2020年モデル中期発表の春が来た(^^♪

例年8月、世界のハーレーダビッドソンディラーをアメリカへ一堂に会して、新車発表会が催される。
昨年は「2020年モデル」が8月21日に発表され、アメリカ本国では同日より発売となっている。
毎年ではないものの「中期発売モデル」と云うカタチで、2月~4月の間に新登場するニューモデルがある。

2017年は「FXDLS/ローライダーS」・「FLSS/ソフティルスリムS」が、その中期発売だった。

【2019年モデル・FLTRSE/CVO】

ハーレーダビッドソン亀戸では、ロードグライドCVOが発表・発売と共に、ご成約を戴いておりまして大変ありがたいことであります。CVOの正規ディラー1社あたり、年間入庫台数が3台~4台と限定。

【2020年・モデルストリートグライドのオーナーK様】

2020年モデルでは、「ストリートグライドs」や「ロードグライドs」のベースモデルも堅調は販売推移である。それは世界的にも好調だという。

【2019年CVOストリートグライドのオーナーO様】

CVOモデルのオーナー満足度は、傍から見ても高そうだ。まさに羨望の眼差しをツーリング仲間から浴びている。
「2020年モデル中期発表の春が来た」…このブログタイトルの意味するところを察して…くれている読者がいてくれると嬉しい限りなのだが(^^♪

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。