2018年モデル・ハーレーダビッドソン新車発表!!…②

ハーレーダビッドソン2018年モデルが、アメリカ・ロスアンゼルスに於いて世界各国より参加した正規ディラーへ公開された。
また同時に、世界のメディア並びマスコミへ向け全NEWモデルを発表。

ディラーミーティング会場へ展示された、関心の高いCVO車輛画像がスタッフから送られてきた。

なお北米仕様ベースのため「日本仕様」の発表は、ハーレーダビッドソンジャパン/HDJからオフィシャルリリースは、間もなく公開されます。

今回のブログ亀戸気質・下町の出会いでは、ツアラーモデルでも人気の「ストレートグライド&ロードグライド」を、ピンポイントで掲載します。

【ハーレーダビッドソン本社前に集結した2018YM】

これから、2020年までに100モデルの新型車を市場投入するというハーレーダビッドソン。大いに期待するところですね。


【2018/FLTRSE・CVOロードグライド】

2018年モデルでの登場が待望されたFLTR・CVO。2017年では、FLHXSE・CVOでしたが、いよいよ8月23日よりオーダを承ります。


【ニューカラー・2018/FLHXSE・CVOストリートグライド】

グレーとブラックを基調としたニューカラーは、これまでにないCVOカラーだ。ガソリンタンク・グラフィックがこれまでの「HARLEY-DAVIDSON」から「バー&シールド」のHDロゴマークへ。

【ニューカラー/2018FLHXSE・CVOストリートグライド】

2014年モデルより彩かなオレンジカラーが毎年新登場している。2018年モデルから、よりシャープなラインとオレンジカラーをまとって登場。


【2018FLHXSE・CVOストリートグライド】

日本人好みと思われるブラックメタリック。


【2018/FLTRSE・CVOロードグライド】

8/23、アメリカでの新車発表のその日、早くもこちら「FLTRSE・CVOロードグライド」を、ご契約を戴いた上得意様である八潮市在住のJ・O様。

この度もご発注ありがとうございました。

【2018/FLTRSE・CVOロードグライド】

同じくブラックメタリックをまとうロードグライドCVO。それまでダイナやソフティルのオーナーだったから、ランクアップが期待される2018年ツアラーモデルです。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。