ハーレーダビッドソン現代最適・未来最適(^^♪

「ハーレーダビッドソン・パンアメリカン1250」は、2021年の発売予定をしているビッグアドベンチャーツアラー。

ライバルモデルは、ホンダCRF1000L Africa Twin/スズキVストローム650/XT、BMW F750/850GS、KTM 790アドベンチャー、トライアンフ・タイガー900シリーズ各車、モトグッツィV85TTなどの先行モデルたちだろう。

パワースペックや日本での発売価格は、これからだが気になる次代のニューモデルなのだ。


【ハーレーダビッドソン・パンアメリカン1250】

ハーレーらしいEバイク(電動)がアメリカ本国で発表された。

スタイリッシュで都会的な電動自転車と、子供用の電動バランスバイクも作るようになったハーレーダビッドソン。

新たにEバイクのブランド「SERIAL 1」を立ち上げ、1903年の1号機に触発された、ネオ・クラシックなモデルを発表。
それが当時のニックネームだった、「Serial Number One(シリアル・ナンバー・ワン)と伝統的なネーミング。

自転車にエンジンを載せ、オートバイへと進化させた当時のイノベーションスピリットが、117年の時を超えEバイクへ受け継がれていく。日本での発売価格や性能については後日発表となっている。


【SERIAL 1】

ショートツーリングから連泊を伴うロングツーリングの相棒として、「FLSB・スポーツグライド」が,夏以降から人気が高まった。

フロントカウリングと、サイドボックスはワンタッチで脱着が可能なことや、軽快なソフィテルをベースとしたアクティビティさが、新しいお客様をハーレーダビッドソンワールドへ誘ったようだ。


【FLSB・スポーツグライド】

H-D亀戸より納車できる2020年モデルも、年内納車可能な車両は限られて来たが、ご要望の機種を営業担当・稲葉/宍倉までお問い合わせください。


【スポーツグライドでハーレーニューオーナーへ】

この記事に対するコメントは許可されていません。