ゆく年くる年にライダー人生を想う。

1979年当時の小生は、2輪メーカー「ホンダ」に身を置くサラリーマンだった。オートバイ販売店を巡りモーターサイクルを卸す仕事である。

その頃から、メーカー主体のライダースクラブが次々と創られて、ホンダでは「H.A.R.T」、ヤマハは「YESS」、カワサキは「KAZE」だった。

それぞれのモーターサイクルメーカーが、自社ブランドを愛用するライダーへの楽しみの提供と、ユーザーの囲い込みを目的としていた。


【HONDA・CR125Rモトクロッサーを駆る小生】

小生はオートバイが大好きでホンダへ入社。それに本田宗一郎社長へ憧れていた。今に至る当店のライダークラブ「東東京チャプター」も、小生の歴史的には、1970年代から2輪販売店で創って来た流れの一環となるもの。


【東東京チャプター・新春ツーリングから】

ライダーのモーターサイクルとの出会いは十人十色だ。昭和生まれで現在もライダーの方なら、高校生になると多くが自動二輪免許を取り、親からバイクを買ってもらった時代。そのバイクは50㏄から400㏄といろいろだった。

ハシカとは、誰もが一度はかかる病気、当時の会社の先輩が教えてくれた「バイクはハシカ需要だからな」…あとで、その言葉の意味が当時をよく現していたと感心したものである。


【東東京チャプターの走り屋さん(*^^)v】

亀戸のハーレー仲間に同じ質問をよくする。「あなたが生まれて初めて運転したバイクは?」…60歳以上の人に多いのはホンダ・カブがダントツだ。それも隠れて無免許で乗った(通行の無いところで練習走行)。60歳より下になると車種が、RD50、MBX50、マメタン50とガラリと変わる。


【ハーレーツアラーモデル】

ライダーにモーターサイクル名を聞くと、おおよそその人の「オートバイ乗りレベル」を想像できる。オフロードバイクの経験者は、コーナーリングや、峠道などワイディングの巧い人が多い。

ハーレーライダーにも、それまでのオートバイ経験が甦り、乗らなかった期間を早く「運転勘」を取り戻していく。それはコーナーリングスピードや、コーナーのライン取りとフォームから判るものだ。

オートバイはスポーツ。乗らないと勘は鈍ってくる。亀戸のハーレー仲間に70歳代は珍しくない。最年長の下澤さんは1月3日で90歳、ワイディングも中々だ。

【下澤さんは90歳ライダー】

年寄りのハシカライダーなどと云われないように、2018年は走る計画を立てよう。


【2018年に向かって(^^♪】

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。