新車へお乗換えして涼風ツーリングへ(*^^)v

葛飾区在住の新井様は、2011年秋にハーレーダビッドソンXL1200Cでニューオーナーデビュー…6年間愛用、2017年2月にはビッグツインモデル「ローライダー」ランクアップ。

そして、今夏8月には念願だった、ハーレーらしいツアラーモデル「FLHXS・ストリート」のオーナーへ!(^^)!

【ハーレーダビッドソン亀戸にて納車セレモニー】

ハーレーダビッドソンには45機種のバリエーション。初級クラスの750㏄~1200㏄、上級クラスのツーリングモデルまで豊富だ。

スポーツと同じく基本的な乗り方から始め、月に走行500kmくらいは乗り、近距離でのツーリングを楽しみにながら運転技術を上達していく。

【前モデルはローライダー】

常に愛車の定期点検や車検整備は、ハーレーダビッドソン亀戸へキチンと依頼してプロの確かな整備に託す。
時おり、バイク仲間から「整備の巧い友人がいて安く整備とかをやってくれる」などと誘われるが、自身のハーレーは正規ディラー以外に整備を出さないと、さりげなくお断りするという。

【ハーレーダビッドソン亀戸・サービス工場】

新井様はそんな友の誘いには「正規ディラーの確かで安心な整備に、お金の問題じゃない。ハーレーオーナーのプライドでもあるんだ。そんなところで整備して、もしもの事が起ったら友達を無くすよ」…と。何やらプロの見方のようだが、永い目で観ると結果としてお徳なことをちゃんとご存知だ。

ハーレーダビッドソン亀戸のツーリングプランは年間6回。購入くださったお客様へのアフターサービスの一環での開催してお誘いしている。次回は、納車したツアラーモデルでの参加によって仲間たちから大注目されるかも(*^^)v…
点検整備の利用と共に、ツーリングも大いに楽しんでいただきたいと1986年の創業以来一貫して開催。
サービス工場の利用とツーリング参加、その両方を、うまく利用され楽しまれる新井さんは亀戸のVIPな常連さんだ。

【ソフティルスルムのニューオーナーへK・H様】

ハーレーダビッドソンの中核モデルとなる「ソフィテルモデル」。バイク経験が少しある方のオーナーであることが少なくない。ソフィテルモデルには、このソフティルスルム、ヘリテイジクラシック、ブレイクアウトなどハーレーダビッドソンを代表する人気モデルが揃っている。

夏季休業のご案内 8/12(月)~8/16(金)までお休みを頂戴します。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。