北海道ツーリング最果てステージに立つ!(^^)!

毎年の夏休み期間を利用して、小生ファミリーは4泊5日のロングツーリング。2015、2016と北海道ツーリング。今回はそのシーンを紹介。

小生の若かりし頃、1980年代ライダーなら一度は行きたい、いや行かねばならない「北海道ツーリング」だった。

そして、本土最北端の「宗谷岬」に到達してこのシンボルで写真を撮る(*^^)v…これをやることが青春時代の目標だった。
【野間ファミリーで宗谷岬へ】

茨城県大洗港から北海道・苫小牧港まで、或いは新潟港から小樽港までフェリーにバイクを載せ夜明け前に北の大地へ陸揚げ。

小生は、ハーレーダビッドソン亀戸を開店以降(夏季休業は5日間)ANAスカイツーリングを利用して、羽田空港から新千歳空港までハーレーダビッドソンと共に北の大地へ飛ぶ。

【全国からライダーが宗谷岬を目指して】

北海道ツーリングでは、行き交うライダー同士がサインを贈る。それはVサインや親指のイイネや、大胆に両手を振るライダーもいる。

宗谷岬には全国からやってきたライダー、それぞれのナンバープレートから判る。
【宗谷岬をぐるりとめぐり】

ツーリングはオートバイの旅。北海道ツーリングでは5日間の日程で4泊の宿予約をしている。朝から雨天であろうと、その宿のある目的地まで駆ける。

前回のコースを記すと新千歳空港⇒高速道路で道東へ⇒足寄町・オンネトー野中温泉泊⇒摩周湖、屈斜路湖、さくらの滝⇒紋別市泊⇒宗谷岬⇒稚内市泊⇒オロロンライン・サロベツ原野⇒留萌市泊⇒富良野市⇒新千歳空港⇒東京・羽田空港。

ANAスカイツーリングの問合せや予約はこちらからANA

【稚内港のドーム前で】

北海道は、ラーメンとジンギスカンが特に美味しい。

【富良野・冨田ファームにて】

ハーレーオーナーなら一度は駆けたい北海道(*^^)v

高田純次の「じゅん散歩」でハーレー大学校へ‼

ハーレーダビッドソン亀戸のサービステクニシャンスタッフのうち、専門学校・東京工科自動車大学校「ハーレーダビッドソン専科」を卒業したスタッフは3名が在籍している。

そのハーレー専科をTV朝日の番組「じゅん散歩」のなかで紹介。オンエアは6月13日(木)。ぜひご覧ください。

【東京工科・ハーレーダビッドソン専科から】

二年間の整備学科を卒業して、国家2輪整備士2級資格の受験資格を得る。今回、そのハーレーダビッドソン専科の授業中に訪れ撮影が行われたのだ。

【じゅん散歩の取材で高田純次さんが訪問】

ハーレーダビッドソン専科で学んだ基礎を活かして

毎年、ハーレーダビッドソン専科の募集学生は40名。卒業後の就職率100%と整備学校で極めて高い。入学の応募はこちらから⇒東京工科自動車大学校

【取材シーン】

【ハーレーダビッドソン専科卒業。HD亀戸/サービス工場に勤務】

好きな仕事を選んで就職する。そのことが「やりがい」「生き甲斐」につながるかを、先輩メカニックをみれば判っていただけるだろう。

【点検項目は72ヶ所に及ぶ24ヶ月点検整備】

ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場は、新車の初回点検から定期点検、車検整備など毎月100台~110台の整備車両を作業している。

彼らが、丁寧に整備した中古車は、ショールーム前の展示ステージに並ぶ。

大好きなモーターサイクルを整備できることを、仕事の歓びとするテクニシャン5名が、亀戸のサービス工場を働いている。

梅雨の間に愉しむツーリング(^^♪

6月から9月の夏季ツーリングプランには、雨による順延開催を考えながら計画している。

ツーリング前日の天気予報により、東京都内の降水確率が50%を超えていたら「ツーリング中止」。

これが、我々亀戸のツーリング・グランドルールである。

【集合時点では雨が残っていた】

しかし、早朝は降水確率が50%、その後午前中に回復していくとの予報に、ツーリングを催行することがある。
この場合、参加予定者へ個別連絡を徹底している。

また予備的な連絡として、このブログ「下町の出会い」でも、ツーリング催行と中止について案内をしている。

【途中の道の駅の路面もウエット】

我が社の創業以来34年間、車両購入を戴いたお客様へマス・ツーリングを愉しんで貰おうと、毎月のようにツーリングを開催している。
この時季、思わぬ雨に遭う事もあったりする。しかし、一旦出発をしたら、集合から解散までみんなで愉しむことを貫いている(*^^)v

【午後からは一気に天候回復へ】

これからのツーリングプラン、毎日天気予報をにらめっこだ(^^♪…6月9日開催の「夏のニューオーナーツーリング」も、前日6/8の正午に催行判断して、ここでもお知らせしていく。

夏のニューオーナーツーリング開催へ!

初めてのハーレーダビッドソン・オーナーさんを誘って!

ハーレーを新規購入の方、それまでのモデルからランクアップされた方、そんな当店のお客様をお誘い。
自身のスキルアップと車両の慣らし運転、何よりも走る楽しさを伝えたいと年間3回、春、夏、秋に開催しています「ニューオーナーツーリング」です。

【2018年秋のニューオーナーツーリングから】

オートバイはスポーツ! どんなスポーツも最初からウマい人はいない。ハーレーダビッドソンもオートバイ、それを道具として愉しむスポーツなんだと理解して進めたい。

購入間もないお客様へ「ニューオーナーツーリング」を案内。これは2005年以降より実施しており、それまで定期的に開催していた「オフィシャルツーリング」へお誘い。

しかし、ニューオーナーの方々から「ウマい人ばかりでスピーディーさに付いて行けない」などの意見が出て、それ以降ニューオーナーだけのレッスンを取り入れたツーリングをやってみたら大好評。毎年恒例になっていった。

【ツーリング途中のワンポイントレッスン】

ハーレーダビッドソンは250㎏を超える車体重量。道路に出して、乗れる状態ならどなたでも走れる、しかし車庫から出したり、バックさせたりと取り回しは簡単でない。これは扱い方とコツを覚えると自信につながっていく。扱えてこそ真にハーレーライダーとなる(^^♪

【ツーリングクラブ役員がサポート】

ニューオーナーは毎回20名。5名のツーリングクラブ役員が5名~7名のチームに分け進行する。2019「夏のニューオーナーツーリング」は6月9日(日)開催だ(^^♪…このオフィシャルツーリングへ参加されると、ハーレーライダーへ仲間入り!(^^)!

【2018オフィシャル・サマーツーリングから】

ハーレーダビッドソン亀戸の主催するオフィシャルツーリングは、毎回70名~80名超のビッグツーリングだ。次回は7月7日の「2019サマーツーリングin霧降高原・大笹牧場」(*^^)v

【わたくし野間のライディング】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入のご縁から、オイル交換やメンテナンス、また自分だけの仕様へ改良するカスタマイズと、お客様とのお付き合いは永くなります。主催するツーリンもそのアフターサービスの一環で、趣味の道具、ハーレーを存分に楽しんで戴こうと開催しています。

ブログ「下町の出会い」が、なんと本日はOUTで1位に⇒https://localtokyo.blogmura.com/koto_ku/ranking/out

ハーレー・ニューオーナーは夏の風に向かって!!

ニューオーナーとなり、納車お引渡しをハーレーダビッドソン亀戸でおえたS・M様…「エンジンの鼓動感と車体取り回しの好さからXL1200NSスポーツスターに決めました」!(^^)!…

…低中速トルクが定評のあるVツインエンジンは、高速道路においてもドコドコとシリンダーの心地よい爆発音を腰に感じながら、いつまでも走って行けそうな、ゆったりとした楽しさに引き込まれていく。

【ハーレーダビッドソンXL1200NSのニューオーナーS・M様】

6月9日(日)に開催する「夏のニューオーナーツーリング」へエントリーしている亀戸店のツーリングクラブ「ひがし東京チャプター」のメンバー。一昨日、ソフィテルからCVOストリートグライドへランクアップ!(^^)!…そのメンバーは誰か?その日までヒ・ミ・ツ(笑)

【最新2019・CVOストリートグライドへランクアップ】

CVOは、ハーレーダビッドソンの市販車にあって、最大排気量1926㏄エンジンを搭載した特別限定モデルだ。ひがし東京チャプターのメンバーの138名の内、CVOを所有する方は11名となった。車両価格も480万円~と別格(*^^)v

【亀戸エリア盛り上げレディー仲野さん「亀戸気質Tシャツ」お買い上げ】

ここ最近、亀戸を盛り上げようと地域で活動しているレディーの皆さまが、ハーレーダビッドソン亀戸のオリジナルの「亀戸気質Tシャツ」をお求め頂いています。

少し前に、浅草寺周辺をテレビ局が取材から「亀戸気質キャップ」がオンエアされ、その翌日から100個のキャップは完売に(*^^)v…亀戸気質グッズで亀戸が賑わい盛り上がってくれると嬉しいな(^^♪

6月衣更にて初心へ帰る亀戸気質(*^^)v

今日から6月スタッフ全員サマーシャツへ(^^♪…令和の新年号の夏へ衣替えを迎えましたハーレーダビッドソン亀戸です。

6月から8月の3ヶ月間は、年間売上でもっとも繫忙期となります。夏への衣替えで気分一新(*^^)v。

モーターサイクル販売を初めた1986年7月1日創業から、今月末で丸33年となります。

【ハーレーダビッドソン亀戸のスタッフ】

笑顔でお客様を迎えるショールームスタッフも、サービス工場のスタッフも同じサマーシャツへ衣替え。皆さまのご来店と利用をお待ちしております。

【ハーレーダビッドソン最新モデルが勢ぞろい】

これからオートバイに乗ってみたい!そんな思いをお持ちなら一度ハーレーダビッドソン亀戸へお越しください。

初めてのハーレーダビッドソンをご購入のご縁から、初心者向けツーリングへのお誘い、亀戸店が運営するツーリングクラブ「ひがし東京チャプター」への加入とビジターエントリーまでエスコート。

車輛のメンテナンスまでお任せいただけます。

【店頭では毎日ハーレー試乗会】

6月末日まで、車両購入のとってもメリットな特典の数々をご用意。
【ソフティル特典】
これから大型二輪免許を取得される方へ「パスポートtoフリーダムキャンペーン」で車両購入により10万円サポート。

【FXDR114®】
モデル別では0.99ローンの活用。ソフティルFXDR114には30万円オプションのご成約特典。

【お客様の素敵なハーレーライフをサポート】

ハーレーライダーも、サマーシャツへ衣替えシーズンです。ショールームでサマーシャツを取り揃えて皆さまのご来店をお待ちしております。

愛しきアイアン・ホース(^^♪

ハーレーダビッドソンを鉄馬と呼ぶことがある。「ライディング」・「ニーグリップ」など馬術用語からモーターサイクルへ使われる用語は多い。
馬もハーレーも疾走する、或いは猛スピードというよりも、駆け抜けて行くという表現が適しているように思う。

今日もまた、ハーレーダビッドソンオーナーが亀戸からデビュー(*^^)v…XL1200CXロードスターをカスタムペイント。長い付き合いの相棒となる愛車を自分の色に染めていく。

このカッコいいペイントに、スタッフも見入った。

【スポーツスターのニューオーナーT・H様】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車両購入を戴く、多くのお客様は店舗を中心とした半径10kmの地域にいらっしゃる。ハーレーを通勤や用足し等の目的で車両購入される人は皆無であり、休日にツーリングを楽しむため趣味。つまり遊び道具だ。

それだけに、購入の検討段階からディラーとの関係は単にモノ買いではなく、オーナーに合った車輌選びとシート高やハンドルの位置など、カスタマイズも一緒に創っていく。お得意様の始まりはこうしてスタートする。

【2年に一度の車検整備を完了】

新車から3年間、その後は2年間毎に車検整備を行う。これは道路運送車両法に基づくもので、バイクもクルマも同じではあるが、2輪車と4輪車では基本構造が異なり、ライダーの体感でコントロールする二輪車のメンテナンスはデリケートになる。

1990年以降、ハーレーダビッドソンなど主要メーカーは「正規ディラー」を展開している。30年前位まであった街の整備工場も今では消滅しつつある。純正パーツやメンテナンス情報は電子化され、かつての勘と経験による、単に整備や修理は自然淘汰されていく。

【ハーレーダビッドソン亀戸】

ハーレーダビッドソン亀戸のハーレーオーナーさんの平均年齢は54歳。最高年齢は91歳の下澤さん!(^^)!…ハーレーに手を染めると10年以上のお付き合いになる。愛しきアイアン・ホースはメンテナンスによってオーナーの安全運転が確保できるのだ。