オートバイとの出会い社会と共生!

永く低迷していたオートバイ市場が、わずかながらも復活の兆しが見えてきた。1980年代のモーターサイクル黄金時代と云われた需要の最盛期は320万台(50㏄~750㏄以上を含む)。
これをピークに、以降35年間は凋落傾向が止まらず昨年も40万台を割り込んだ。


【かつてのライダーが復活してきた・二輪車新聞から】

二輪車需要にやや明るい兆しが…ウェビックニュースに詳しいのでご覧いただきたい。⇒https://news.webike.net/2018/01/12/124132/

1980年代、20代~30代だった人たちは就職や結婚などの状況から、二輪車より離れていた。そのまま35年の時を経てその潜在需要の早苗が見えてきたのだ。日本の2輪車メーカー4社、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキは戻って来たユーザーを育てようと各社安全運転スクールを開催。

戻って来たライダーやニューライダー向けて「安全快適なバイクライフ」と銘打って需要創出に本腰を上げている。

このような活動によって、お客様を大切に育て企業イメージが向上し、結果として自社ブランドのモーターサイクルファンを増やしているのだ。


【ハーレーダビッドソン亀戸と教習所の60分体験レッスン】
ライディングレッスンを通してオートバイへの不安感を和らげ、自信につながっていく。


【オートバイは楽しい乗り物】

夏は東北ツーリングへ、或いは仲間と能登半島へと果てしない夢が尽きない。


【亀戸にハーレー仲間は136名がニューライダーを大歓迎】

教習所での試乗会やレッスンを通して出会い、ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入を頂きアフターサービスの一環としてツーリングへお誘いする。この取組みは当社創業32年間続けている。


【仲間と行くツーリングは最高の楽しみだ】

「モノを売る」には「コトが先にある」。ユーザーにとって、望む状態や楽しいコトがその先への想いがあるからこそ、手段として、道具である「モノ」を手に入れるのである。趣味の世界にはこれが鉄則だと1986年創業以来、小生はモーターサイクルビジネスの基本と考えている。。

ハーレーとのコンビネーションカラーで(^^♪!

カスタマイズ・ペイントヘルメット新登場! 115周年記念限定ペインティングは『 レジェンドブルー×ビビットブラック』。2018・FLTRXSE/CVOでは人気ナンバーワンカラー『ガンシップグレー』をハーレーダビッドソン・オフィシャルペイントカンパニー「Glant/グランツ」による限定生産。

【レジェンドブルー×ビビットブラック】

趣味の世界の究極は「自分だけの歓びの世界にいること」だろう。ハーレーダビッドソンワールドで云えば、他とは違うモノを持っている。つまり自分仕様を手にしている。それはさり気なく、他に誇ることもなく自己満足の世界。


【ガンシップグレー】
ハーレーオーナーに、自分仕様を追求する方が他のブランドよりも多い。他が持っていないカラーリングや、きわめて少ないカラーモデルを選ぶ方も少なくない。2018・ロードグライドCVOにペイントされた「ガンシップグレー」はハーレー史上でも初となる。


【車体カラーとコンビネーション】
115周年記念限定ペインティングは、昨年9月に日本上陸以来、好評だ。これまで95周年、100周年、105周年、110周年と5年毎に創業記念モデルを発売してきた。その中で今回のカラーリングは評価が高い。


【ガンシップグレーのオーナーなら(*^^)v】

Glant/グランツ/限定ペイント代金¥40000。ヘルメット別途購入となります。ペイント&ヘルメットのお問い合わせは、ハーレーダビッドソ亀戸まで(^^♪

2018・ブルスカ来場ありがとうございました!

年に一度のハーレーダビッドソン・ビッグイベント「冨士ブルースカイヘブン」。今年も、全国から8000名の参加を戴きました。

【濃霧に包まれた冨士スピードウェイ】
週末から天気は回復傾向にあったものの、東北地方は豪雨だったところもあり、19日の早朝のお天気は荒天となった。それでも我ら亀戸のハーレー仲間は、海老名SAへ8時に集結してブルスカ会場へ。


【亀戸テントでウェルカムドリンクで乾杯】


【会場では記念撮影】


【テントショップ村は大にぎわい】


【メインステージではライブで大盛り上がり】


【チャプターパレードへ亀戸隊!】


【チャプターパレードメインスタンド前から】


【冨士スピードウェイをパレード】


【二日目はブルースカイへ】

2018・冨士ブルースカイヘブンで会いましょう!

2018.冨士ブルースカイヘブンが明日からいよいよ開催!

【晴れました~(^^♪】


【ブルスカらしいお天気に】


【富士山スッキリ~】

グルメなら御殿場で海鮮ランチ(^^♪

5月19日・20日と冨士スピードウェイで開催の「2018・冨士ブルースカイヘブン」あと2日後に迫った。
全国からハーレーバイカーやその家族が集いキャンプとライブステージを楽しむ。


【亀戸のキャンプサイトはP7】

ハーレーダビッドソン亀戸のキャンプサイトはP7。東東京チャプターメンバーと家族の方々がキャンプサイトとして利用いただけます。また「HOGパレード」へ参加するノボリ旗を付けるスタンバイベースとなり、泊りや日帰りメンバーの駐車場も兼ねている。


【亀戸のハーレー仲間御用達魚啓の海鮮丼】

ブルスカへ来たなら小山町の隣、御殿場市内へ20分程で魚啓がオススメ。早目のお昼を目指して開店11時入店できるように早々に訪ねたい。

【魚啓の超デカかき揚げ天】
かき揚げ天は座布団並みの大きさ。友人たちとシェアして頂かないと単独では無理なメニューだ(笑)


【冨士ブルースカイヘブン・出店テント村】

冨士ブルースカイヘブン・入場チケットはハーレーダビッドソン亀戸で販売中です。

カラーリングのシブさで人気上昇中~(^^♪

ハーレーダビッドソン創業115周年モデルが発表されて8ヶ月、ご成約は実車をご覧いただく前にお客様でモデルを指名。お決めになって来店される方がほとんどです。

【115アニバーサリー・ファットボーイ】

亀戸のショールームでも、「115アニバーサリーX・マッドブルー」、ひときわシブさが際立っている。

【115アニバーサリー・ファットボーイ】

【115th-forty-eight】


【FLTRXSE・CVO】
戦闘機F-15イーグルを彷彿させるカラーリング・グレーペイントはロードグライドCVOのみ。2018年では人気がこのカラーリングに集中している。

CVOをアッセンブリする極上のパーツの全ては特別仕様。ワンランク上の上級車という存在感は誰の目にも明らかだ。


【ファットボーイの人気は底堅い】

ハーレーダビッドソン全モデルのカラーリングではブラックカラーが多くを占める。初めて購入されるニューオーナーは堅実な黒を選ぶ傾向は20年前から変わらない。

しかし、2台目のハーレーへランクアップする乗換えでは、ブラックを選ばず派手めか、シブいカラーリングとなっている。

2018冨士ブルースカイヘブン
19日(土)に開催される冨士ブルースカイヘブンへは、全国からハーレーを駆けてやって来る。彼らハーレーバイカーの愛車のカラーリングを観察するのも面白い(^^♪

19日は冨士ブルースカイヘブンへ!(^^)!

冨士ブルースカイヘブン
ハーレーダビッドソンを愛好する仲間が集って来た日本最大のバイクイベント。

ハーレーダビッドソン試乗やモータークローズの販売、これからブームを起こしそうなグッズやバイカーアイテムなどの専門店が多く出店。ハーレーオーナーに限らずどなたでも参加いただけます。

【試乗会は会場内コーナーへ】


【ハーレー1000台がサーキットをパレード】

亀戸店にて購入のお客様でパレード参加希望の方は、午後3時15分 「パーキング・P7」へ集合ください。ノボリ旗をハーレーに縛ってパレード出場準備を行います。(ノーマルマフラーでの参加となっています)


【ハーレーダビッドソン亀戸も出店】
ハーレーダビッドソン関連商品のお値打ち品が多数(^^♪…今年はATMが会場に用意されていませんので、大きな財布に買い物資金を積め、皆さまのご来店お待ちしております。
会場にはクロネコヤマトの宅急便も待機。たくさんお買い求めもこれで安心です。


【会場からは富士山も】
ETC二輪車限定ツーリングプランも活用いただけます。Webサイトより事前の申込が必要となります。

https://hayatabi.c-nexco.co.jp/drive/


【亀戸のハーレーオーナーさん】

東東京チャプターの皆さまは5月19日 Am8:00海老名SAのGS前・大型トラックパーキングに集合。8時30分出発です。

皆さまの冨士ブルースカイヘブンへのご来場をお待ちしております。