ウィンターシーズンはハーレー乗りの本場所だぁ~(^^♪

ハーレーダビッドソン亀戸のハーレー仲間「東東京チャプター」の画像を振り返ってみると、5年の月日もあっという間(^^♪。
四季を通してツーリングを愉しむハーレー乗りだが、11月から2月の4ヶ月間はウィンターバーョンジへ。

【ライディングウェアーもウィンターバージョンへ】

レザーパンツにレザージャケットに加え、電熱仕様のグローブとインナースーツで温か装備。ライダーらしいスタイルで、ウィンターファッションでハーレーを乗りこなす。

そんな訳ながら、ウィンターシーズンを迎えるライダーファッションで、それまでのキャリアが判る。

【レザーパンツはウィンターシーズンの必須アイテム】

向い風をシャットアウトする首回り、保温機能の高いインナーと「膝ウォマー」や」「ネックウォマー」は、50代を超えたハーレー乗りには効果が高い。


【2016・新春ツーリング㏌南房総ちくら・潮風王国】

ウィンターシーズンのツーリングコースは、海抜10メートル以下のシーサイドラインをとる。
もしもの冬季の路面凍結を避けて、日本橋の国道基点から南エリアを、この4ヶ月のツーリングコースとして計画している。5年の月日もあっという間だ。


【遠目視点でライディングは上達していく】

ツーリングでの編成走行は「千鳥編成」で進行。前車の斜め後方でバックミラーに写る位置をキープしながら進むのだ。
路上への落下物や凸凹を避けるために、仲間の真横を走るのは衝突のおそれから厳禁だ。


【ツーリングモデルオーナーが増えた東東京チャプター】

ハーレーダビッドソン亀戸にて車輌購入くださったハーレー乗りの方が、東東京チャプターメンバーと成れる資格を持つ。

この集いで出会いツーリングの愉しさを分かち合った日々は貴重なもの。転勤などで地方へ移った、かつてのチャプターメンバーから「亀戸のチャプターがやっぱ~最高だったっよ~」と聞く。

やむなく離れたメンバーからの言葉ながらも嬉しいものです。去って知る亀戸チャプターの絆だろうか。

同じようなハーレーグループは全国にあれども、東東京チャプターの愉しさはオンリーワンなのだ。


【新たな出会いを待つCVOはどなたがニューオーナーに(^^♪】


【ブラックフライデー本日最終日】

この記事に対するコメントは許可されていません。