ハーレー電動バイク『ライブワイヤー/LiveWire™』は2020に!

ライブワイヤーはハーレーダビッドソン初のEV(電動)バイクだ。

【ライブワイヤー/LiveWire™】

これまでのバイク市場はガソリンエンジンが主流だったが、ライブワイヤーなど電動モーターサイクルに成功の如何では、
一気にその流れは変わるのではないか。
ライブワイヤーは今後ハーレーダビッドソンと、世界のバイクマーケットの歴史を大きく変えるEVバイクになるかもしれない。

【ライブワイヤー/LiveWire™】

3秒で0から100kmへ!

スロットルを握るだけクラッチレスの快感ギアはいらないハンドルを握るだけで走りが始まる。

【ライブワイヤー/LiveWire™】

LiveWire™には、フィン付きのアルミキャストハウジングで囲まれたリチウムイオン電池から構成される高出力バッテリ(RESS:充電式エネルギー貯蔵システム)が搭載されています。

この高出力バッテリーにより、シティモードで140マイル(走行距離225キロメートル)または、渋滞走行とハイウェイモードの組合せで88マイル(142キロメートル)走行可能だ。車輌価格は約320万円

7月19日、テレビ東京で「10年で販売台数3割減 苦境のハーレー 切り札は? 」ここでもライブワイヤーを中心に放送されていた。オンデマンドで見られるのでよろしかったらご覧ください。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。