全国オートバイ神社の創設へ!

【富士山太祠】

オートバイを利用するライダーのための「オートバイ神社」を、全国に創設したいと「一般社団法人 日本二輪車文化協会」による呼びかけから5年、昨年4つ目のオートバイ神社が四国に開設。

これは、一般社団法人 日本二輪車文化協会の規範に則った商標登録「全国オートバイ神社」を示す。その基点となるオートバイ神社零号が世田谷区にある「全国オートバイ神社 零番 総本社」がここだ。

所在地 東京都世田谷区松原1-7-20 富士山太祠
【全国オートバイ神社 零番 総本社】

この境内の中に「オートバイ神社 零号」の祠が置かれている。

宗教法人実務研修会へ参席し、文化庁文化部に宗務資料を基に聴講した。
結論から先に云えば「オートバイ神社」は、宗教施設ではなく、また神興でもなくライダーのためのランドマークである。

今後の「全国オートバイ神社」は、既存の神社とタイアップよりは、駐車場やライダーが休憩できる場所、例えば喫茶店のような所での開設を求めていく。

【神道としての精神を基にする】

剣道、柔道と同じく「道」を極める精神として、オートバイライダーが交通安全と楽しいツーリングの途中に心のより所になったり、全国の「オートバイ神社詣」巡りを愉しんでくれたらと、今後も創設していく予定である。

【オートバイ神社祠】

オートバイ神社零号・富士山太祠は世田谷区にあり、京王線明大前駅から徒歩5分で行ける。

【幹部による記念撮影】

全国オートバイ神社を全国展開しようと一般社団法人 日本二輪車文化協会の幹部・関係者による講習会記念撮影から。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。