エンジンオイルの交換は夏本番前に!!

エンジンオイルの役割は「潤滑」・「冷却」・「清浄」の3つの機能を果たしている。走行8000km以上からそれまでの熱劣化や酸化により3つの機能を落ちて来る。

特に気温上昇が著しい夏までに、新しいオイルへの交換をお勧めします。

【エンジン内を常時綺麗に保つ】

ハーレーダビッドソンに限らず、公道を走行するモーターサイクルは製造の段階からユーザーの利用には「メンテナンスをしながら使用する」前提で組み立てられ、世界各国の市場に出荷されています。


【100%科学合成の高性能オイル・SYN3】

オイル、ベアリング、パッキン、オイルシールなどは消耗度も高く、また経年劣化見られることから、3年毎、或いは1万㌔走行時など定期交換部品としてメーカーより指定されていることがあります。


【快適なツーリングは点検整備から】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車両購入されましたお客様には、サービス工場への点検整備入庫の対応させていただいております。

【CVOモデル/110cvi・1803㏄エンジン】

エンジン・トランスミッション・プライマリーケースの全てに使用ができるHD社が開発したハーレーのための100%科学合成の高性能オイル。CVOモデルでは指定オイルとされているスクリーミンイーグル・シンセティックオイル・SYN3(シンスリー)。

オイル交換おススメキャンペーン中!…入庫前に予約のご連絡いただければ幸いです。

*盗難事件…墨田区八広に於いてダイナが盗難に遭いました。持ち主の話によれば「前日にたまたまハンドルロックをかけ忘れたしまった」…近隣ではスクーターや自転車も盗難もあったようです。週末は特に注意ください。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。