レザージャケットのシーズンを迎えて!

ハーレーライダーなら1着は、持っている「レザージャケット」。当然ながら革製であることで、もしもの転倒には身体を外傷から守り、革特有の通気性は防寒にも機能してくれる。
なにより、レザージャケットでバイクにまたがっているとカッコイイものだ。

【10月から秋のツーリングプランが目白押しだ】

オシャレな人がいる。カッコ好いと云われる人がいる。ハーレーライダーのイメージをどう捉えて、自分のセンスへ活かすか。60名を超える亀戸のツーリングへ参加したチャプターメンバーにもいて、そのキラリと輝るセンスのいい方はHDレザージャケットを着こなす。

【サマーツーリングin霧降高原から】

バイク用のレザージャケットは、袖が街着のものに比較して2㎝~3㎝長くなっている。ライダーがシートに座って腕をハンドルへ伸ばした状態を想定して縫製しているのだ。

試着時には、肩の位置を合わせて腕を伸ばしてみたい。丈や胴回りのフィット感を観る為、着たらファスナー類はすべてセットしてみよう。

【レザージャケットがお買い得】

ともあれ、お買い得なレザージャケットセールは、試着して自分にあったものをゲットする。この秋のツーリング準備の始まりです。

【レザージャケット・オータムセールスタート】

ショールームへトライク(3輪)現る!

今朝は涼しさを超えて半袖シャツでは肌寒いくらい。気温は22℃だから、バイクで駆けるにはちょ~ど好い気温だ。

ハーレーダビッドソン亀戸の前を女子高生が自転車で颯爽と駆けて行った。秋も目前に迫ってきている。

ショールームへ久しぶりに「トライク」、つまり三輪車ハーレーである。正式名称は「トライグライド・ウルトラ」。これまでに購入頂いたお客様の多くは普通乗用車の免許の方、大型二輪免許が不用だからである。

オーナーには、普段はクルマを乗られている方が目立っている。

【秋の空気がショールームの前を通る】

【トライグライド・ウルトラ】

トライクは3輪だけに、全域で走行安定性はバイクとは比較にならない。
また、この2019年モデルより採用された「トラクションコントロール」が、欲しいところにパワーを伝え、操縦安定性は大きく向上している。

エンジンは1868ccの最新ミルウォーキーエイトエンジンを搭載。大切な人をタンデムして秋のロングツーリングを(^^♪
車輛本体価格¥4,644,900

【ハーレーとの出会いエントリーモデルも豊富に展示】

秋のハーレーウェアーセール‼…Autumn Harley Collection Sale

HARLEY-DAVIDSON・Kameidoでは、モータークローズは今がお買い得(^^♪

このところ外国人観光客の方々からハーレーウェアーをお求めいただいております。都内のホテルのフロントより「日本語がプリンとされたTシャツはありますか?」との問い合わせが増え、「亀戸気質」「東京」の文字がプリント。

【モータークローズコーナー】
ハーレーダビッドソン亀戸ショールーム・モータークローズコーナーでは、コレクションウェアーを20%から最大50%OFFで大放出!

旧型番やサイズ偏りのTシャツは見切り処分にて50%OFF。

nheriting the symbolic DNA of Harley Davidson,
H-D® moto collection. Featuring a discerning modern classic design, the sophisticated senior casual creates an urban-style dress.20% to 50% discount

【HDサマージャケット】

【HDサマーシャツ】

【H-D Autumn clothes】
Harley Davidson Collection saves

【HDレザー&デニムベスト】

【H-Dレザージャケット】

【V-TWINコレクション】

【カーボーイハット/Cowboy hat】

ハーレー仲間で行く秋の温泉ツーリング!

猛暑も一段落したようで、参加申込みも7日以降から多くなってきた。

10月5日・6日開催の「秋の温泉BIGツーリングin志賀高原・湯田中」今回は、長野道から軽井沢を経て高原ルートを駆け抜ける。

ハーレーダビッドソンを購入から、最近はあまり乗れていないとのお声は少なくない。
今年も雨の週末が多かったこと、また猛烈な暑さだったこともその一因だろうか。台風のあと、空を見上げてみると秋の気配を感じる。いよいよツーリングシーズンの到来だ。

【2016年・秋の温泉ツーリングから】

万座ハイウェイから駆け上がる横手山へのワインディングロードが楽しみだ。さぁ~あなたのハーレーのタイヤを峠道で暖める時がやってきた。
☆…開催日 2019年10月5日(土)・6日(日)一泊二日
☆…目的地 志賀高原を経由して湯田中温泉へ
☆…参加募集 40名
☆…参加費 17,000円(宿泊・交通傷害保険・写真CD含む)

【2016年・女神湖畔にて】

車庫から出すまで気分的にグズグズしてしまうが一旦走り始めると「今日はツーリングへ参加してよかった~」なんて思う。その心境、誰しもが同じようだ。久しぶりのツーリングが、初心に還っていく自分に気づく。

【諏訪ICから中央道を東京へ】

ひがし東京チャプターのメンバーの半数がツアラーモデルを所有。この10年間でジワリと増えてきた。しかし、チャプターツーリングの参加者の多くはスポーツスターとソフィテルモデルが占めている。

乗って楽しんでナンボのハーレーは、それをやってる人勝ちなのだと心底思う。

【秋のツーリングフェアー開催中】

ハーレーダビッドソンからのランクアップ。ニューオーナーとしてのハーレーダビッドソン(^^)/…ショールームスタッフがご一緒に、今のあなたに適した1台!…をお選びいただけるますようアドバイスさせていただきます。

日帰り温泉へ癒しツーリング(^^♪

休日は日帰り温泉にいます~(^^♪…ここ何年かはそんな休日を過ごすことが多くなりました。

出かける前にネットで検索して新規オープンの施設を探し、亀戸から60分位で行けるところを選んで行く。

ありました~千葉県、2019年5月オープンの「小谷流・森の湯」です。

【森の湯】

東金道・山田ICから出て10分ほど走ると小谷流という地区にあった。ゴルフ場があちこちに点在する丘陵で、ここ「森の湯」もゴルフ場経営の施設のようだ。

入場料は地域にしては高めで、レストランも意匠され雰囲気は好く、メニューは豊富ながら代金はやや高めだ。

【源泉かけ流しの黄金色の湯】

この10年間で、日帰り温泉施設のレベルアップは著しいようだ。下駄箱キーやらロッカーキーを持ち歩き、館内の飲み物をコインでなんて時代遅れの施設は、近年で完全に淘汰されて来ている。

令和次代の施設の機能として、天然温泉に加えて岩盤浴、炭酸泉、この2点が無いと競争のスタートに立てない。美味しくメニュー豊富な食堂、館内着や岩盤浴着で1日過ごせるコインレス機能は標準だ。

垢落とし銭湯の時代は完全に終え、「癒しの日帰り温泉」から、さらにレジャー産業へ向かっているように思える。

実はハーレーダビッドソン業界も同じで、単にバイク販売とアフターサービスだけで善かった時代は終えている。モノ売りから「コトを通してモノを売る時代」へ入っているのだ。

【洞窟もあってアクセント】

お堅い展開になってしまったが、ここ森の湯の源泉かけ流しのお湯は黄金色で温度も39℃とほどよい。

露天風呂が広くてゆったりとし気分よく滞在できるが、日除けや屋根が無いので陽射しをモロにうけくつろげない。

リラクゼーションが無いのが小生としては残念だった。そんなことで「森の湯」評価は5☆中…☆☆☆です~(^^♪

秋に行く温泉ツーリングコース下見を完了!

毎秋の行く「温泉ツーリング」は今年の開催で32回目を迎える。毎回40名~50名の参加を見ていて人気のツーリングプランだ。
今回は、浅間山を望みながら志賀高原ルートへ駆け上がり、宿のある湯田中温泉に向かう。

そのコース下見と初日のランチ場所を予約。ツーリングでちょうどお昼頃に経由する嬬恋村で蕎麦の老舗・中居屋へ。

【中居屋の天ぷらざる蕎麦】

大勢の参加には初心ライダーもエントリーする。集合から目的地までの走行距離は概ね300kmである。スポーツスターシリーズなら2度の途中給油、その他のモデルなら1度の給油の距離だ。休憩場所はアスファルト舗装を選び、今回のランチ場所の蕎麦の中居屋でもゆったりした駐車場を確保できた。

【ツーリング・メインステージとなる浅間・白根火山ルート】

ハーレーに限らず2輪車は登り坂の方が扱いやすい。スロットを戻せば直ぐに減速するからだ。下り坂は、自重が重いほどコーナーリングでは奥へ進む。つまりオーバースピードになりがちだ。ライダーは、コーナーの出口のその先へ視点を置き、前後ブレーキの慎重な操作が求められる。

そのためにも、峠道ではライディングに差がでる。減速タイミングに違いが生じてこれまでも軽い追突を何件が見ている。車間距離と共に前を行く仲間のブレーキタイミングも計りたい。

【鬼押しハイウェイ】

天気に恵まれれば浅間山を望みながら鬼押しハイウェイを駆ける。

10月5日・6日開催の「秋の温泉BIGツーリングin湯田中」を駆けよう!(^^)!…参加者募集中!

この秋はツーリングモデルが大注目(^^♪

ハーレーに乗ろうと思った方がショールームにやって来る。
まだ、どのモデルを買うのかも決めていない。多くの方が、久し振りに乗ってみようかなオートバイへ。そんな思いが行動になって現れてのこと。聞けば20~30年振りのバイクだという。

本日ストリートグライドを納車のY様は、そんなおひとりお一人。今回の愛車はハーレー2台目になる。最初は2013年から、6年目となり、日本のライダー平均年齢の、まさにド真ん中の51歳のY様。

【お気に入りのワインレッドカラーが愛車に】
10月からの消費税引き上げを前にツーリングモデルの商談が多くなった。2019年モデル在庫がディスカウント5%、9月末までの納車なら20万円以上と純正パーツ&アクセサリーが20万円クーポンとお値打ちなのだ。
2019・対象モデル在庫
・FLHXストリートグライド
・FLHTスタンダード
・FLHRロードキング
・FLHRXSロードキングスペシャル
・トライグライド TRI GLIDULTRA

【エアクリーナーケースもカスタムへ】

【HDカスタム・スカルシリーズ】

【フットボードもスカル】

【ダービーカバーはスカル&ナンバー1】

亀戸のハーレーオーナークラブ「ひがし東京チャプター」には、メンバー140名、そのうちロードキャプテンを務め、みんなの走りをリードする役員が16名が活動している。その役員が云う「ハーレー走ってナンボだよ」と、チャプターツーリングに参加が乏しいメンバーへの激励だろう。持っているだけではもったいないのがオートバイなのだ。
【ハーレーは仲間と一緒に走って楽しむこと】

9月8日開催予定だったチャプターオフィシャルイベント「初秋ツーリングin那須高原」は台風15号接近に伴い中止。
11月10日(日)延期開催を決めた。メンバーの皆さん、どうぞ予定してください。