ハーレーに乗るための大型二輪免許!

例年12月~1月末位まで、自動車免許教習所は比較的空いている。早期に運転免許証を手にできるようだ。

その理由は、教習生徒が少ない時季とか。ところが2月~3月になると、「運転免許を持って就職」と生徒側に必須が始まる。そのため、大混雑らしい。

教習車両や二輪講師は限られる。これからの入校なら実技教習(実際に運転をする教習)の予約が取りやすい。気温が低い冬季だが大型二輪免許を早く手にするチャンスなのだ。


【教師もオートバイ台数も限られる】

普通自動車の免許を持っていれば、二輪免許は実技教習だけで済むのだ。ハーレーダビッドソン亀戸では5校の提携教習所があり、通学に便利はところを選べる。


【平和橋自動車教習所】

ハーレーダビッドソン亀戸の提携教習所のひとつとして推薦している「平和橋自動車教習所」は、入校から卒業検定までスケジュールされ、運転免許証を手にする日程が立てやすい。ハーレーニューライダーとなる日も同じくだ(^^♪


【2018年モデル・ハーレーダビッドソンソフティル】

1700㏄を超えるハーレーダビッドソンのVツインエンジンは、低回転で強いトルクフルな特性を持つ。このため、教習所で乗って来たオートバイとは異なる感じを持つだろう。

スピードではなく「風」と、ゆったりした鼓動感を楽しみながら駆けるハーレー。当店で試乗すると少し分かって頂けるはず。


【ハーレーは仲間がいっぱい】

ハーレーは仲間との出会いがある。バイクを購入当初は、自身の慣らしとハーレーの慣らしの日々が続く。走行距離も段々と延び遠くへツーリングしたくなる。

当店のツーリンググループ「東東京チャプター」へ入会し、チャプターツーリングへ参加。そこから広がる「出会い・集い・走る」のハーレーワールドだ。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。