全国オートバイ組合はライダーに寄り添う!

第16回 全国オートバイ組合総会・懇親パーティーが11月28日都内のホテルで開催され、東京オートバイ協同組合を代表して参加。

多くの国会議員の参加を頂き、二輪車の拡大と現状の課題を共有して、そのご懇親パーティーへ入った。

自民党と公明党議員には「オートバイ議員連盟」があり、オートバイ組合と一体となった課題に向き合っている。

バイクの環境改善に向き合うことは「政治の使命」と、10年以上中心的役割を果たしている逢沢一郎衆院議員。「日本は世界をリードする二輪車製造大国でありながら、なぜ国内ユーザーは減り続けるのか。
自民党オートバイ議員連盟(議連)・同党政務調査会二輪車問題対策プロジェクトチーム(PT)で座長を務める代議士である。

【逢沢一郎衆院議員・2輪車問題対策プロジェクトチーム座長】

【参席の国会議員】

【全国オートバイ連合会 大村会長】

主な活動と課題
1 二輪車のETC料金導入とETC購入助成金の要望
2 二輪車の高速道路通行料金車種区分の独立(軽自動車と同じ通行料金は不公平)
3 125cc未満の新車販売時におけるインセンティブの支給
4 二輪車の軽自動車税増税分等を充当する ことによる二輪駐車場の拡充
5 小型限定普通二輪(125cc)免許取得時の負担軽減(2018より前進したAT免許)
6 バス専用通行帯の運用基準の統一と二輪車の高速道路・路側帯の避難利用

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。