ちょいツーリングで成田・航空科学博物館へ!

オートバイも大好きだが、二番目くらいに飛行機が好きだ。

自分で運転出来ないのが歯がゆい(^^♪…数年前に赤坂の友人が所有する小型飛行機(4人乗り)に乗せてもらい、調布飛行場から飛び立って東京七島の上空を飛んだ。

パイロットの友人が「操縦桿を持ってみるかい」と、わずかな時間だったが小生の操縦で飛んでいた。

そんなことを思い出しながら、成田空港のそばにある航空博物館へ向かった。

【ボーイング747の飛行態勢を見るシュミレーター】

クルマのステアリングハンドルの上下がカットされ、グリップのところだけのハンドル。左に回すと飛行機は左へ傾斜して行く。右も同じくだ。

先ほどの東京七島で実際に操縦をやらさせてもった時、左へハンドルを回すと機体はどんどん傾き止まらないので、友人が「右に回してアテると止まるよ」とアドバイスをくれた。

クルマと違い、そのままだ左へ回したしたままだと、飛行機は一回転してしまうのだ。だからアテる…なるほど(^^♪

【ボーイング747のカットモデル】

【国産旅客機だったYS-11】

【航空科学博物館から空港の発着を見られる】

【河口湖自動車博物館・飛行館】

毎年8月恒例の「零戦ツーリング」は亀戸のバイク仲間で終えた。8月だけの公開だから残すところ約1週間。零戦詣でを空冷エンジン搭載のあなたのバイクで見学へ(^^♪

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。