淡路島から大鳴門橋へ!…②

関西へ行くことが少ないなったこの20年。兵庫県伊丹市に実家があった頃は前職地の岡崎市や鈴鹿市から行く機会もあったが、関東へ越して来て40余年経つと関西が遠くになったような(^^)。

今回訪ねた淡路島は初めてで、そこへ向かう明石海峡大橋へのアクセスも勘が働かず、レンタカーのナビゲーションを頼りに神戸市からの道路網の標識を注意深く確認しながら向かった。
今日のブログは昨日に続いて②となり、大鳴門橋のある淡路島の南端、四国よりを紹介したい。


【大鳴門橋と鳴門海峡】

大鳴門橋は途中まで海面を観ながら歩ける歩道があり、大潮や干潮に潮流によって起きる鳴門海峡のうず潮がここから観られる。


【鳴門海峡の流れは速い】

太平洋と瀬戸内海の海面の高さが違い、その潮の流れがぶつかり合い、鳴門海峡では激しくうず潮となって起きる。


【大鳴門橋】

うず潮は大きいもの直径20~30mだという。小生が見たのは正午前でうず潮は午後1時半から現れるようで、季節により発生する時刻は異なるらしい。


【うず潮が起きる前】

淡路島の北に明石海峡大橋、南に大鳴門橋がある。その両端の吊り橋を観るだけでも、淡路島が関西と四国をつなぐ要となっていることを目の当たりにする。


【休暇村から望む大鳴門橋】

内海で静かな瀬戸内海が、明石海峡や、鳴門海峡では荒々しく流れる。海峡とはなんたるやを観た今回の淡路島への旅でした。次回はハーレーを駆りツーリングで訪れてみたい。

この記事に対するコメントは許可されていません。