ハーレーと云えば「ファットボーイ」(*^^)v

「ファットボーイ」はハーレーダビッドソンを代表する人気モデルだ。

1991年のデビューから28年、時代のトレンドへ合わせながらも、独特のスタイルとカルチャーを主張している。

ソフティルのラインナップを飾るハーレーダビッドソンの人気モデル「ファットボーイ」。新たな人気は2018年から再燃してきたようだ。

【荒川区在住のK・Yさまの愛車となったファットボーイ】

お引き渡しを終えて、自信と不安が混じった心持ちで出発する直前のポーズ(^^♪…
ハーレーダビッドソン亀戸へおいで頂いたお客様と店頭で車両のご案内している稲葉店長。
こちらのお客様もファットボーイをご予約されて行かれました。
江東区のI井さま、ご予約ありがとうございましたm(__)m

【車両取扱説明も丁寧にお伝え】

ハーレーをお求めくだったお客様にとって、これから始まるハーレーライフは、何よりも安全に愉しむために手にいれた1台である。販売責任としてのサポートと共に、当店主催ツーリングへもお誘いしたり、永いお付き合いをスタート。

購入時のお値打ちな価格の商談以上に、ハーレーオーナーにとっては、これからのアフターサービスが要になる。

【ファットボーイの人気はジワリとシーズンと共に上昇中】

空冷Vツインエンジンは1868㏄(114cvi)で強力なトルクフルなパワーで大地を駆け抜ける。

【亀戸のツーリング仲間にもファットボーイは少なくない】

始めてのビッグツインモデルのハーレーダビッドソン選びに誰もが迷う。迷ったらファットボーイかヘリテイジクラシックがベター&ベストとアドバイスしている。

【ファットボーイ・ホワイトカラーのご予約】

ファットボーイ…その歴史は28年間の歩み。

ハーレーに限らず趣味で乗るオートバイは、購入後のアフターサービスがとても大切になるもの。コンピュータを搭載したモデルは年毎にバージョンアップを行っており、メーター内のランプ点灯が警告なのかサインなのかも、一般のHD非販売店では診断できない。

以前、某ランドでタイヤ交換のあと、後部から異音がすると当店へハーレーの診断に見えたお客さんは、日頃の点検整備も正規ディラーではなく「安いところで」らしいお話。

その異音の原因は、ドライブベルトの張力不良だった。値段だけで判断してしまうお客様ばかりではないが、ハーレーオーナーに相応しく、信頼と確実なところを選び、自身の安全と愛車へお金を使って貰いたい。

ツーリング開催もまたアフターサービスの一環で行っています。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。