シーズン前に愛車のカスタマイズ!

今度の休日はハーレーで走りに行こう!
ハーレーオーナーさん同士が亀戸店のイベントを通して出会い、親しくなる友だちも増えて行く。
あるニューオーナーさんが「ハーレーに乗り換えこんなにも友だちと出会うなんて」と、亀戸のハーレー仲間で行くツーリングが、とても楽しみでならないとか!(^^)!

友人とツーリングが増えると、ツーリング先が遠くになり乗る機会も多くなる。また道の駅でのお土産などを買い収納スペースが欲しくなるもの。サイドボックスの取付オーダーが増加傾向。


【サイドボックスが必須アイテムに】

ハーレーならではのカスタマイズは、とても豊富で奥が深い。創業115年の鉄馬の歴史はアメリカ大陸を旅したノウハウが、今に伝えられているのだ。ハーレーを愛する者は、旅がとても好き!そんなライダーの共通点は多い。


【2泊3日の宿泊ツーリングでもOK】

鉄馬と呼ばれる理由に、このレザーのサイドボックスも少し関わっている。アメリカ西部開拓時代は馬の背に左右にレザーバッグに荷物を詰めこんで運んだ。そのスタイルは、現代もハーレーにとても似合い、多くのライダースタイルとして継がれているのだ。


【アップハンドルへカスタムも】

大らかなラィディングフォームはエイプハンドルから!(^^)!…その走りを周辺から観ると、まさにおおらかに楽しんでいるように見えるというのも。


【シートとステップでタンデム仕様へ】

FXDLS/ローライダーSなど、日本へ導入時には「乗車定員1名」と仕様だ。タンデム仕様、つまり二人乗りにするには後者用のステップとシートを装備しないと改造申請できない。

シーズンinを前にこんなカスタマイズも予約入庫が急増している。この10年間で東京でも城東地域のハーレーディラーが閉店が相次いだ。渋谷、池袋、浅草、足立環七などの4社4拠点が移転や撤退した。そこで購入のHDのアフターサービス先を失ったハーレーオーナーがHD亀戸へ問合せが増えている。

ハーレー正規ディラーの役割として、他社といえHD正規店にて購入された車両は受けられる範囲で入庫を頂いている。おかげさまで1ヶ月先まで、4名のメカニック作業予定はギッシリ。ご利用の皆さま、入庫予約と、整備完成後は車輛のお引き取りをよろしくお願いします。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。