バイクもドライブレコーダー装備の時代へ!

バイクもドライブレコーダー装備の時代へ!

いきなりですが、今年に入ってドラレコ取り付けの受注が急増しています。

2台のカメラで同時録画が可能なので、前方に加え、後方にもカメラを設置することで、後方から追突された場合や危険な“あおり運転”もしっかり記録。二輪専用のセパレートタイプなので、車種に合わせて自由自在に取り付けが可能。

【安全運転を映像記録】

悪天候では雨風にさらされ、走行時の振動が激しいバイクの特性を考慮した、オートバイ専用のドライブレコーダーがETC機器メーカー「MITSUBA」から新発売。
強靭な防水・防塵・耐振動設計。カメラはIP66/IP67を同時クリアし、本体や全パーツまで防水・防塵を徹底。不意の雨やバイクの連続振動にもしっかり耐える機能だ。

【高性能カメラを前後へ装着】

カメラ・本体分離型で、すべての機器がコンパクトに設計されているので、ハーレーの美観や走りを邪魔しないよう、目立たずスマートに装着できる。
マイクは本体内蔵、無用な風切り音や騒音を拾いません。また、手元のリモコンで操作ができ、ハーレーを離れるときに機器を取り外す必要もありません。ライダーの使い勝手を考え抜いた設計です。

【オートバイ専用・EDRシリーズ】

EDR-11  1カメラのシンプルモデル ¥22800
EDR-21  前後2カメラのスタンダード¥29800
EDR-21G 前後2カメラとGPS搭載  ¥34800
 取付工賃は2万円~4万円と車両タイプにより異なります。

今シーズンのツーリングへ駆け出す前に、ぜひドライブレコーダーの装着を検討ください。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。