軽いクラッチがライダーを幸せにする!

ハーレーダビッドソンは、ロギャーからトップギャーまで、5速&6速のマニュアル・ギャーミッション(変速機)を装備。

そのギャーシフト毎にクラッチ操作を伴い、都心や高速道路での渋滞時は、クラッチレバー操作の握りが重くて苦痛と云うニューオーナーは、操作が慣れないこともあり少なくない。


【油圧システム】

ハーレーもクラッチ操作は、ワイヤーによってレバーで行っている。一部の高級モデルでは油圧システムを採用している。

【マンバ製クラッチスプリング】

ツーリングモデルや、110cviエンジンを搭載するSモデルに適合の「マンバ製クラッチ・スプリング」が昨年秋の発売以来、大好評を頂いている。


【ソフトクリームの握りにゆとりも】

ダイナ・ワイドグライドからツーリングモデル(FLHTK)へランクアップした井上様。乗り換えた最初クラッチ操作の重さに苦心したと云う。早速、マンバのクラッチSPを装備したら、その軽さに感動した様子。


【ソフティルモデルにも適合】

クラッチ操作を軽くしたい。ツーリングモデルが適合だが、一部「」などにも適合している。


【ソフティルスルムS】

軽いクラッチが、GWのツーリングライダーを幸せにする。ロングツーリングの前にエンジンオイル交換をオススメ。ハーレーダビッドソン亀戸は、4月30日(日)まで(月曜定休を除き)通常通り営業しています。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。