ハーレー亀戸への道案内/(^^)

JR亀戸駅・北口から徒歩5分…初めて来店する方にとって駅から近いことは分かっても、どの方向へ歩き出せばいいのかわかり難い。今回は、その立場で亀戸駅北口改札から徒歩経路を写真で案内しよう。


【北口改札の左手に近隣地図でHD亀戸の位置を目安に】

大判地図の下には、ハーレーダビッドソン亀戸の広告。「駅から徒歩5分でハーレーダビッドソン正規ディラーへ行ける」…これは車輛購入後の、メンテナンスや点検整備などで預けて、その行き帰りがとても便利だと、ハーレーオーナーであるお客様の声から、当店の駅近の有効性に気づかされる。

ちなみに、JR錦糸町・半蔵門線からも徒歩8分で着く。少ないものの、何人かの方が逆方向に歩いてしまい、その場所から問合せを頂いたことも。


【ここ道案内から徒歩5分】

国道14号線・京葉道沿い、千葉方面に向いて左車線沿いに店舗はあり、中央分離帯があるのでクルマやバイクは、下り車線側に位置することをつかんでいただくとスムーズです。


【ドン・キホーテを右に見ながら京葉道を歩く】

亀戸駅前通りは、明治通りと京葉道の交差点。ハーレーダビッドソン亀戸へは、交差点角の「ドン・キホーテ」を右手見ながら錦糸町方面に歩く。


【引き込み線のガード下をくぐるとハーレー看板が見える】

道を間違えることは誰にでもあること。間違えないポイントは「自分の立ち位置」をハッキリと分かっていることだ。最近なスマートフォンのグークルマップやヤフーマップなど、地図アプリがあり以前より間違って歩くことは少なくなった思われるが…。


【亀戸1丁目交差点】


【ハーレーダビッドソン亀戸】

週末は亀戸のディラーオープンハウスへ(^^♪

新たにソフテイルファミリーに加わり、今週末には、ハーレーダビッドソン亀戸の店頭には、デビューフェアも控えた最新モデル、スポーツ グライド・試乗車へ新登場。スタイルや乗り味を始めとした魅力を体感ください!!


【アンケート記入の方へは記念ステッカーをプレゼント】


【HD亀戸製作のフォーティエイト・カスタム】
サービス工場に於いてカスタマイズされた「XL1200X・フォーティエイト/カスタマイズ」も完成してショールーム展示しています。


【スポーツグライド発売記念ステッカー】

早桜ツーリングへのお誘い(^^♪

2018年 南伊豆・早咲きさくら・グルメ&温泉マイナーツーリングのお誘い!!

【対象】ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入のお客様…アフターサービスの一環として開催しております。


【南伊豆へのツーリングコース】

毎年恒例になりました「南伊豆・早桜&海鮮グルメツーリング」を本年も実施します。

宿泊先となる下賀茂温泉周辺は「さくらまつり」を実施中で、各種地元の出店も楽しみ。サンマ寿司やミカンなど南伊豆グルメが盛りだくさん!

【下賀茂温泉の早桜】

☆…2018年2月24日(土)~25日(日)1泊2日
☆…宿泊先  南伊豆 下賀茂温泉 
☆…募集定員 25名
☆…参加費  15000円(宿泊代金 一泊2食飲み放題付き)
☆…申込   HD亀戸へ参加費を添えて(満員叉は2/18〆)
◇…宿泊予約のため、雨天決行です。ハーレーをベースに、雨の場合は参加者の車へ乗合せで向かうこともあります。


【菜の花も沿道にいっぱい】
コースプランの詳細は参加者へ改めてご案内します。
写真は、関根フォトグラファーによる「2017年・早桜ツーリング」から。

ハーレーオーナーの若返り(^^♪

趣味の世界が、どの分野であっても、若い世代の加入には活気に満ち溢れて来ます。


【最新モデル・ハーレーダビッドソン・ファットボブ】

我々のモーターサイクル業界は、30年前まで「若者=バイク」と云われるほど、若い人の絶対的な存在だったオートバイ。


【ロードキング】
まだ多くの人が「バイクが若い人の趣味」…と、小生は観ています。車輛の大きさに違いはあっても、そのイメージを強く持っていると思われます。しかし、2000年以降、若者たちの参入が大きく減少。

これはモーターサイクルに限らず、クルマでも同じ傾向となっています。少子高齢化社会が云われて久しくなりましたが、バイクライダーもまた高齢化を迎えています。


【2018年中期発売モデル・スポーツグライド】

昭和24年を下回る交通事故件数へ。

2017年の全国の交通事故による死者数が、1949年の3790人を下回る過去最少ペースに。これは昨年の警察庁の発表。
昨年末までに(12/25現在)死者数は3609人で、前年の同じ時期と比べても190人も減少しているという。

1日平均死者数は約10人ということからも、例年と同じペースなら3700人を下回る計算になるというわけだ。
30年以前は、ここに「若者による2輪車による事故」と特記されていたこともあった。もう「二輪車は危ない」という社会的な認識も、大きさ変化している。

2018年アメリカツーリング日程・決定!

2年に一度、亀戸のハーレー仲間を10名集って行く「アメリカ大西部ツーリング」。今回は、新年早々に9名の参加が決定。残り1名を2月末まで募集中。

アメリカツーリング日程 6月13日(水)~6月20日(水)8日間
旅行費用 465000円 往復航空券・ハーレーレンタル5日間代金・滞在中のホテル代金を含む。


【ラスベガスを抜けると地平線へ一直線】

ツーリングの5日間は、参加者ご自身がレンタルハーレーを運転して移動し、日程を消化して行きます。ラスベガスから出発して、ラスベガスへ帰ってくる約1800kmのコース。

現地スタッフは、サポートカーに乗りチームの荷物を載せて同行しながら、ツーリング中はコース誘導や休憩場所を貸出の無線機をイヤホーンで案内。


【モニュメント・バレー】

アメリカの田舎道は、広く直線が多く行違う対抗車も日本の高速道路並みのスピードだ。また高速道路は概ね120km~140kmで流れており、我々チームもそれに合わせて巡行走行する。それ以下では、危険の恐れが高まる。


【最新HDモデルをレンタル】

日本国内で乗っている愛車のカテゴリーを参考に、レンタルハーレー会社は貸出てくれる。ロードキングに乗っているなら「FLHX・FLTR・FLHTC-L」だったりする。スポーツスタークラスのオーナーなら、現地ではヘリテイジクラシックに勧められる。

参加申込は1月31日を第一手配へ。最終2月末で終了となります。アメリカツーリング参加に関するお問い合わせはハーレーダビッドソン亀戸までお気軽に。

2018新春ツーリングは房総・御宿へ!(^^)!

毎年恒例の1月新春ツーリング。寒さが一番厳しい時になるが、今回の目的地は千葉県の外房・御宿町へハーレーオーナー82名が海鮮グルメを堪能(^^)

集合場所は館山道・市原SAへ早朝7時59分。この時の気温が-05℃。ハーレーダビッドソン・ロードグライドのメーター内外気温表示を見てい東京・亀戸は6時30分で4.5℃だったが市原SAでは更に5℃低い。そんな冷え込みでも亀戸のハーレー仲間86名が集う。


【市原SAに堂々80台が勢ぞろい】

真のハーレーオーナーは、季節に関わりなく走りを愉しむ。11月から2月の真冬の寒さを楽しむかのようだ。


【南房総・長狭街道をゆく】

今回の初参加者は6名のニューオーナー。それぞれに解散セレモニーでは、先輩ライダーへ挨拶をしてもらった。

【鴨川市シーサイドライン】


【御宿町・魚河岸料理 白鳥丸】

激旨のマグロ丼を目指して!(^^)!

お昼時は混み合うから、ホントは教えたくない千葉県勝浦市の「まるよ」。とにかく、たっぷりなマグロでご飯が見えない。
完食するには、朝ごはんは抑え気味にして、開店時間の10時半には現地にいないと行列にならぶことになる。


【マグロ丼】
亀戸のハーレー仲間・東東京チャプターメンバーの更新により、2018年1月20日現在では118名に達した。この勢いだと150名まで早い段階で届きそうだ。我等の共通点はハーレーでのツーリングが大好き、そしてグルメな食いしん坊だ!(^^)!

【海鮮メニューも豊富に】
このツーリングは平日プランで行ったもの。水曜日ではあったが「まるよ」の開店10時半には、ほぼ満席だった。


【大海老天丼】

店内へ先に注文した先客の料理が次から次へと運ばれて、あれも美味そうとみんな視点が同じように動く。極めつけはこの「大海老天丼」だろうか!(^^)!


【開店から15分で店内は満席に】

100名を超える東東京チャプターメンバーが寄せる、グルメなお店、お値打ちなランチのお店情報は今年も尽きない。