ナンバープレートが足立から「江東ライダー」の誕生へ(^^♪

かねてより要望があった「江東ナンバープレート」が、いよいよ2020年5月から導入される。

ナンバープレートの「地域名」は、これまで運輸支局の所在地を付けている。江東区は「足立ナンバー」だ。5月以降の新車、中古車の新たな登録から新採用される。

また、バイクも希望し申請すればそれまでの「足立ナンバー」を陸運支局へ返却し、新規に「江東ナンバー」へ有料にて変更できる。

【126㏄以上のバイクからクルマが対象】

【ご当地ナンバーは全国的に広がりを見せる】

Q 江東ナンバーになるのは、どんな車?

A… 江東区に使用の本拠の位置を置く自動車(軽自動車を含む)及び排気量126cc以上の自動二輪車です。「江東ナンバー申請」は令和2年4月13日(月曜日)から。

【ハーレーダビッドソン亀戸】

なを役所の案内を転記すると「お近くの自動車販売ディーラー・整備工場にご相談いただくか、「図柄ナンバー申込サービス」ウェブサイト(http://www.graphic-number.jp(外部サイトへリンク))からお申込みください」となっている。

交付開始日
令和2年5月11日(月曜日)より。

【ナンバーへデザインされる東京ゲートブリッジ】

詳しくは江東区ホームページより参照ください。

コメント送信フォーム

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がございます。申し訳ございませんが、認証が完了するまでお待ちください。