガーレスグローブ】

ブルースカ~ィ伊豆ツーリング(^^♪…①

5月と云えども、真夏の陽射しをうけながら集合した38名の亀戸のハーレー仲間。昨年の5月には「冨士ブルースカイヘブン」が開催されていた同じ時期のイベント。

今年から、ハーレーダビッドソン亀戸のオフィシャルツーリングに換え、日帰りプランと泊りを合体した新プランで開催。

ブルースカ~ィだけは、ふさわしいタイトルになった(*^^)v

ひがし東京チャプターのベーシックポリシーであり、それぞれの持つハーレーを介して「出会い・集い・走る」。

令和となって、初のオフィシャルツーリング。

【大観山からは富士山】

午前6時59分の海老名サービスエリアに集合。東名・厚木ICから小田原厚木道路を走りターンパイクを駆け上って大観山へ。

【ハーレーの中でもトルクフルなCVOパワーが冴える】

ターンパイクは、小田原から大観山まで15.752kmの大きなコーナーリングを続く企業運営の観光道路だ。2輪車の通行料金は520円とちょっと高めだが、心置きなくワインディングロードを愉しめる。

【CVOランクアップしたTさんも大満足の様子】

ハーレーオーナーになったのは半年前、ヘリテイジクラシックで出会い、4月からはFLHXSE・CVOストリートグライドへお乗り換え。ターンパイクを大観山まで連続する登りのワインディングロードは、CVOの1923㏄/117qviエンジンのベストステージだ。

亀戸のハーレー仲間では、3年以上のキャリアで乗り換えること多いCVO。わずか半年で、TさんはCVOのオーナーになった。
Tさんの恵まれた体格には、CVOストリートグライドがピッタリ似合う(^^♪

【ご夫妻でハーレーライダー(^^♪】

千葉県印西市のお住まいのKさん夫妻は、亀戸のツーリングクラブ「ひがし東京チャプター」のメンバー。夫妻ライダー揃っての参加率は100%だ。ご主人はFLTRSE/CVOロードグライド、奥様はヘリテイジ・クラシックが愛車。

【大観山から芦ノ湖越しに富士山を】

「日本百景」の云う呼び方で絶景が紹介される。この大観山から芦ノ湖を眼下に金時山の向こうにそびえ立つ富士山、その百景のうち、3番以内のランクに入るのではないかと思う!(^^)!。

【伊豆スカイラインを駆ける】

昨年の「ニューオーナーツーリング」に参加。以来「ひがし東京チャプター」のメンバーとなって、今回の温泉宿泊りツーリングにエントリーした仲間は多い。ラィディングに硬さを感じるものの、好いペースで伊豆スカイラインを駆け抜けた。

【コーナーリングにライダーキャリアが出る】

連続するコーナーの伊豆スカイライン。遠視点と車体を外側荷重でバンクさせながらコーナーを切り返しながら駆け抜ける。
これを低速時から自身の頭とカラダに覚えさせておくとことが肝要だ。

【土肥金山が日帰りツーリングプランのゴール】

参加したハーレーライダー38名のうち、日帰りプランは7名。温泉宿の泊り組31名。
日帰りプランは土肥金山でゴール。この後、南伊豆・下賀茂温泉・石廊館を目指す。

自分だけのハーレーダビッドソン(*^^)v

自分だけのハーレーダビッドソンを手にしたい。カスタマイズを新車のオーダから望まれる方が、昨年から少しずつ目立ってきた。
オートバイの中でも、ハーレーダビッドソンは「自分仕様」に進化をさせながら楽しむオーナーが最も多い。

【ハーレーダビッドソン亀戸で製作したカスタム】

輸入車であるハーレーダビッドソンは、正規ディラーのみで新車販売している。亀戸店のお客様が多いのは、江東区や江戸川区、墨田区など隣接する街で7割を占めるが、中央区や台東区、また千葉県市川市や浦安市など半径10㎞圏内で98%。

【XL1200Xフォテーエイトがベースマシン】

クルマと違い、趣味で乗って愉しむハーレーは最初に購入した店とのご縁から、メンテナンスを含めて正規ディラーと永いお付き合いになる。

時おり、遠くの販売店で買ったユーザーから「カスタムパーツをネットで買ったが付かない」などの相談を受けることがある。電話で聴いても車両状態が解らない。

販売責任を持つ購入店でその事を聴くことを奨めて終えるが、そんなお客さんの多くは、メンテナンスをしながら乗る車検対象のハーレーであることや、オイル交換やブレーキ調整などアフターサービスの必要性を購入時に考えていない方ばかりのようだ。

【購入されたお客様最優先入庫でご案内】

予約制にてご利用いただいているサービス工場への入庫。ハーレーダビッドソン亀戸にて車両をお求め戴きましたお客様、また日頃よりご利用の方を優先して入庫予約を承っています。

港の見える丘は薔薇の園だった(^^♪

5月中旬から、薔薇の見ごろを迎えている。

中でも、横浜・港の見える丘公園と山下公園の薔薇は圧巻だ。

【港の見える丘公園】

21日は全国的に大荒れの風雨となった。その翌日22日の水曜日に訪ねた。港の見える丘公園と山下公園の薔薇。
台風並の大荒れだった前日の影響も大したことも無く、咲き誇る薔薇が青空に映えていた。

【洋館と薔薇】

港の見える丘公園の周辺には洋館が点在。外人墓地が丘の斜面にあり異国情緒に溢れている。

【洋館にその国を思い浮かべる】

東京暮らしも40余年になり横浜へは年に一度は行っているものの(多くはクルマやバイクで)、電車で行くのはめったにない。

今回、錦糸町から総武快速で横浜駅からみなとみらい線に乗り換え、終点「元町・中華街駅」にて下車。
改札口からエレベーターに乗り最上の3階は「港の見える丘公園」だ。これにはびっくりした(^^♪

【初の和製ガラスが使用された洋館】

【横浜港を見下ろす】

【山下公園の薔薇と横浜ポートタワー】

横浜市では薔薇の養生にチカラを注いでいるという。その効果か、薔薇の種類と植付面積など、関東地区でもそれは最大ではないだろうか。

【横浜中華街も散策】

横浜・元町・中華街界隈、港の見える丘公園や山下公園など、地理的にも凝集していたことを改めて知った。
たまに、電車で移動すると鉄道ならでの利便性が解った。10月の秋の薔薇をまた訪ねてみたい。

ハーレーライダー雨にも負けず…!(^^)!

今朝から、台風並みの大雨と風が吹き荒れる亀戸です。
バイクツーリングを計画した当日、予報が外れて雨になることも年に数回ある。
ハーレーライダー雨にも負けず!と、心意気を持つものの出発前から雨の中へ走りだすのはつらい。

ハーレーダビッドソン亀戸の主催ツーリングへは、毎回60名以上の参加申し込みがあり、「雨天中止」のグランドルールは「前日の天気予報により降水確率が50%を超えると中止。

あらかじめ決めた順延日にリベンジとなるが、昼食会場へも延期連絡したりと、日程変更に伴う参加者の入れ替わりも多いだけに、新たな段取が必要になる。

【ツーリング途中で雨に遭うことも】

ここ数年の異常気象は温暖化から来ていると言われる。南国にみるスコールのような雨の降り方は局地的だ。

5月から9月のツーリングシーズンは、そのまま天候急変を受けやすくレインウェアが欠かせない季節となる。

【雨上がりの道はレインウェアのズボンが役に立つ】

過日、新車を購入いただいたニューオーナーへ…「ヘルメットにブーツとグローブ、そして、レインウェアがあればバッチリです」と…

購入のお礼と共に、お声をかけたら「雨の日は乗らないのでレインウェアは要らないです」(*_*;…と返ってきた。

それから約1ヶ月後、「レインウェアを買いに来ました」と(^^)…ねっ、やはりでしょ。

【ハーレーダビッドソン純正レインウェア】

【向かうところは青空へ】

1チームを8名から10名で編成、多くの参加者の場合8チームになる。チームの前後をサポートし安全運転を心がけながら進行する。その前後のサポートと、全体を誘導して先行するレンジャーチーム。役員一人ひとりの動きは安全なマスツーリングに役立っている。まさに役に立つロードキャプテン(*^^)v

【2019年のオフィシャルツーリングは晴れで始まった】

2019年のオフィシャルツーリングも1月、3月、5月と半分が過ぎた。そのずべてのツーリングにエントリー、またその間の役員へ参画。本番ツーリングは参加メンバーと同じ参加費を払い、チームリーダーやレンジャーチームと活動貢献していただいているチャプター役員に、まずはここで上半期の感謝を申し上げたい。

新緑の南伊豆・下賀茂温泉ツーリングへ(^^♪

例年、ビッグイベントとして1998年から5月に開催されてきた「冨士ブルースカイヘブン」が昨年で終了し、その代替イベントとして「新緑の南伊豆・下賀茂温泉ツーリング」の開催となった。

ハーレーダビッドソン亀戸の主催するオフィシャルブツーリングは年間6回。5月のイベントは、今後もオフィシャルとして展開。

オフィシャルブツーリング6回、そのすべてに参加すれば「チャプターツーリング皆金賞」を、年末望年会で記念品を進呈している。

【山梨県ミサカ峠を駆ける】

ひがし東京チャプターは、ハーレーダビッドソン亀戸が運営するグループだ。全員が車両購入をご縁にグループへ入会。日頃より点検整備やオイル交換など、愛車のメンテナンスを利用いただいているハーレーオーナーである。

【オフィシャルツーリングから】

オフィシャルツーリングは1月、3月、5月、7月、9月、10月の6回。このうち5月と10月は、1泊2日の温泉ツーリングだ。

この6回のオフィシャルツーリングの日帰りプランには、60名~80名の参加をみている。約10名のチーム編成によるグループ走行には、ツーリングリーダーによる引率と誘導が必要になる。

現在14名のロードキャプテン(チャプター役員)により、安全で快適なマスツーリングを展開している。

【ロードキャプテンの貢献に感謝】

ひがし東京チャプターのツーリングへ参加できるのは、正規メンバー130名と車両購入のニューオーナーのビジター参加で2回まで。今年も1月以降の平均参加数は65名。

この運営には、チャプター役員と誘導と引率が大切な活動となり、ツーリング終了後に開催する役員会では反省点を話し合う。そして、次回のチャプターツーリングに反映していく。まさにメンバーみんなの役に立つ人、役員なのであります。

5月25日、26日開催の「新緑の南伊豆・下賀茂温泉ツーリング」参加申込は、本日19日午後5時にて締切となります。