ハーレー正規ディラーの取り扱い説明!

ハーレーダビッドソン亀戸で納車を迎えたニューオーナーにとって取扱説明は大切だ。
しかし、ただでさえ緊張感が高いのに車両取扱説明を差し上げても、エンジン始動から、始動中のスピードメーター内のパイロットランプなど、色々な機能を短時間で覚えて行くのはなかなか難しいことであるが…。


【晴れてハーレーオーナーデビューへ】

納車日の車輌取扱説明は、通常40分ほどお時間をいただいています。
ハーレーダビッドソン亀戸では取扱いを「やってみせ、自らやって繰り返して覚える」/(^^) 


【取扱説明はこれから走って起きる現象も説明にも及ぶ】

新車販売と正しい取扱と操作の伝達は、わたしたち正規ディラーの役割!。
デジタル機能の採用により、最新モデルでは少しづつ換わって行っています。

【かつて30年前のバイクとは操作も大きく異なる】

時おり電話に取扱説明を他店購入客から求められることがある。その多くは中古車を購入したもの。「メーターの中の赤ランプがずっと点いているが異常?」など、このような質問には基本的な機能を応えるのみで、そのバイクがカスタムなどで仕様変更している場合があり、的確に回答は実車を視ないと分からない。

納車説明から初回点検など正規ディラーでは、プログラムされたアフターサービスがあり、電話対応で他店購入の方であることが判るもの。
購入の際には、しっかり取扱説明を覚えておきたい。

この記事に対するコメントは許可されていません。