春の黒潮グルメツーリング開催へ(^^)v

亀戸のハーレーオーナーが集って一緒に駆ける、恒例「2018・春の黒潮グルメツーリングin日本平」の開催が決定(^^)v…参加申込受付をスタートしました。


【日本平から清水港と富士山】

☆…【2018・春の黒潮グルメツーリングin日本平】
☆…3月25日(日)
☆…参加費 ¥3000(昼食、記念写真CD、交通傷害保険を含む)
☆…募集対象  HOG・東東京チャプター/ハーレーダビッドソン亀戸にて車輛購入の方
☆…定員  80名(タンデムOK)申込締切日/3月18日午後5時まで。

1月21日開催の「2018新春ツーリング」へは87名の参加。この「黒潮グルメツーリングin日本平」もほぼ同じ参加が予想されます。


【2018年・ヘリテイジクラシックオーナーのF井様】

2018年モデルより、フルモデルチェンジとなったソフティルファミリーモデル、それまでのダイナファミリーが「新ソフティル」として、ひとつになった。

2018年新春ツーリングから、その新型へお乗り換えや、新規購入のメンバーが続々とエントリー(^^♪。


【2018年・ローライダーのオーナーM宮様】

スポーツスターからダイナ・ストリートボブ、そしてこの2018ローライダーへとお乗り換えされたM宮さま。新車の感想を伺った…「軽快で扱いやすいから巧くなった気分になるね~、それに車庫入れや取り回しがラク」とベタ褒め。


【2018年・ローライダーのオーナーS水様】

ダイナローライダー、ツアラー/ロードグライド、そして2018ローライダーへ。3台目となるハーレーダビッドソン。いつも奥様をタンデムしてツーリングへ参加している。新車の感想をお聞きした…「これまで中でも一番乗りやすいね~」と、これまた軽快さが売りの「新ソフティル」の核心を手中にしたようだ。


【ロードキングスペシャルオーナーのK村様】

前はファットボーイロー、そしてFLHRS・ロードキングスペシャルへランクアップしたK村さま。ソフティルモデルよりも深いバンク角はワィンディングが楽しいと、ツアラーモデルがすっかりお気に入りの様子。


【2018年中期発売のスポーツグライド】

例年8月より、次年度モデルは発表・発売されるハーレーダビッドソン。この「新ソフティル・スポーツグライド」は新年1月の中期発売の最新モデルだ。ハーレーダビッドソン亀戸の試乗車だが、チーフが新春ツーリングからライディング。


【東東京チャプターを誘導するレンジャーチーム】

2月17日現在、亀戸のハーレーオーナークラブ「HOG東東京チャプター」のメンバー数は126名。このペースでいくと秋には150名を超えていきそうだ。

オフィシャルツーリングへの参加者数が80台を超えることも珍しくなくなった近年、参加ライダーの安全とチームランを誘導するには、レンジャーチームメンバーの高い運転技術と、80台を行く手の一歩先を読んだ案内が要になる。

2018年度から、東東京チャプター役員は15名から18名態勢へ。ツーリングのより高い安全な誘導と、メンバーととのコミュニケーション。何よりも、楽しいツーリングを創るチームエンジンとなって欲しい。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。