2018年ファイナル【ハーレー納車セレモニー】(^^)/

ニューオーナー3名様の、平成30年最終のハーレーダビッドソン納車を完了いたしました。
すべてお客様の「ハーレーダビッドソン納車」は、車両の取扱説明を終えて店頭記念写真による「納車セレモニー」を行っています。

初めてハーレーを手にした嬉しさと緊張感は、ニューオーナーの特徴であり、初々しく微笑ましいものです。

来る新年は、慣らし運転の真っただ中と思われますが、初回点検までの800kmをハーレーのナラシとライダーの慣らしも、2019年の干支イノシシにならって、安全運転でまっしぐら(*^^)v

【中央区在住のトライグライドオーナーA達さま】

A達さまはトライグライドの他にもハーレーダビッドソンを所有されていて、「トライグライドは立ちごけの心配が無いし、交差点で脚を出さなくても停止できるのでイイ~~よ」とおっしゃる。

【中央区在住のXL1200NS/ナイトスターはK・T橋さま】

XL1200NSは人気モデルに。スポーツスターの軽快さや、日帰りツーリングに最適な気軽さと、全長や幅など車体サイズが都心のマンションの2輪車駐車場への収まりの好さもあるようだ。

【台東区在住のFXDLSのI・K嶋さま】

新車は早期に、あっという間に完売した「FXDLS/ローライダーS」は、いまだに問い合わせを戴く。その人気モデルのニューオーナーとなったK嶋さまの喜びはこちらの笑顔で象徴しています。

この一年を振り返ってみると、ハーレーダビッドソン亀戸において新規のご購入者の平均年齢は、例年に比較して10歳くらい若返っていると思われ、45歳前後で多数を占める感じを持っています。ニューオーナーツーリングに参加される皆さまを思い浮かべてみても、同じ印象です。

ハーレーダビッドソンといえオートバイ。オートバイライディングはスポーツ。反射神経や運動能力は一歳でも若い方が適している。

少し前まで60歳以上の新規購入の方が少なくなかった。スポーツスターシリーズが年間販売の半数近くを占めるこの数年の傾向は、オーナーさんの若返りにもつながったようです。

本年ラスト営業日となりました。ハーレーダビッドソン亀戸の年末年始休業は12月28日から新年1月4日まで。

車両をご購入、またご利用くださった皆さま、本年のご愛顧ありがとうございました。来る新年をどうぞ健やかにお迎えください。

本ブログ「下町の出会い・亀戸気質」も、店舗と同様に年末年始のお休みを頂戴いたします。佳いお歳をm(__)m

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。