信州・安曇野にゴーカートを楽しんで(^^♪

うっとうしい日々が続いている中、信州・松本に暮らす長男ファミリーを訪ねた。コロナ感染撲滅による学校などの休校や休園は、孫娘たちの4月から新学期の始まりも現時点では不明だと云う。そんな孫たちの休みを使って、穂高岳山麓の、向こうに白馬連峰を望む安曇野のミニサーキットでゴーカートを一緒に楽しんだ。

【長男とゴーカートでバトル…ゴールはこの差だった】

上の孫娘は、4月から2年生に進級。その祝いに会いに行く約束を果たしたものの、コロナの自粛には松本市に限らず全国的にもその出口が見えない。
この際は気分を改めて、孫娘の声援を受けながら長男の奨めでゴーカートを数十年ぶりに乗ってみた。

【孫娘たちとゴーカートの出会い】

【サーキット安曇野】

白馬連峰や保高の峰々を観ながら走る「サーキット安曇野」は、ツーリングでちょっと立ち寄っても面白いと思う。

【そば処常念の日本座敷で孫へ箸の正しい使い方指南(^^♪】

【安曇野そば処 老舗の常念】

松本平の降雪も、関東と同じく今冬ではもっとも量が降ったようだ。シャーベット状の重い残雪は至る所にあった。

【信州そば本場 安曇野で頂く】

信州そばが美味しい理由に湧き水を使っていることが大きい。穂高連峰に降る雪が解け山に吸収され地下へ何年もかけて自然浄水されていく。その湧き水でそばを打ち、つゆを作る、美味しいわけである(^^♪…そんな信州の春も目前だ。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。