高田純次の「じゅん散歩」でハーレー大学校へ‼

ハーレーダビッドソン亀戸のサービステクニシャンスタッフのうち、専門学校・東京工科自動車大学校「ハーレーダビッドソン専科」を卒業したスタッフは3名が在籍している。

そのハーレー専科をTV朝日の番組「じゅん散歩」のなかで紹介。オンエアは6月13日(木)。ぜひご覧ください。

【東京工科・ハーレーダビッドソン専科から】

二年間の整備学科を卒業して、国家2輪整備士2級資格の受験資格を得る。今回、そのハーレーダビッドソン専科の授業中に訪れ撮影が行われたのだ。

【じゅん散歩の取材で高田純次さんが訪問】

ハーレーダビッドソン専科で学んだ基礎を活かして

毎年、ハーレーダビッドソン専科の募集学生は40名。卒業後の就職率100%と整備学校で極めて高い。入学の応募はこちらから⇒東京工科自動車大学校

【取材シーン】

【ハーレーダビッドソン専科卒業。HD亀戸/サービス工場に勤務】

好きな仕事を選んで就職する。そのことが「やりがい」「生き甲斐」につながるかを、先輩メカニックをみれば判っていただけるだろう。

【点検項目は72ヶ所に及ぶ24ヶ月点検整備】

ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場は、新車の初回点検から定期点検、車検整備など毎月100台~110台の整備車両を作業している。

彼らが、丁寧に整備した中古車は、ショールーム前の展示ステージに並ぶ。

大好きなモーターサイクルを整備できることを、仕事の歓びとするテクニシャン5名が、亀戸のサービス工場を働いている。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。