亀戸のハーレー仲間で行く紅葉ツーリング!(^^)!

1月3日の初詣ツーリングから始まる、亀戸のハーレー仲間で楽しむ集い。11月10日開催の「晩秋ツーリング㏌那須塩原」で、2019年のファイナルを迎える。

今年も大いにハーレー仲間で走りました!(^^)!…1開催当たりのツーリングでの平均走行距離は400kmとなり、年間ツーリングプランの全てエントリーすると5000kmに達する。

【朝のツーリング。グランドミーティング】

亀戸のハーレー仲間「ひがし東京チャプター」のツーリングはすべて事前申し込み制だ。
ツーリング集合の朝のグランドミーティングでは、参加者確認とコースを案内して、10名単位のチーム編成。マス・ツーリングでの千鳥編成走行や、途中休憩地点の指差し合図、チーム全員へ後方伝達などのマナーと走行ルールを伝え、チーム単位で給油場所の指定をする。

【チャプターメンバーの愛車はキチンと点検整備がされている】

ハーレーダビッドソンは安くはない遊び道具だ。日頃のオイル交換、メンテナンスや定期点検など、安全なツーリングを楽しむためには必要な費用はかかる。ここの費用対効果のとらえ方で「ハーレーは趣味です」と云える人が、本物のハーレー乗りになっていく。

【チームミーティング】

経験を考慮走行順を決めるが、ワインディングロードなどの場合は技量に違いが生じやすいため、追い越しのルールなどもこのミーティングで伝えていく。

【チーム単位で出発・高速道路へ進入】

バイクは走り出せばライダーの思いに沿って進む。チーム単位と云えども交通状況は異なり、特に追い越しのタイミングは、各ライダーの車間距離や後方の安全確認により、追い越し車線への進路変更がポイントだ。

【ワインディングロードは出口視点で】

キープレフトを順守して、ワインディングロードでは「アウトインアウト」を描くようにカーブを抜けていく。
コーナーINでは外側から進入し、カーブの深いところで左側にもっとも寄り、アウト側へ立ち上がっていく走法。
INベタ走行では、バイクは出口/アウト方向へ膨らんでしまうライダーを、毎回目にする。

【マス・ツーリングでは給油は指定された場所で】

数十台となるエントリーにチーム単位で給油しても、1台当たり精算まで2分かかる。高速道路での給油代金は高いが全体の安全なツーリングプランには、効率のよい給油時間も大切なこと。

【イザっ!(^^)!…レディースライダー】

オートバイもスポーツだ。乗らなければウデは鈍り、下手になっていく。さらにハーレーはバッテリーが上がり、タイヤ空気圧が低下して劣化が早まる。

11月10日「晩秋ツーリング㏌那須塩原」には、参加申込が90名に達した。今年最大の亀戸のハーレー仲間でいくツーリングとなる(*^^)v

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。