春の陽気に最新モデル納車デ~!

6年間愛車だった「XL1200C・スポーツスターカスタム」からローライダーへ乗り換えられ、本日納車を迎えた葛飾区在住のMさま、御年74歳のベテランライダーだ。
快晴のもと、気温も15℃とポカポカ陽気となって納車日和に。


【最新2018年・ローライダーが新たな愛車】

それまでの愛車は1200ccエンジン。今度の愛車となる2018年モデル・ローライダーは1745ccを搭載。車格もビッグツインへ。


【2台目のライディングもはスマートそのもの】

S山様の愛車は「2018・ソフティルスリム」、最もシート高は低く、160cmの方でもカカトは地面に着く。

【2018・ソフティルスリムのニューオーナーに】


【フロントタイヤをクラッシックスタイルへ】

初めてのオートバイで、最も大切な操作は・・・「ブレーキ」を身体に覚えさせること。①に前ブレーキだけ ②後ろブレーキだけ ③前後のブレーキを一緒に・・・これを何度か繰り返し操作して馴染ませていく。

イザと云う時、カラダで覚えた体験が活かされるのだ。これらの練習は交通量の少ない場所を選んで行うことは云うまでも無い。


【試乗車・最新スポーツグライド】

バイクは試して買う。端的な表現だが重要なコツ。特に趣味で愉しむハーレーダビッドソンには絶対的なことだ。

当店のお客様の知り合いが試乗しないで車両購入。重量の大きさに取り回しの苦労が手元へ来て初めて判ったという。

また足つきもやっとでとても気軽に乗れないと、購入までのプロセスに【試乗】が無かったことを悔やんでいた。「購入前には試して買う」をお忘れなく。


【試乗車・XL883N/スポーツスターアイアン】

ハーレーダビッドソンは、約40機種が発売されている。亀戸ショールームには15機種を展示。現在ショールームに無くても、購入希望のモデル、バリエーション・カラーリングがメーカーより取り寄せが可能。

以前、亀戸のショールームに車両が無いと、他県の正規ディラーまで行って購入、後の点検整備などアフターサービスなど、事情を知り大手を振って来られないと恐縮されていた。


【ハーレーダビッドソン亀戸主催ツーリング】

年間15回開催の当店主催ツーリング、1開催当りのハーレーオーナーの参加台数は68台。最大93台となった新春ツーリング。
アフターサービスの一環として開催。ツーリングの参加対象は当店にて購入・車両とさせて戴いている。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。