ハーレーダビッドソン・ザグレブ(クロアチア)を訪問!

海外へ赴いた際、その街のハーレーダビッドソンディラーを訪ねる。
クロアチア首都ザグレブ市の「ハーレーダビッドソンザグレブ」は、店舗スケールが日本と似ている。

ここはビルの1階部分にあり、ショールームとサービス工場を併設。亀戸店とほぼ同じくらいの面積だった。小生の携わるハーレービジネスだからこそ、関心は自ずと高くなる。

【店舗前はオープンスペース】

シーズンが来れば、オープンスペースに車両の展示や、テーブルなどを出しているのだろうか。世界のハーレーダビッドソンディラーに共通するのは「走る歓びと楽しみ発信地」を趣向していることだろうか。

【ニューモデルの展示】

ショールームには15台のハーレーダビッドソンと、V-RODカスタムバイク(ショーカスタム)が展示されていた。

【中央にインフォメーションテーブル】

車両販売やカスタム相談を受けるインフォメーションを、ショールームの真ん中にレイアウト。その周辺を巡るように用品やTシャツラックが置かれている。

【Tシャツが豊富にストック】
ハーレーダビッドソン正規ディラーの店舗デザインベースは、外観やサイン、店内の什器まで世界的に統一されている。

【人気モデルは日本と同じとの印象】
モーターサイクルラインナップも日本とほぼ同じ。人気モデルもまた同じようだ。クロアチは消費税が25%となっていて、日本円で例えると、100万円なら25万円の消費税となって125万円だ。

【ハーレーダビッドソン ザグレブ】

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。