好いところは近くにあったりする(^^♪

好いところは近くにあったりする(^^♪…気の合うハーレーダビッドソンのオーナーを誘って平日にチョイツーリング。その目的地は、もっとも千葉が多い。
その主な理由をあげると…①交通量が少ない ②周遊や半周などコースの自由度が高い ③食堂や道の駅が多い


【いすみ市の大東崎灯台】
ハーレーオーナーでも、ツーリングプランを立て能動的に出かける方は多くは居ない。どちらかというと誘われて付いて行くとタイプが多いようだ。
定期点検などで、ハーレーダビッドソン亀戸へ入庫する車両の走行距離を視ると、店主催ツーリングの距離加算だけで1年間を迎えるケースが多くを占めている。


【大東崎に戦跡・砲塔台遺構】

年配ライダーになると自らツーリングへ出かけることが極端に少なくなる。あるグループが朝の集合をパーキングエリアにした。集まったのは6人で、それは事前に打ち合わせをしていた。
しかし、そこに集ったみんなして「これから何処へ行く?」となったという。一緒に走ろうと誘い誘われたが、ツーリング目的地を決めるリーダー的な人がいなかった。
日頃からソロツーリングへ出かけてういたり、コースプランを立てている人は簡単なようだが、意外にもこんなケースが少なくないようだ。


【笠森寺観音】
東京から日帰りツーリングにおすすめの笠森観音。


【笠森寺観音の舞台は圧巻だ】


【ハーレーダビッドソンで平日のチョイツーリング】
房総半島を1週すると約400km。早朝6時から出発して九十九里シーサイドラインから南房総を廻り、南端の野島崎灯台でお昼を迎え、洲崎半島を廻って内房・館山市から木更津を経て袖ケ浦市で周遊完了(^^♪…この時計回りでも逆のコースでも房総半島のツーリングは楽しめる。

この記事に対するコメントは許可されていません。